その他

「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係

高校でテニスを始めたキッカケは単に両親、特に父親のラケットが家の中にゴロゴロとたくさん転がっていたから。

新たにテニスを始めても、道具を買う必要はないと思ったのだ。

初めて自分のお金でラケットを購入したのは20歳のとき。

 

「ラケット選びは新しい自分との出会い」テニスの試合で強くなる自分とラケットの関係

 


 

買ったラケットはHEADのラジカルツアー。

当時、ボウズにしたばかりのアガシがガンガン打ちまくっていたのと、一緒に練習していた先輩コーチが使っていた事に影響を受けて購入。

試打?

もちろん行ったけど、「うん、これは打ちやすい」って、ハナから打ちやすいって決めていた感があった気がする。

とにかく「カッコいい」ということで決めた。

その後ウィルソン、トアルソン、ダンロップと渡り歩き、スペインでプレーしている時にHEADのプレステージを試して、それ以来ずっとプレステージである。

ただプレステージも何度かモデルチェンジが行われたので、その都度試しながら、最終的にはプレステージのミッドからプレステージのミッドプラスに変更となった。

ミッドのラケットはフェイス部分が一番小さくて、ミッドプラスとなると少し大きくなる。

これに換えた大きな理由はネットプレー重視となったため

ストロークの振り抜きだけを考えると、ミッドの方が格段に気持ちよい感触なんだけど、ボレーのタッチで言うとラケット面にボールが乗る感覚が安定しているように感じた

ミッドプラスの方が心地よくて扱いやすかったのだ。

ネットプレーを重視するようになった俺としては、ミッドプラスが最高のラケットだったのだ。

じゃあ、あまりボレーが得意じゃなかったまだ若かりし頃の俺はミッドプラスよりミッドの方が合っていたのか・・・と言うと、現在はそうではなかったんじゃないかなって思う。

当時はボレーが苦手だったから、試打の時もほぼ得意なストロークで感触を試していた。

サーブも「より速く打てるものを」というコンセプトで試していたけど、それはただ自分に合ったラケットを探しているのではなく、単なる得意な物に合わせたラケットを選んでいる・・・ということなんだよね。

言い換えれば不得意なものにとっては、とても不親切なラケット選びと言えるんだよ

もしかしたら、こういったラケット選びのために、不得意なものをより苦手に感じてしまっていた可能性もある。

ネットプレーを重視するようになって初めて、ボレーの感触を試打の中で重要視するようになったんだけど、それだけでなく2ndサーブやスライスショット、振り回された時の安定感や相手の鋭いショットの受けた感触なんかも試すようになった。

おかげで試打期間も2ヶ月くらいかけて行うようになった。

だって一度の試打では、その日の好不調で結果が大きく変わるでしょ?

出来ればその試打ラケットで試合も出場しておかないといけないし、ストリングを違うのに張り換えて試すこともやっておかないといけない。
 



 

とにかくテニスは色んな場面、状況が考えられるし、そもそもテニスの試合の中ではあまり得意じゃないショットをし続けないといけない場合が多い

そう考えると、苦手ショットや地味なショットに重きをおいたラケット選びもちゃんとしておかないといけないんだよ。

まだネットプレーが苦手だった頃の俺は、「ボレーが苦手だから、得意なストロークを」って発想だけじゃなく、ボレーが下手な俺でも使えて、しかも得意なストロークが活かせる、そういうラケットの選び方をするべきだったのだ。

最近は仕事柄、色んな種類のラケットを試すようになったんだけど、打ってすぐに「これ、俺に合わないな」って思っても

「どういうプレーをするとこのラケットが使いやすく感じる?」

というふうに、そのラケットが活かされるショットやタッチを探すようになった。

これが意外と面白い。

ストロークで良い感触が得られなくてもボレーだと扱いやすかったりすることもあるし、スィングスピードが速過ぎると打ちにくく、ゆっくりで厚い当たりだと好感触なんてのもある。

踏み込んでコンパクトなスィングにすると、よりラケットが活かせたりすることも最近のラケットでは多いしね。

とにかく大事な事は、そのラケットがどういうコンセプトでどういう場面に効果を発揮するように作られているか、を探る能力を身につける事

自分のテニスがまだまだ完成されていないと感じている人が殆どだと思うんだけど、そんな人が今現在のテニスの範囲内だけで「俺はこれだ!」ってラケットを選ばないでもらいたいね。

今は苦手と感じているショットもそのうち得意なショットになる場合がある訳だし、その苦手なショットを上手くサポートしてくれる、そんなラケットを選ぶ事は大きく自分のテニスを成長させてくれる可能性が広がるってことなんだよ。

もちろんそこで得意なショットも活かしてくれることも重要だけど、得意なことにばかり目を向けて、苦手なものには興味無しという選手は試合も絶対に勝てないからね。

新しいラケットを選ぶということは、自分の思い描いていることを実現させることではなく、「新しい自分との出会い」を演出してくれる。

そう言う気持ちで、ラケットの特性を上手く今後の自分のテニスに開花させよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス フットワーク

    その他

    力強いストロークを打つ為に、「テイクバックは早く済ませて、更に身体をひねる」動きは必須です

    ある程度コントロール出来るようにはなってきたけど、ストロークにパワーが…

  2. テニス 練習

    その他

    「何を教わった?」よりも、「何に気付いた?」で子供は変わる

    読者のみなさんの中には、自分のお子さんにテニスを教えている方も多いよう…

  3. テニス メンタル

    その他

    格上相手に対して、どう「勝負どころ」を設定するのか?の問題について

    テニスの試合で、格上相手にどう戦うのか。まず、この部分をしっかり考…

  4. その他

    「サッカーの方がきつかったよ」テニスの試合では実力差が僅差で初めて、持久力が問われる

    プレーの調子が上がってきて、試合で結果を残せるようになってきた時、怪我…

  5. テニス メンタル

    その他

    アナタの過去が正しかったかどうかなんて、未来と他人が決めてくれるはず

    テニス界にいると、随分と自分の過去に悩んでいる人が多い。実績が…

  6. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選

    団体戦の醍醐味、それは何と言ってもチームの重みを感じながら戦えること。…

特集記事

  1. テニス 居場所

    ストローク

    アナタのドロップショットを、今すぐ0式に変える方法とは?
  2. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!
  4. テニス ミス

    戦術

    調子が良くも悪くも無い状態、とは「良い状態」であると意識しよう
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、技術はあってもそれを「使える」人は意外と少ない
PAGE TOP