テニス サーブ

戦術

やりたいテニス、だけだと分析されやすい

「何だかこの相手のテニス、分かりやすいな」と、感じる時。

こういう時は、大抵勝っているんじゃないでしょうか。

相手に「分かりやすいテニス」と思われた時点で、自信も持たれるし、苦しくなる。

もしかしたら、アナタ自身も相手にやりやすいと思われているかも知れないですよ。

やりたいテニス、だけ無意識でやっている感じだと、要注意です。

 

やりたいテニス、だけだと分析されやすい

 


 

1.幼いテニス選手は、どの会場にもいる

別にマナーが悪いわけじゃないし、それなりに技術はある。

でも、どこか「幼い」ような人って、大人でもシニアでもたくさんいます。

それは、「自分がやりたいテニス」しかしない選手、ですね。

速いサーブが打ちたい、フォアハンドを強打したい・・・そんな人、特に男性で多いじゃないですか。

何だか、ストレス解消、だけをテニスに求めている感じ。

みなさんも、こういう相手って実に戦いやすいと思います。

 

2.やりたいテニス、だけだとなぜ勝てないのか?

まず、どうしても勝ちたいと、思えていないですからね。

自分がやりたいこと、が優先なので、良いショットで満足、なんですよ。

それを打つこと、で試合の中で達成感が得られる。

相手も、それを感じるから「じゃ、やりたいようにやって下さい」となる。

全くプレッシャーも無いですしね。

「いや、私は勝ちたいんです!」と言う人も、実際のプレーは違う場合が多い。

何も、無理なショットを繰り返す男性だけ、の話じゃないですよ。

 

3.動けない女性、だって同じこと

男性がちょっと無理して自分の好きなテニスをやる人種なら、女性は違います。

むしろ、動かない。

前衛にいても、自分の横を何度もボールが通り過ぎるだけ。

後衛がミスしても、「ドンマイ!」だけ。

いや、ドンマイじゃなくて前衛仕事しろよ、という話なんですが。

ナイスショットも無いけど、失敗も無い、これが実はやりたいテニスという人、多いんですよね。

厳しいようですが、「失敗をしない=良いテニス」だと思っている女性の方は、すごく多いです。

チャレンジしない、というのも、ある意味自分がやりたいテニスしか出来ていないということ。

これに気付ける人って、すごく少ないんですけどね。

 

4.やりたいテニス、は消さないでその対極を磨こう

実際、テニスはゲームですからやりたいようにやる、要素も大事です。

試合に勝ちたいなら、その対極のプレーも必要だということ。

速いサーブが打ちたい、打てるなら、遅いサーブを磨けばそれだけで試合に勝てるようになる。

自分の楽しさ、のベクトルを変えていければもっとテニスは強くなります。

自分がやりたいテニス、打ちたいショットを、どうすればもっと活かせるのか。

この視点を持てれば、相手にとっても脅威になる。

そして、試合に勝てる選手になっていけるはずです。

 

やりたいテニスだけやっている選手、それで勝てる人なんてほとんどいません。

自分の試合が単調になっていることに、なかなか自分では気付けないですから。

周りの人、仲間が指摘してあげるのが一番です。

「お前のテニス、いっつも同じだよ」と。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. 戦術

    試合で失敗しない、スタートダッシュを切るコツ5つ

    1セットマッチの試合、での試合の入り。もう、正直これが全て、…

  2. 戦術

    窮地の中に、未来はある

    昨日の錦織選手の試合、ご覧になった方も多いと思います。前日ま…

  3. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ

    攻撃より、まずは守備。これはテニスだけじゃなく、あらゆるスポー…

  4. テニス ストローク

    戦術

    インドアコートの試合では、相手を走らせると選択肢を簡単に絞れる

    インドアコートでの試合、みなさんも経験あると思います。テニスス…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「何も攻撃して来ない相手」には、あえて空きコースを作って狙わせてみると良い

    「攻撃して来ない相手」って、嫌じゃないですか?まぁ、シコラーと…

  6. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ

    「今日の相手、強かった・・・」本当にそうですか?確かに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?
  2. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    失点した時こそ、ペアでコミュニケーションを
  4. テニス 練習

    その他

    T-PRESSへのご意見・ご感想についてはコチラ
  5. 戦術

    上手い下手、強い弱いなんて簡単には分からない
PAGE TOP