テニス 戦術

その他

テニスの試合、地味だけど勝利を呼び込む小技4つ

テニスの試合で、細かいけど大事なこと。

小技、とでも言いましょうか・・・私はこれを、すごく大事にしています。

今回は、隠している訳じゃないですけど、すぐにできて試合で効果が出るネタをみなさんにお伝えします。

「もうそんなの、やってるよ!」という方、も改めて確認してみましょう。

 

テニスの試合、地味だけど勝利を呼び込む小技4つ

 


 

1.最初はリターンから入る

サーブが特別得意な方、先に打ちたい方は別ですが・・・。

とにかく、試合の序盤は身体が動き辛い、緊張しやすいもの。

ですから、なるべくリターンから入っておくことが大事、だと私は思います。

相手のサーブ、を恐れてはいけません。

むしろ、アナタ自身がサーブから入っていきなるダブルフォルト連発、の方が怖くないですか?

 

2.カウントコールを大きな声で

これには、リラックス効果もあります。

あとは、ちょっとした威圧感ですよね、相手に対して。

負けているカウントでも、大きな声で相手に伝える。

自分の中で、「よし、ポイントに集中するぞ!」という意志確認にもなりますしね。

何より、覚悟が決まるはずです。

40-0と0-40、では選択するプレーも全く違うはずですから。

迷いが消えて、きっと勝てる試合にもっていけるはずです。

 

3.勝っているカウントで、間を取る

これは、私が実際に試合で行っていることです。

本当に少しだけ、ですけどね。

勝っているゲームでは、少しゆっくり進める意識を持つ。

そうすると、相手は焦るし自分は「リードしている時間」を長く持てる。

これだけで、メンタルは安定するし、試合も楽に進められる。

負け始めて間を取っても、時すでに遅し、ですよ。

 

4.チェンジコートに読むメモを用意する

本当に、一言で良いんです。

アナタ自身の言葉で、チェンジコート時に読む簡単なメモを用意する。

テニスノートに付箋を貼っておく、だけでも良いと思います。

勝っているとき、負けているとき、で読む内容を分けても良いでしょう。

意外と、私たち一般の選手はチェンジコートを上手く使えないんですよね。

この約2分くらいの間に、勝利のネタは潜んでいる。

それもアナタ自身の準備次第、です。

 

いや、本当に基本的なことですみません。

でも、実際にやっている人は少ないと思いますよ。

「やっても変わらないよ」と思うのか、「ちょっとやってみようかな」と思うのか。

その小さいノリの差、が、アナタと周りの実力差。

だと、私は思いますよ。

■動体視力を磨くと、小技が活きる俊敏さがより身に付きます

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可能性が高いです

    普段の練習、皆さんは本当に「試合に近い緊張感」で実践出来ているでしょう…

  2. テニス メンタル

    その他

    Q&A「テニスをするには、性格が優し過ぎると言われてしまいます。良いアドバイスはありますか…

    今回は、男性中学生の方から頂いた質問です。よく「テニスは性格が…

  3. その他

    学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?

    「社会人から始めたので、試合は無理なんですよ」こういう声を、私…

  4. テニス ダブルス

    その他

    錦織選手の実力について、アナタはしっかり「自分の意見」を持てているだろうか?

    今年も楽天オープン、日本で一番大きなテニスの大会が始まりました。…

  5. テニス 観察

    その他

    「ダブルス、ごめんね。」プロテニス選手の大会参加事情

    基本的にシングルをメインに、プロテニス選手は活動している。最初…

  6. その他

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「ボールを打っていない時間」こそ大事にしたい

    学生の方でも、社会人の方でも、テニススクールに通っている方は少なくない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く
  2. テニス ボレー

    戦術

    チャンスでのフォアボレー、動かすのは10cmでOK
  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!
  4. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストローク、の攻撃力をアップさせるには?
PAGE TOP