シングルス

相手を恐れていては、シングルスは勝負出来ない

戦う前から、相手が怖い。

すごく、分かります。

試合では、シード選手や実績のある格上相手との試合も多いですよね。

でも、シングルスの試合は誤魔化しが効かない。

相手に対する恐怖心に打ち勝たない限り、勝利は見えて来ない。

この覚悟、が試合前に出来るかどうかです。

 
 

戦える状態、でコートに立てるかどうか

私が以前に審判をしているときも、感じたこと。

戦える準備が出来て、シングルスの試合に臨む選手は違う。

まず、眼光が鋭い、眼が違うんです。

気負っていない、どこか悟っているような表情。

相手を恐れない姿勢、はもうコイントスの段階でビシビシ伝わって来ました。

みなさん、最初はハッタリでも良いんです。

相手を恐れている自分、を変えていく工夫をしていかないと、シングルスの試合では勝てないですよ。

対戦相手は、かわいそうな人

だと思うと、強気に出れます。

なにせ、これから自分に倒される訳ですから。

「頭おかしいんじゃないの・・・?」と思う方も、いるでしょう。

でも、実際はそれくらいのメンタルで試合に入った方が、強気に良いプレーが出来る。

相手を恐れている選手は、スタートダッシュも出来ない。

自分の目の前にいる相手、対戦相手はかわいそうな人なんだ、と。

思えるようになれば、もう相手を恐れることも無いでしょう。

相手を恐れる自分が一番怖い

強い相手が怖い、それは分かります。

でも、テニスの試合は戦いですから。

向かっていく姿勢が無いと、まずシングルスでは勝負にならない。

みなさんも、格下相手の試合をするときには、出来るだけ怯えていて欲しいじゃないですか、相手に。

相手を恐れている自分、が一番怖いのがテニス。

シングルスは、誰も助けてはくれない。

でも、自分が一人なら相手も一人。

同じ大会にエントリーしている訳ですから、何も恐れる必要は無いですよ。

   

これだけは言えます、みなさんは強い

T-PRESS読者のみなさんは、強い。

私は、こう信じています。

だって、正直こんな硬派で異端なサイトを、読んでくれている訳ですから。

私なりに、毎日書くこと、みなさんにとっては読むことが大事なトレーニングだと思っています。

耳の痛い言葉、内容、多いじゃないですか。

自然と、戦える姿勢は養えていると思いますよ。

シングルスの試合では、こういう小さい積み重ねを自分の中で噛みしめて、戦うことが大事。

相手を恐れる必要はありません。

みなさんは強い、毎日テニスついて考えるきっかけを作れている訳ですから。



相手を恐れている自分、を誤魔化さないこと。

受け入れて、どうすれば良いのかを考える。

対戦相手、そこまで手も足も出ないような実力差は無いはず。

そうなるとしたら、アナタ自身の中の恐怖心の処理の問題。

大丈夫です、みなさんは強い、まだまだ強くなる。

何も恐れる必要は無い、ということです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 部活

    シングルス

    個人戦で結果を出したい!人が意識したい4つのこと

    今年こそ、結果を出したい・・・。そう、個人戦で!と考えている人…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は、テニスにおける健康診断

    シングルスの試合よりも、ダブルスの試合中心。そんな方も、実際多…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「ネットプレイヤーへのクロスロブ」の精度を高めよう!

    シングルスの試合では、最近はあまりネットプレイヤーに出会う機会が少ない…

  5. シングルス

    「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない

    もうすぐ全豪オープンも本戦開幕。いよいよ、今年もテニスシーズン…

  6. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!
  2. テニス ストローク

    戦術

    売られた喧嘩を、安易に買ってはいけない
  3. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること
  4. その他

    【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントを通過しないで、勝利することは出来ない
PAGE TOP