テニス 名著

テニス知識

テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

「いつも、どこからネタを仕入れてるんですか?」

というご質問を、何度か頂きました。

一番のネタの仕入れ元は、何と言っても私は「自分自身で、テニスをすること」だと思っています。

まだまだ上手くなりたいし、試合に勝ちたいですからね・・・気付きはたくさん、テニスコートに落ちています。

でも、それ以外だとやはり本を読んで気付くこと、記事のネタになること、が多いです。

私が今まで読んで影響を受けた、たくさんの記事の「素」になっている本を、今回はまとめてご紹介します。

 

テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

 


 

1.ベイビーステップ

今更私が説明するまでもないですが・・・やっぱり名作です。

試合の描写がすごく現実的だし、もしかしたら自分も出来るかも!という作戦立てや視点、がたくさんヒントになります。

読んでいるうちに、昔自分が経験した試合の「あるある」だったり、こうやれば勝てたかも・・・という内容、皆さんも感じることが出来るはずです。

スポーツ漫画の中でも、本当に「現実主義」でテニスの試合に出ている人向き、でオススメです。

 

 

 

2.野村の言葉

元プロ野球選手・監督の野村克也さんの著書はたくさんありますが、どれにも共通しているのは「客観性」。

長い歴史を持つプロ野球界、きっと今よりもずっと精神論で語られてきた時代から、野村さんだけは視点が違っていた。

そしてその視点は現代でも、テニスにでも充分に活かされる「深さ」を持っています。

 

 

 

3.小事が大事を生む

こちらも同じく、野村克也さんの名著。

私がいつも記事で書いている、根本的な部分に近い内容がまとめられています。

小事、つまりは日常の小さいことからしか、大事、大きなことにはつながっていかないということ。

簡単なようで、難しいですよね・・・テニスでも。

それでも野村さんは、強く優しい言葉で、私たちに語りかけてくれる。

読み倒してボロボロになっている、私の中の宝物の一冊です。

 

 

 

4.負けない作法

帝京大学ラグビー部、テニスを頑張るみなさんもその強さはニュース等で観たことはあると思います。

名門校が幅を効かせる大学ラグビー界で、前人未踏の連覇を続ける帝京大学ラグビー部。

その強さの秘密は、この本を読めば分かります。

部活の人間関係、サークルの運営に悩んでいる人には、きっと「合理的に強くなる」為に必要なヒント、得られるはずです。

 

 

 

5.ドラゴン桜

何度か、「受験とテニスの試合は、似ている」と書いてきました。

そのヒントになったのが、この漫画。

偏差値30から東大を目指すのも、初心者から第1シードの選手を倒すのも、私には近いように感じることが出来る。

なぜなら、やるべきことを整理して戦えば、必ず勝てる可能性が高くなるのがテニスだからです。

受験生の皆さんはもちろん、これからテニスでのし上がっていきたいと考えている方全てに、猛烈にオススメしたい作品です。

 

 

 

6.採用の超プロが教える できる人できない人

昔、私が就職活動していた頃に読んで、今でもたまに読み返す本。

賛否両論、実はこの著者の方も・・・色々あった方ですが、間違いなく私は影響を受けました。

仕事が出来るのも、テニスが上手くなるのも、実は共通点が多い。

いかに自分の目標を高く、そしてそれに向かうモチベーションを作れるかどうか。

その環境を作る力こそ、テニス選手に必要な意識でしょう。

 

 

 

7.テニスノート

これは番外編。

テニスノートとして、私が使っていたテニスサポートセンタープロデュースのノート、使いやすいです。

シンプルですが、自分でどんどん書き込めて、実際のテニスコートの縦横比を頭に刷り込むことが出来る。

慣れてくると、自分でフリーハンドでテニスコートもキレイに書けるようになるでしょう。

その為のトレーニングには、このノートで実際の図を目に焼き付けること、が大事です。

 

 

 

8.最後のロッカールーム 魂の言葉

高校サッカー選手権大会、での敗退チームのロッカールーム。

一発勝負の怖さ、高校サッカーならではの「監督からの最後の言葉」には、監督が伝えたかった想いが詰まっている。

部活でやる気が出ない、顧問の先生もコーチもいない・・・なら、外部の指導者からヒントを得るしかない。

スポーツの強豪校は、どんなメンタリティーで試合に臨んで、負けてまた次、上を向いて立ち上がるのか。

その言葉には、きっと今のアナタが必要としている「強い想い」が宿っているはずです。

 

 

9.読めばテニスに強くなる

サイトをご覧の皆さんの中には、実際に読んだことがある方も多いでしょう。

元祖、テニスのメンタル本。

ブラッド・ギルバードさんの視点は、今の私の原点になっている部分が多くあります。

「ただ、粘るだけじゃ勝てない」という視点は、きっとアナタ自身のヒントにもなるはず。

記事で書ききれていない内容もたくさんあり、テニス選手なら一冊は手元においておきたい名著です。

 

 

10.ゼロ

最後は、堀江さんの「ゼロ」を。

副題となっている、「なにもない自分に小さな・・・」という文章は、すごく心打たれました。

読んでみると、きっと分かるはず。

学生や社会人、ベテランの方に関わらず、生きていくうえで大事な視点がたくさん詰まっている。

テニスを強くなりたい、メンタルを強化したい・・・なら、こういう本を読んで自分を見つめ直すこと。

それがきっと、アナタのテニスを成長させていくうえで、大きな糧になるはずです。

 

 

良い本は、良い言葉をくれる。

良い言葉は、アナタ自身のテニスを豊かに、強くしてくれる。

気になった1冊があれば、ぜひネットで詳しく見てみたり、書店で手に取ってみて下さいね。

また機会があれば、別な作品もまとめてみたいと思います!

これからも、T-PRESSを宜しくお願いします。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミング?

    皆さん、出場されている試合はセルフジャッジの試合が多いはず。そ…

  2. テニス知識

    テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ

    夏から秋は、台風や暴風雨の季節。今年も日本各地で、大変な被害が…

  3. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」ときには?

    草トーナメントの試合では、進行を速くする為に「ノーアドバンテージ形式」…

  4. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?

    いくつか、ご質問頂きましたので、私も考えてみたいと思います。皆…

  5. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」について

    テニスの試合は、ほとんどの試合がセルフジャッジで選手自身で試合を進めて…

  6. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

    社会人でテニスを楽しむ人の悩み、それは「荷物」じゃないでしょうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    「スライスって使ってる?」改めてテニスの試合で活きるメリットに着目してみました
  2. その他

    最近考えていることを、お伝えします
  3. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合でゴチャゴチャ動いた後は、「相手がつないで来るボール」が絶対にチャ…
  5. ダブルス

    「ダブルスボレーの仕事」を把握すれば、テニスのダブルスの試合は勝てるようになる!…
PAGE TOP