テニス フットワーク

ストローク

フォアハンドの逆クロスをしっかりコントロールするには、「打点を身体の横、少し後ろにしてみる」と軌道が安定する!

ストロークの軸、皆さんはどんな武器を軸にして戦っていますか?

現代テニスの試合を観ていると、その大きな武器はフォアハンドの逆クロスのショット。

打ち終わった後に大きくフォアハンド側のスペースを空けておくことで、シングルスでも主導権を握った展開を作りやすく、一般からジュニアまで幅広く得意にしている選手は多いと思います。

身体が開きやすい分、コントロールが定まりにくいのが難点ですが・・・今回はそこを解消する「打点」について、考えてみます。

 

フォアハンドの逆クロスをしっかりコントロールするには、「打点を身体の横、少し後ろにしてみる」と軌道が安定する!

 


 

■テニスのストロークで、「打点は全て前」では無い

テニスにおいて、打点は前!というスタンスを、常に書いてきました。

しかし今回は、あえてその常識を疑ってみたいと思います。

もしも、打点が後ろになったら・・・??

そう、振り遅れるような恰好で、逆クロスに自然に飛んでくれるようなるんです。

コツとしては、グリップからしっかり前に出していって、ラケットヘッドが遅れて出て来る、その途中でボールをヒットするようなイメージがお勧めです。

横向きをしっかり作って、打点は身体のさらに横、あたりで考えると、良い感じの打点で良い角度に飛んでくれるはずです。

まずはゆっくりしたクロスラリーの中から研究してみましょう。

 

■振り遅れではなく、引き付けて打つ感覚で

あえて振り遅れる、という意識ではなく、もちろん「ストレートにも打てるよ・・・」というタイミングで入って、その後にワンテンポ引き付けて逆クロス、という選択ができる。

これをしっかり相手に意識させるために、早い準備とテイクバックは必須です。

打点が後ろになるからと言って、準備が遅くなるのは大間違い

しっかり引き付けて打つには、相手が打った瞬間にテイクバックを始めてバウンドする前には完了しておくことを徹底しましょう。

 

■身体が開かないように、ラケットを持たない腕をしっかり使うこと

身体の開きを抑えることは、フォアハンドの逆クロスのショットにおいて重要な項目です。

片手でストロークを打つ方は、ラケットを持たない手を前に出して、打った後にはラケットを早めにキャッチする意識を持ちましょう。

特に相手がボレーに出てきていたりすれば、次のボールもすぐ返球される。

しっかりフォロースルーを前に出す必要はありますが、その構え直しはこの「ラケットを持たない手」の動きにかかっています。

有効に使ってガンガン、相手のバック側をテニスの試合では攻めていきましょう!

 

打点は全て前、と考えると「引き付ける」という感覚を磨き辛くなります。

大事なのは、早い準備でどちらにでも打てる、最後の選択で逆クロス、という「間」をアナタ自身が持てるかどうか。

強い選手と対戦したときに、しっかり間があってコースが読めない・・・という経験、ありますよね。

アナタ自身、そのイメージをしっかり持って、このフォアハンドの逆クロスを磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. + POWER CUP について
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    強く跳ね上がるサーブ、ストロークは、どうすれば上手く返せるだろう?

    テニスの試合で、強い選手と対戦する。学生や社会人の皆さんも、強…

  2. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

    試合で上手く、ドロップショットを使っていきたい方へ。私は何度も…

  3. ストローク

    バックハンドストロークも、攻撃的に打ちたいなら・・・?

    バックハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。そうし…

  4. テニス フットワーク
  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツとは?

    相手のバックハンドストローク、の高い打点は弱点である可能性が高い。…

  6. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!

    試合で緊張して、ストロークが入らなくなる。こういう時には、ハッ…

特集記事

  1. 戦術

    悔しいけど、型を覚えないと
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    40-0の場面からは、3本連続ポーチで良いと思う
  3. テニス ボレー

    テニス知識

    「毎日のテニス、身体の疲れが抜けない・・・」ときには、どんな食事が効果的?
  4. フットワーク

    相手に背中を向けるのは、本当に危ない時だけ
  5. テニススクール

    「ちょっと出るのが早かったですね」というアドバイスについて
PAGE TOP