メンタル

「テニスの試合が怖い、やりたくない・・・」症候群に陥ってしまった方へ送るメッセージ

私も過去に、2回経験しました。

サーブを打つのも手が震える、そしてその経験がふとしたときに蘇る。

アナタ自身、試合が怖くなっても何も問題ありません。

それくらい、テニスというスポーツにはスリルと緊張感があるのですから・・・。

 

「テニスの試合が怖い、やりたくない・・・」症候群に陥ってしまった方へ送るメッセージ

 


 

1.真剣勝負で負けるのは、誰だって怖い

一生懸命、部活や練習に取り組んでいる人ほど、この症候群には陥りやすい。

試合に負けると、自分が全て否定されたように思える。

今までの苦労は何だったんだと、考えてしまう。

そう考えだすのは、ある意味自然なこと。

何も恥ずかしがる必要はありません。

 

2.どう乗り越えるのか、そこに大きな成長のヒントがある!

長い人生、高い壁を眼の前にすることはテニスだけではありません。

仕事であり受験であり、アナタ自身が大切にしていた何かを失うこともあるでしょう。

テニスを通じて、乗り越える成功体験、なかなか味わえるものではありません。

テニスノートを見返してみる、自分がテニスを始めた場所を訪れてみる、一人旅に出てみる・・・色々、自分の時間を使ってテニスコートから離れて考えて見て下さい。

自分を客観視できる、そして乗り越えることが出来れば、アナタの人生に大きなプラスになるはずです。

 

3.テニスにおいても、絶望の縁を経験した人は強い

強くなるには、言葉は荒いですが一度死にかけてみる。

その経験ができれば、またテニスコートに戻ってきたときの強さが違います。

恐怖を乗り越えた人間は、強い。

きっと試合の中で、ひと踏ん張りができるようになっているはずです。

怖さや弱さを受け入れてこそ、真のテニスプレイヤーになっていくのです。

 

試合に出る。

言葉では簡単ですが、世間一般の人のほとんどは経験できないこと。

スポーツを、テニスをやっていれば当たり前に感じますが、この勝敗が必ず結果として現れる「試合」というのは残酷です。

だからこそ、勝利したときの歓びもある。

受け入れて覚悟して、テニスの試合に出続けましょう。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス スポーツ

    メンタル

    自分を持ってさえいれば、どんな試合の結果でも受け入れることが出来る

    テニス、もう辞めようかな・・・。そう考えるきっかけって、人それ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること

    家を離れた時に、日記を付けるようにしている。と言っても、こうい…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?

    3月は節目の時期。それは、学生さんだけじゃない、私たち大人にな…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレーできる

    ゲームカウント4-4、30-40のセカンドサーブ・・・。アナタ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?

    絶対獲りたい1本、試合の中でありますよね。4-4、30-30 …

  6. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

    テニスの試合に出続けること、皆さん継続出来ていますか?部活やサ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    そもそもテニスではなぜ、「自分の思い通りに打つ」のが難しいかを考えると・・・?
  2. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく
  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合でこそ効果を発揮する、「女子ダブルスに必要なサーブ」の特徴5つ
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!
  5. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?
PAGE TOP