戦術

相手から時間を奪う、その打ち方は?

テニスの試合で勝ちたいなら、考えておきたいこと。

それは常に、相手から時間を奪うという発想です。

相手が戻る前に、オープンスペースを突く、動こうとしている相手の逆を突く。

それをどうやって、実践していくのか。

どういう技術が求められるのか、を一緒に考えてみましょう。

テニスの基本、という枠を取っ払ってしまう勇気も大事だと思いますよ。

まず有効なのは、ボレー

相手に近付けば、それだけで奪える

アナタ自身がネットに出て、ボレーをすればどうでしょう。

相手は、それだけで時間を奪われる。

ベースライン同士の打ち合いよりもテンポが上がる、気付かれないように前に出ることが出来れば本当に有効ですよね。

テニスコートは縦に長い、その特性を利用して相手との距離を詰める。

それだけで、実は試合で有効なプレッシャーって生まれるんです。

焦ってはいけない

何より、アナタ自身が前に出て時間を奪う時に、意識したいこと。

それは、焦らないということです。

ボレーにせよ、前に入って打つストロークにせよ「早く相手コートにバウンドさせたい!」とつい、焦ってしまいます。

そうなると手に力が入って良いショットも打てないし、ミスになる。

普通で良いんです、普通で。

時間を奪うということは、特別なプレーじゃない。

いつも通りのアナタのショットで大丈夫、ですよ。

徐々に、徐々に奪っていく

テニスの試合、特にシングルスではこういうイメージが大事。

一気に奪うんじゃなくて、時間は徐々に奪っていく。

息の根を止める為に、3回くらいは段階を踏む。

これくらいの意識で、楽にいきましょう。

相手が苦しくなっていく、自分はある程度安全にプレーする。

時間を奪うのは、徐々に、で良い。

一気に決めよう、と狙うと良いことは無いですから。

どういう打ち方が有効?

ストロークの体重移動、それは必須?

私は、前に入って打つ時には必要無いと思っています。

基本から逸脱しているように感じますが、後ろ足から前足を踏み込んで、体重移動をして打つ、と打点が落ちてしまいがち。

速いタイミングで前に入ってシンプルに打つ、為に必要なのはシンプルな打ち方。

パ、パ―ンと打つ感じで、重たい動作にならないことが大事。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

ライジングショット、オープンスタンス

これがキーワード、です。

相手から時間を奪うなら、早いタイミングでシンプルに打てる打ち方、で相手コートに返したい。

打点も高い位置で、少しフラット気味で打てると相手も追いつくのが難しくなる。

しっかりと身体を使ったストローク、ではないかもしれません。

でも、今のラケットとガットなら私たち一般レベルでもこういった打ち方は出来る。

「何だよ、手打ちじゃないか」と思う方も、いるでしょう。

でもその手打ちの概念も、現代テニスでは変わってきていると私は思いますよ。

もう一つ、必要な技術

それは、決断力です。

相手から時間を奪って、このポイントを攻めるんだという意志。

この決断力が無いと、全ては上手くいかない。

逆に決断出来てプレーがハッキリ出来れば、実は焦らないんです。

焦る人は、決めることがそもそも出来ていない人ですから。

時間を奪って前に入って、自分から距離を詰めてポイントを取る。

この意志を強く持って、コートに入りましょう。

私たちの未来、がそこにある

パワーでも、強靭なフットワークでも無い。

時間を奪って駆け引きで相手をリードして、試合を制する。

何度か書いて来ましたが、これこそ私たちの未来のテニスだと思いますよ。

そこに必要なモノを、真剣に考えられるかどうか。

実践しては失敗し、それでも挑戦し続けた人が、気付くんです。

「あ、これで良いんだ」と。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス 試合

    戦術

    決断の精度は、回数に比例する

    試合の中で、良い決断が出来るかどうか。コースの選択、ポジショ…

  2. 戦術

    テニスにおけるベストなポジションなんて、無い

    ベターなポジションは、ある。でも、これがベストという陣形やポ…

  3. 戦術

    試合で失敗しない、スタートダッシュを切るコツ5つ

    1セットマッチの試合、での試合の入り。もう、正直これが全て、…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスは、「必ずその人らしさが現れる」と考えると想定力が身に付く

    テニスというスポーツ、皆さんは他の競技と比べてどんな特徴があると思いま…

  5. テニス ストローク

    戦術

    相手の一歩先を考える、癖を試合でも付けよう

    試合の中で、流れを読んで先、先に仕掛ける。これが出来るのは、上…

  6. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?

    恐らく、アナタ自身は損している。試合の中で、相手に押されている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思いま…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し…
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?
  4. テニス 指導

    戦術

    「イーブンペースでの進行」で全く問題無い
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう
PAGE TOP