シングルス

相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない

目次

戦う前から、相手が怖い。

すごく、分かります。

試合では、シード選手や実績のある格上相手との試合も多いですよね。

でも、シングルスの試合は誤魔化しが効かない。

相手に対する恐怖心に打ち勝たない限り、勝利は見えて来ない。

この覚悟、が試合前に出来るかどうかです。

 
 

戦える状態、でコートに立てるかどうか

私が以前に審判をしているときも、感じたこと。

戦える準備が出来て、シングルスの試合に臨む選手は違う。

まず、眼光が鋭い、眼が違うんです。

気負っていない、どこか悟っているような表情。

相手を恐れない姿勢、はもうコイントスの段階でビシビシ伝わって来ました。

みなさん、最初はハッタリでも良いんです。

相手を恐れている自分、を変えていく工夫をしていかないと、シングルスの試合では勝てないですよ。

対戦相手は、かわいそうな人

だと思うと、強気に出れます。

なにせ、これから自分に倒される訳ですから。

「頭おかしいんじゃないの・・・?」と思う方も、いるでしょう。

でも、実際はそれくらいのメンタルで試合に入った方が、強気に良いプレーが出来る。

相手を恐れている選手は、スタートダッシュも出来ない。

自分の目の前にいる相手、対戦相手はかわいそうな人なんだ、と。

思えるようになれば、もう相手を恐れることも無いでしょう。

相手を恐れる自分が一番怖い

強い相手が怖い、それは分かります。

でも、テニスの試合は戦いですから。

向かっていく姿勢が無いと、まずシングルスでは勝負にならない。

みなさんも、格下相手の試合をするときには、出来るだけ怯えていて欲しいじゃないですか、相手に。

相手を恐れている自分、が一番怖いのがテニス。

シングルスは、誰も助けてはくれない。

でも、自分が一人なら相手も一人。

同じ大会にエントリーしている訳ですから、何も恐れる必要は無いですよ。

   

これだけは言えます、みなさんは強い

T-PRESS読者のみなさんは、強い。

私は、こう信じています。

だって、正直こんな硬派で異端なサイトを、読んでくれている訳ですから。

私なりに、毎日書くこと、みなさんにとっては読むことが大事なトレーニングだと思っています。

耳の痛い言葉、内容、多いじゃないですか。

自然と、戦える姿勢は養えていると思いますよ。

シングルスの試合では、こういう小さい積み重ねを自分の中で噛みしめて、戦うことが大事。

相手を恐れる必要はありません。

みなさんは強い、毎日テニスついて考えるきっかけを作れている訳ですから。



相手を恐れている自分、を誤魔化さないこと。

受け入れて、どうすれば良いのかを考える。

対戦相手、そこまで手も足も出ないような実力差は無いはず。

そうなるとしたら、アナタ自身の中の恐怖心の処理の問題。

大丈夫です、みなさんは強い、まだまだ強くなる。

何も恐れる必要は無い、ということです。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 【初開催】5/29(水)~30(木) T-PRESS プレミアムキャンプ in千…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの試合で、ここぞの場面で役立つカウンターショットの使い方10選

    シングルスの試合、でぜひみなさんに身に付けて欲しい技術。相手の…

  2. シングルス

    テニスの試合、我慢こそ運を呼ぶきっかけになる

    テニスの試合、最後に勝てる人は我慢が出来る。序盤にしっかり、…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?

    パッシングショット、シングルスで打つ場面を考えてみて下さい。き…

  5. シングルス

    シングルスでネットに出るのが、怖い方に

    シングルスでも、ネットに出ましょう!と、言い続けて来ましたが、…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

    シングルスの試合で、アナタの武器は何ですか?フォアハンド?ネッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    試合では、ランニングボレーが基本なのに・・・
  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る
  3. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い
  4. テニス 予測

    フットワーク

    ビッグサーバー、ビッグフォアハンド相手には、低い態勢が不可欠
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、「フォアハンド狙い」を大事なポイントに取っておこう
PAGE TOP