シングルス

「シングルスなんだから」ダブルスの試合とは違うテニスの技術が求められる

レッスンをする時、当然シングルスのレッスンなのかダブルスのレッスンなのかを考えて行う。

同じテニスではあるけど、駆け引きや勝負どころが微妙に違ってくるからね。

もちろん打ち方に関しては、シングルスだからこの打ち方、ダブルスだからあの打ち方・・・というのは無いけど,

ダブルスの場合はせっかくパートナーいる訳だからパートナーを利用したテニスをしよう!!・・・みたいな戦術的な部分は大きく違ってくる。

 

「シングルスなんだから」ダブルスの試合とは違うテニスの技術が求められる

 


 

となるとシングルスのレッスンってのはどうなるのか・・・。

普段、部活の中で練習しているのは基本的にシングルスを前提にしていることが多いかな?

その中で「シングルスだから、この部分を特に意識しています!」というこだわりをちゃんと持ってやっていないといけない訳だ。

 

そこを抑えておかないと、勝てるシングルスプレーヤーにはなれません!

まずダブルスと比べると何が違うか・・・・。

当たり前だが人数が違う。

自分のペアはいないし、相手も一人しかいない(当たり前だが)。

だから、攻撃と守りと全て自分一人でやらないといけないのだ

となると、中途半端に攻撃を始めると、ディフェンスが甘い状態になるので、反撃を喰らってカウンターパンチでやられることが多くなってしまう。

ということで、まずはきっちりとディフェンス手堅くしつつ、相手を崩せるようなショットを繰り出せるか・・・がシングルスでは必要になって来る。

崩すショットって言っても派手な一発ではなくて、しっかり下がらせたり、左右にきっちり相手を揺さぶったりしながらジワジワ系でいきたいね。

まず「手堅さ」を相手にアピールして、その手堅さを崩さないで何が出来るか・・・というのがシングルス練習では重要だ。
 



 

チャンスボールが来ても喜んで一気に決めようとすると、危ないよ!

アプローチで前に行く時も、しっかり打って来る相手のパスを手堅く返せるようなボレーをするつもりで出ないと。

相手と1対1で向き合うわけだから、徹底して相手がウンザリするような粘りの部分がないと格上に勝てないよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう

    テニスコートは、上手く守らないといけない。どこに立つのか?は…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?

    格上相手の選手との試合、厳しくなるのは・・・アナタ次第。序盤を…

  3. テニス リターン
  4. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

    今年の全豪オープン、圧倒的な強さを見せつけたジョコビッチ選手ですが、唯…

  5. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

    シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。浅いボールをアプ…

  6. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    すぐには結果につながらないもの、に実は「勝利へのヒント」は埋まっている
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットより低いボレー、強打してない?
  3. フットワーク

    試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい
  4. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「〇〇の基本」を確認
  5. 戦術

    足し算から、引き算へ
PAGE TOP