テニス ストローク

ストローク

ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス

試合が始まると、相手のストロークを観察してみて下さい。

不思議なもので、2人と同じストロークっていない。

一般の私たちの試合は、それこそ個性的で独学なテニスの方も多いですからね。

ストローク、のフォームの大きさからチェックしてみると、結構試合は楽に進められますよ。

 

ストロークのフォームが大きい人ほど、崩しやすいのがテニス

 

1.テイクバックの大きさ、をチェックしてみよう

まず、ここからですね。

後ろに引く、テイクバックの大きさをチェックしてみて下さい。

ラケットを持つ腕の肘が身体から離れて、完全に視界からラケットが消えるようなテイクバック、は大きいと言えるでしょう。

もちろん、当たればパワーは凄いでしょうが、打点もぶれやすいし何より体力も消耗する。

こういう相手には、高い打点で打たせないこと、が大事。

高い打点のストロークはダイナミックなフォームでも打てますが、低い打点を大きなテイクバックで打つのって難しいですからね。

出来るだけ、スライスを使ったりして打点を下げさせてみる。

フォアハンドにこの作戦、効果的だと思いますよ。

 

2.テイクバックの速さ、も確認しておこう!

これが、実は一番実力差になって出る部分、と言えるでしょう。

実はテイクバック、ほとんどの人が遅い。

試合に出ているようなみなさんでも、きっと遅いんです。

バウンド後にまだ準備が完了していない、酷い時にはそこからテイクバックするような人、もいますからね。

どこか優柔不断で迷いながらプレーしていると、それはそのまま構えの遅さにつながります。

こういう相手には、どんどん時間を奪うボレーのようなショットが有効。

早いタイミングで打ってライジングショットで攻撃、等も有効でしょう。

 

3.テイクバックが小さく、早い相手が本物の強者

試合で、こういう相手は間違いなく強い。

試合向き、なんですよね。

ストロークの準備が早くて、コンパクト。

ボレー相手にも、沈めることが出来る。

こういう相手に対抗するのは、簡単じゃないですよ。

まず、相手もミスが少ないですから、出来るだけ長いラリーを嫌がらない。

そして、要所で前に出たり、相手を前に出したりとハッキリ戦術を変えましょう。

後ろでの打ち合い、は得意にしている選手が多いでしょうから、付き合うのは危険です。

 

4.ストロークのフォームが大きい人、を崩すのは実は簡単

まずはスライス、それからタイミングを速くしていくことです。

先ほども書きましたが、「あ、この人のストロークはフォームが大きいな」と感じたら、とにかくネットプレー中心にする。

私はシングルスでも前に出ます、だって相手がミスしてくれますから。

ボレーヤーのボールをストロークする、ことに慣れていないんですよ。

テイクバックが大きいと、もうテンポの速いテニスに間に合わないですから。

きっと振り遅れてアウト、ネット、でしょう。

 

相手のストローク、まず穴があると思って観察する。

試合でアナタ自身の戦術を決めていく、大事な要素になるはずですから。

テイクバックの早さ、大きさ、みんなそれぞれ違いますからね。

さて、アナタ自身は・・・どうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識を持とう!

    テニスの試合でストローク、バンバン調子良さそうに打っていても・・・ふと…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

    ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    深い山なりなスピンボールは、「下がらずにライジングショットで打つ」為に必要なポイント4つ

    「ライジングショットを、試合で打つのは難しい」という感覚を持っている方…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな感じ?

    いくつかご質問頂いた中で、特に学生の皆さんの悩んでいるポイントはコレか…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークを前衛の足元に沈めたい・・・」並行陣を崩すコンパクトなストローク術5つ

    ダブルスの試合で、レベルが上がると増えてくるのが並行陣。高校生…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    相手の高い打点からのフラットを凌ぐ、「低い態勢からのスピンストローク」の打ち方とは?

    相手のストロークが攻撃的で、厳しいとき。特に高い打点からフラッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備でバッチリ!
  2. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強く…
  3. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集
  4. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌て…
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦…
PAGE TOP