テニス 前衛

サーブ

テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限らない

特に男子ダブルスのサーブ、レベルが上がればセンターへの配球が多くなる。

確かにこれは、事実です。

ですが最近、よく試合を観ていると意外と「センター以外のコース」も多いことに気付くことが多い。

そこには、近年のリターン技術、ラケットとガットの進歩があるように思います。

 

テニスのハイレベルなダブルスの試合では、「サーブは必ずしもセンター中心」とは限らない

 


 

■強い選手ほど、センターへのサーブのリターンを死ぬほど練習している

ダブルスに試合、当然センターへのサーブはリターンにおける最重要課題。

ここがしっかり返球出来ないと、角度が付けられず相手前衛にカモにされます。

だからこそ、みんな死ぬ気で練習する。

強い選手は、サーブを前から打ってもらってそれをリターンするくらい、徹底的に鍛えて試合に臨んでくるのです。

それが分かっているから、実はセンターへのサーブって危険だったりもする。

レベルが高い試合では、相手の予測をしっかり外して逆も見せておく、ことが大事になります。

 

■実は有効で多く使われているのが、ボディへのサーブ

プロ選手の試合、男女のダブルスでも多いのがボディへのサーブ。

身体の正面に来たリターンは、とても返球し辛いのです。

なぜなら、ほぼ全選手リターンを前方向に踏み込んで打とうとしてくるから。

その足止め、という意味でもボディサーブはとても有効なのです。

 

■ワイドへのサーブは遅くて良いので打てるように

さらに、ワイド方向へも「遅い」サーブが打てると良い。

特にセンターをしっかりケアしている相手には、厳しいコースやスピードは要らないでしょう。

まずはしっかりワイド方向に、緩いサーブで良いので確実にコントロールする。

相手はきっと、バランスを崩してロブで逃げたり中途半端な対応になるはず。

前衛がしっかり決めて、息の根を止めましょう。

 

ダブルスこそ、サーブに求められるのはバリエーションです。

キレイな球筋のセンターへのサーブって、外から観るより実際は返球しやすい、リターンのタイミングが合いやすい。

ぜひダブルスの試合では、サーブを散らす、ボディへのサーブで足止めする、ことも実践していきましょう。

そうすればより、センターへのサーブも活きるはずです!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について

    サーブ&ボレー、を普段から使っている方はダブルスの試合に出ている方でも…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    流れるような美しいサーブ、はどうやったら打てるのか?

    サーブが安定している人は、打っているフォームに無理が無い。流れ…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考えてみる

    テニスの初心者から初中級者の方にとって、サーブはなかなか緊張するもの。…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで

    セカンドサーブは確率重視。実際に、コースを狙ったりするのは難し…

  5. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント

    ダブルスの並行陣で必要なサーブ&ボレー。このサーブを打った後の…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの…
  2. 戦術

    厳しいコースは、早めに狙っておこう
  3. テニス リターン

    リターン

    厳しいコースを突いたサーブが得意な相手には、「踏み込んでスライスのブロックリター…
  4. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合では「アンフォーストエラー」よりも「フォーストエラー」に着目しておき…
  5. テニス ストローク

    戦術

    身体的なハンディがあるなら、考えるテニスが身につくはず
PAGE TOP