テニス メンタル

その他

「役割の変化は、必ず成長につながる」後輩の指導で自分の練習が出来ない君へ

私は高校時代、自分の学校にテニスコートがありませんでした。

正確に言えば1面あったんですが、校舎の建て替えの為に駐車場になってしまったんです。

6時間目が終わると同時に、公営のコートに自転車で20分かけて移動。

コート代は部費と学校で折半。

「何で自分達だけ、こんな環境で・・・」

「教えてくれる先生もコーチもいないし・・・」

でもだからこそ、やってやろうとみんなで話していました。

その為には、学年によって役割だってそれぞれ変わってくる。

後輩の指導や球出し、積極的に引き受けてみませんか?

 

「役割の変化は、必ず成長につながる」後輩の指導で自分の練習が出来ない君へ

 


 

■テニスの上達において、一番の近道は人に「教えること」

以前にアンケートを実施した際に、たくさんの嬉しいお声を頂きました。

「今まで気付かなかったことを、このサイトを通じて教えてもらいました!」

「このサイトは僕のバイブルです!」

といった声、とても嬉しいのですが・・・実は御礼を伝えたいのは、私のほうです。

こうやって自分の考えやテニス観を書くことが、何より自分の上達になる。

それは私自身の経験上、一番の上達の近道だと思います。

 

■後輩にテニスを教えることは、アナタの大事な確認作業

初心者の方や新入生、テニスを教える時間も上級生には増えてくるでしょう。

これをどう受け止めて、自分の中で受け止めるか。

教える、ということは、テニスを言葉にするということ。

そして当たり前ですが、「先輩、自分が言ってること、出来てないですよ・・・」と思われない為にも、自分自身がしっかりしないといけない。

後輩は口に出さないだけで、先輩の行動を本当によく見ている。

だからこそ、教えるという行為には責任が伴うのです。

アナタ自身、それを受け止める為にも後輩に指導したり、球出しをしてアドバイスしたりということは、ぜひ積極的に行って欲しいと思います。

 

■テニスの指導に、絶対の正解なんてない

このサイトで紹介している内容も、全てはヒントです。

中学生、高校生にもなれば、自分にとって何が大事かを考えて取捨選択できる。

だからこそ、まずは率直に「自分はこう思う」というのを、ぜひ後輩に伝えて欲しい。

テニスの実力は、関係ありません。

上手い先輩でなければ、テニスを教えることは出来ない?

そんなの、もったいない話です。

皆それぞれ、テニス観があるし独自の理論を持っている。

「私、持っていないかも・・・」と思った人は、言葉に出来ていないだけ。

絶対にテニスを数年やっていれば、主体的なテニス観は身に付いていると私は思います。

 

「自分のテニスを、言葉にする」ことの大切さは、何度かお伝えしてきました。

テニスノートもその一つですが、直接人に伝えることが出来る会話は、それに勝る部分もあります。

本気で接すれば、きっと後輩も仲間も本気で応えてくれる。

球出しの1球にだって、気持ちを込めることは誰にだって出来ます。

さぁ、明日の練習から変えていきませんか?

新しい役割、自分から名乗り出てみませんか?

そういう部員がいる部活やサークルは、きっと強くなる。

そんなチームが増えていけるように、このサイトでも微力ながら力になりたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ラグビー
  2. テニス ダブルス

    その他

    「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳ではありません

    今月から、新しい環境でテニスを始める、また後輩が出来る・・・という方も…

  3. テニス 練習

    その他

    試合に勝ちたいテニス選手なら、「試合前の準備は2日前に完了」させておこう!

    皆さんは試合前の準備、いつ頃やっていますか?私はいつも、2日前…

  4. テニス 新入生

    その他

    なぜこの時期に、「新入生の本音の声」を真剣に聞くことが、大事なのか?

    4月に入り、部活やサークルにも少しずつ新入生、が増えてきたと思います。…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変わります

    テニスの実力、一つ一つのショットは決して目を引くものが無くても、勝ち進…

  6. その他

    「テニスコートで花粉症抑制!?」試合で勝つ為に普段から必要なトレーニング

    花粉症のシーズン・・・。辛いと感じる人も、多いんじゃないだろう…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ
  2. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットプレーに苦手意識がある人は、下半身を身軽にする意識が大事
  4. その他

    今日、私は「本物の魔物」を観て来たと思う
  5. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが…
PAGE TOP