テニス セルフジャッジ

シングルス

「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?

テニスの試合、試合運びが上手い選手はこの辺りが上手い。

ちょとした、ペースアップ、ペースダウン。

相手のプレースタイルも観ながら、じっくり使い分けていく。

特にシングルスの試合では、必要な考えだと私は思います。

 

「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?

 


 

■錦織選手の全豪2回戦が良い事例に

先日3-0で2Rを勝利した錦織選手、の試合運びはまさにそんな感じでしたね。

接戦になった初戦の堅さも取れて、上手く相手のミスも引き出す余裕が出て来た。

相手のシャルディ選手は、サーブやフォアハンド等一発がある選手。

だからこそ、その一発のミスを引き出すようなポイントも作ってあげる。

15-15、30-30のようなポイントで、錦織選手はあえてリスクを冒さずに、相手のミスや無理な攻撃を引き出しているように見えました。

きっとアナタでも、こういった作戦は効果的です。

 

■引いたポイントの後に、積極的に攻撃していくポイントを入れる

選手は、無意識のうちに前のポイントを引きずっている。

意識している。

だからこそ、前のポイントで良いつなぎ、粘りを見せることが出来たら、次はアグレッシブに攻撃していきたい。

「あれ?前のポイントとこんなに違うの・・・?」と相手に思わせるだけで、かなり効果があるはずです。

難しく考えないで、その繰り返しを意識してみる。

ポイントで並んだら、しっかりミスを引き出してリードする、リードしたら前のポイントを活かして積極的にプレーする。

メリハリが効いた、良い試合運びになるはずです。

 

■自分でペースをコントロール出来ない選手は、実力があっても試合に勝てない

すごく良いショットを打っているのに、試合で勝てない人。

こういう試合での出し入れ、ペース配分に無関心になってはいませんか?

自分が苦しいとき、疲れた時、には攻撃的にいくのにも限界があるし足が出ないかも知れない。

リスク管理の部分でも、相手からミスを引き出すようなテニスは必要です。

「俺はガンガン、打っていきたいんだー!」という選手ほど、渋くつなぐプレーが出来ると試合では強いですよ。

 

錦織選手の試合、じっくり見てみましょう。

ショットではなく、全体を俯瞰して。

彼は、本当にこういう駆け引き、試合の中でのコントラストの付け方が上手い。

ココが分かるようになる、というか自分で興味を持って観ることが出来るようになると強い。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、リターンから「相手バックハンド側へのアプローチ」は絶対必要なパターン

    シングルスの試合、絶対に取りたいブレイクポイント。私なら迷わず、こ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

    テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識4つ

    テニスにおいて、「3球目のイメージ」という言葉をよく聞きます。…

  4. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

    ダブルスの試合はプレーするけど、シングルスの試合はほとんどやらない、と…

  5. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日は…

特集記事

  1. テニス グッズ

    日々の雑記

    今自分の目の前で起きていることは、全て自分が引き起こしていること
  2. 練習メニュー

    週1ペースの練習で、テニスを上達させる7つの心得
  3. メンタル

    試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ
  4. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人は、ボールに合わせてスウィングを調整し過ぎ
PAGE TOP