テニス フットワーク

シングルス

テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練

シングルスの試合、最近出てますか?

私も30歳を過ぎたころから、どうしてもダブルス中心の練習になり、自然とシングルスの試合から遠ざかってしまっています。

体力的に厳しい、孤独感が強い、結果が怖い・・・など、色々な不安要素がありますが、それらの試練を乗り越えた先に、シングルスならではの醍醐味もあります。

今回はそのシングルスで乗り越えなければいけない試練について、まとめてみました。

 

テニスのシングルスの試合で「乗り越えなければいけない」5つの試練

 


 

1.試合の全責任は「自分」にしかないという現実

ダブルスと異なり、シングルスではテニスの試合の全ての責任を自分で負います。

勝っても負けても、それはあなた自身のみの結果として周囲には認知されるのです。

天候、体調、相手の実力、そんな要素を周囲の人は理解してくれません。

全てを受け止める覚悟を決めて、試合に臨まなければならないのです。

2.常に試合の中で「状況の変化」に対応する

試合会場でのコート変更、対戦中の相手の様子を見つつ作戦を変更する、など。

大会期間中のテニスのマネジメントは、全てあなた一人で実施しなければいけません。

ダブルスや団体戦に慣れていると、どこか周囲に頼ってしまいがちになってはいませんか?

エントリーから当日のサインイン、試合に勝った時の報告まで全て自分で行う。

当たり前なことですが、意外とできない人多いのが現実です。

 

3.もしかすると、「相手の大応援団」が来た中で試合をする可能性もある

シングルスでも応援は人数制限がありません。

対戦相手が団体でエントリーしている選手であれば、相手の応援団が大挙して押し寄せることは十分に考えられます。

そんな中でも自分のテニスを貫くことができるかどうか。

きっと乗り越えた先には、強靭なメンタルが備わっていることでしょう。

 

4.自分の「武器と戦術」だけで試合戦う

シングルスでは、より自分を客観的に見つめて武器を確認しておかないといけません。

ダブルスではパートナーにカバーを任せて思い切った戦略を取ることもできますが、シングルスは守備も攻撃も自分一人。

どういう相手に、どう攻めていくかを決断していくのも一人。

テニスの試合は始まってしまえば、特に負けている試合は驚くほど進行が速く感じられます。

しっかりとした準備をして、試合に臨みましょう。

 

5.「自分のテニス」をさらけ出すことの覚悟が必要

シングルスで特に一番の試練となるのが、これだと私は考えています。

テニスは人間そのものが如実に現れるスポーツ。

勝っても負けても、そこには必ず「あなた自身」が映し出されます。

酷い試合を見せてしまうかも知れない。

絶対に負けたくない相手に負けそうになったときに、精神状態を保てるだろうか・・・。

そういった不安と、常に向き合って戦う必要があるのがシングルスです。

 

苦しいことばかりを列挙してきました。

これを覚悟のうえで出たシングルスの試合で勝ったときの喜びは、もちろん何事にも代えがたいものであることは、試合に出ている方ならご存知のはず。

どんな結果が出ても、それがあなた自身のテニスのステップに繋がることは間違いありません。

これから暑くなる夏、ぜひ一度シングルスの試合にトライしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

    ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。どういう時にドロッ…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手なはず

    滅多に見ないタイプ、かも知れませんが、シングルスでもサーブ&ボレーが得…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  5. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ

    シングルスでは守るコートが広い。横はもちろん、前のスペースも自…

  6. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

    シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。浅いボールをアプ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 主将

    その他

    「8月はアウトドアテニスは回避…」しても家でやっておきたい試合に向けた準備5つ
  2. テニス ダブルス

    リターン

    優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない
  3. テニス 攻撃

    サーブ

    サーブから攻撃していくイメージが持てない人は、「ベースライン1メートル前から打っ…
  4. テニス メンタル

    その他

    「テニスの世界において、多数派で無いことは武器になる」アナタの個性を磨いていきま…
  5. テニス 気付き

    練習メニュー

    良い練習をしていても、すぐに結果が出るとは限らないのがテニス
PAGE TOP