ストローク

テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つのポイント

フォアハンドストロークは、試合で武器にしている人が多い。

それでも急にラケットを振れなくなったり、ボールが飛ばなくなったりすること、ありませんか?

自由に打てる分、「振り切る」ことが難しいとも言えるフォアハンド、意識するポイントはどこでしょうか・・・?

 

テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つのポイント

 


 

1.ストロークの動きは骨盤の動きから

上半身の動きでラケットを振っている人は、急に試合で振れなくなる人が多いです。

ラケットを持つ腕に力が入ってしまうと、その調整が難しい。

慎重に入れにいこうとして調整しようとすればするほど、負の連鎖にはまります。

大事なのは、下半身から骨盤を動かして、それに上半身がついてくるということ。

この形が出来上がっていれば、下半身の動きから調整できますので、試合の中でも修正が効きます。

普段の練習から、骨盤の回転・動きを意識してフォアハンドストロークも打てるようにしましょう。

 

2.振り切れないのは、狙うコースが定まっていないから

せっかく良いフォームを持っていても、狙うコースの決断が遅いと振り切れません。

攻撃していくパターン、イメージはしっかりできていますか

相手のボールが来てから考えるのではなく、相手の返球を全て想定しておいて早い決断ができるようにしましょう。

狙うコースの迷いがなくなれば、きっとラケットを振り切れるはずです。

 

3.準備を早く終えれば、ボールを呼び込める

早い準備は、ストロークの基本です。

ゆっくりしたボールであれ、攻撃される速いボールであれ、相手が打った瞬間にラケットのテイクバックは開始しましょう。

打つコースをしっかり隠すこともできますし、骨盤の動きから上半身が連動する理想的なストロークが打てるはず。

コンパクトなフォームでも、充分威力は出ます。

準備の意識は、テニスの実力差に如実に現れます。

 

4.打点に目線を残して、打ったボールをすぐ見ない!

コンパクトに振り切る為には、打点に目線を残しましょう。

フォアハンドストロークでも身体が開いてしまうのは、ボールの結果を追ってしまう意識が原因の一つ。

「良いショットを振り切って打つこと」、がまずは大切。

厚い当たりで、しっかり軌道の高さが出るようなグリップと打ち方を意識しましょう。

次へのボールへの準備は、その後でOKです。

 

ストロークを振り切ることが出来れば、回転量のあるボールが打てて球筋を高く設定でき、試合を有利に進められます。

メンタル的な要素も強い、この「振り切れない」という問題ですが、しっかり問題をつぶしていけば必ず改善されます。

それでも・・・大事な試合では緊張して、振り切れなくなることもある。

その自覚を持って、修正方法も考えておきましょう。

■タオルを振る、のもラケットを振り切る良い練習になります

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 打点

    ストローク

    ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしまう人は、フォロースル…

    ストロークでのスピン回転、しっかりかけることが出来ないと試合でラケット…

  2. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復

    普段の皆さんのウォーミングアップ、は短い距離のショートラリー、からが多…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で、「コンパクトなワイパースィングで浅いボールをコントロール」出来ると、しっかり相手…

    浅いボールを相手から引き出したら、シングルスの試合では相手を追い込む攻…

  4. テニス 前衛

    ストローク

    テニスの試合で攻撃していくときには、「直前に打つコースを決める」感じだと上手くいかない

    試合に強い選手は、いつ「打つコース」を決めているのか・・・気になります…

  5. ストローク

    ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ

    錦織選手の活躍で、脚光を浴びているショットと言えばドロップショットでし…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

    ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス…

特集記事

  1. テニス バックハンド

    ストローク

    片手バックハンドのショットは、思っている以上に「横スウィング」になりやすいので注…
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるように…
  3. ストローク

    人は試合で不安になると、「回転量を増やしたくなって」おかしくなる
  4. テニス メンタル

    ストローク

    明らかな相手のチャンスボールを守るときには、「慌てずコンチネンタルグリップ」で守…
  5. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩
PAGE TOP