テニス 人脈

その他

「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さい

テニスの試合に強くなるには、なるべく外部で試合を出来る場を設けたい、とお伝えしてきました。

特に社会人になると、なかなかサークル以外での活動が難しかったりします。

人脈やネットワークを作る活動は必要ですが、ただやみくもに周りに声をかけていても繋がりは続きません。

大切なのは・・・。

 

「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さい

 


 

■今年何回、テニスに誘われましたか?

今年ももう、残すところあと2ヶ月。

あっという間に年の瀬ですね。

アナタはこの1年間で、どんなテニス仲間が増えましたか?

自分から誘ってテニスをしたり、また誘われたり・・・どちらの要素もとても大切。

ただこれから試合に強くなりたい、たくさん試合に出たいと考えている人は、ぜひ「誘われた数」について考えるようにして下さい。

 

■「アナタとテニスがしたい」=「アナタとなら練習になる」

試合に勝ちたいという意識が高い人には、近しいメンタルの人が集まります。

これはテニス以外のサークル活動、課外活動でも同じかも知れませんね。

試合に出ている人から誘われる、ということは「期待されている」ということを意識しましょう。

自分のレベルが少し周りと劣るな、と感じたらやるべきことも見えてくるはずです。

 

■良い試合仲間を増やすことは、アナタの試合力に直結する

お勧めは、所属する部活やサークルをしっかり継続しつつ、月に数回、真剣勝負の試合をできる仲間を創ること。

アナタ自身が、周囲にどういう貢献ができるかを常に意識してみて下さい。

ボールは人任せ?動画を撮影してあげる?大会情報を仕入れて共有する?

たくさん、できることはあるはずです。

そして何より、テニスに対しての真摯な姿勢と、試合に勝ちたいという高い意識は持ち続ける。

それさえ出来ていれば、自然とネットワークは拡がっていきます。

 

初対面の人と話すのがどうしても苦手・・・という方もいると思います。

むしろ、大丈夫ですと言いたい。

ペラペラしゃべるよりも、テニスで雄弁になって下さい。

テニスを通じて何かを伝える、プレーで表現する。

それこそ、アナタの一番のコミュニケーションになるはず。

常に新しいこと、人、チャレンジを意識して、今年も残り頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. その他

    テニス留学も、「失敗は成功の素」と思えるように、新しいチャレンジが大事!

    俺のテニスはスペインに行ったのをキッカケに、大きく成長出来たと思ってい…

  2. テニス メモ

    その他

    テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちましょう

    スポーツ選手の実力、成果、実績といったものは、学生からプロ選手まで様々…

  3. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」

    自分のテニスを劇的に変えてくれる、強くしてくれるきっかけ。それ…

  4. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合力は、「アルバイトでも鍛えられる!」部活やサークルとの両立は、オススメです

    部活やサークルでテニスを頑張る、試合でも勝ちたい・・・。そんな…

  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッドを立てる」ことがポイ…

    ラケットを持って試合を続けていると、いつの間にか力が入って腕に疲労が溜…

  6. テニス チャンス

    その他

    全国大会を観て感じたので、改めて・・・「高校テニス界は、チャンスだらけ!」

    昨日から開幕した、全国選抜高校テニス大会。今年は5年ぶりに私も…

特集記事

  1. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試し…
  2. テニス メンタル

    ボレー

    サービスゲームでポーチに出ないで、いつ出るのかという話
  3. ストローク

    テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕…
  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおいて、どんな部分に「癖」は付きやすいのか?
  5. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?
PAGE TOP