テニス 準備

ストローク

「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開していくことが大切です

シングルスでも、ダブルスの雁行陣でも「前」は大きな穴になりかねません。

特にアナタがしっかりしたストロークを持っているのであれば、相手はその勝負を避けてくる可能性が大。

前に走りながら、正確な判断ができていますか?

今回は実際にどんな返球パターンがあって、持てるイメージの幅を拡げられるのかを考えてみます。

 

「ドロップショットは前に追いかけながら返球イメージ」をしっかり判断して展開していくことが大切です

 


 

■甘ければスピン系、基本はスライス系で返球を心がける

ドロップショットの精度を、瞬時に判断しましょう。

甘いのか、厳しいのか。

この判断が遅れるとグリップも決まらず、せっかく追い付いても中途半端な返球になって反撃されます。

相手がドロップを打つ前から、「ここで打たれるかも・・・」という雰囲気を感じることも大切。

強い相手は常に、前を狙って来ていることを忘れずに。

 

■ドロップショットはドロップ返し、をしっかりアピールしておくこと

ドロップショットを処理するために前にいけば、そのままドロップショットも打ちやすくなります。

しっかり横向きで入らないと、正面向きでは打つコースも限定されますので注意。

それからスピンで打ち込む際には、相手は守備的な意識を強く持って構えているケースも多い。

一度相手コートをチラッと見て、その逆を突けるくらいの余裕を持ちましょう。

余裕がなければ、無理なくスライスで展開していくように。

このメリハリが重要です。

 

■ドロップショットからの展開で、結果ポイントはどうなったのかを客観視

結局、そのポイントは取られたのか、取ったのか。

そしてどういう展開で決着したのかを、しっかり客観視しましょう。

前後の動きが入ったポイントは、その人の特徴が如実に現れやすいのがテニスの特徴。

前が弱いと感じたら、相手はどんどん同じパターンで攻撃してきます。

しっかり改善、修正して対応できるよう、客観的な視点で試合中から分析するように意識して下さい。

 

特に格下相手の試合であれば、アナタも早めに前を使いましょう。

この「先に前を使う」というのがポイントで、試合の序盤から精神的に優位に立つのが目的です。

逆の経験もありませんか?

シード選手相手に、ドロップショットを打たれてポイントを失い、そこから自信も失ってしまう・・・。

そうならないように、しっかり普段の練習からこの返球イメージを磨いておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう

    ネットプレーヤーに対して、どういうストロークが打てるのか?「そ…

  2. テニス 準備

    ストローク

    テニスにおいてストロークで「低く滑るスライス」を沈めて返球するには、かなりの技術が必要です

    私が考える、テニスにおいて最も難しい技術の一つが「低く滑るスライス」を…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで強力な武器になる、「フォアハンドのライジングショト」を鍛える5つのコツ

    ストロークを武器にしたい、強化したい人は、まずこの技術をレベルアップさ…

  4. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ

    テニスの基本、ストロークのフォーム。ここで、こういうアドバイス…

  5. テニス ガット

    ストローク

    試合の中で、「遅く、緩いボールをどう使えば良いの?」の質問にお答えします

    早速、アンケートにお答え頂いた皆さん、ありがとう御座います。これか…

  6. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち方に!

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら一人前」そういう言葉を聞…

特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!
  2. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したい…
  3. リターン

    相手のファーストサーブは、1種類じゃない
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エー…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを…
PAGE TOP