テニス ストローク

ストローク

テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」です

テニスの試合で、「今日は調子が良いぞ!」と思うときって、どんなときですか?

しっかりボールがコントロール出来ている、速いボールが打てている、のバロメーターの一つは、狙った相手コートにしっかりボールを落とせているかだと思います。

ですが・・・しっかりイメージ通りに打っていても、相手は難なく返してくる。

逆にストロークで反撃される。

そんなときには、ボールの伸びが足りていないケースがあるかも知れません。

 

テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」です

 


 

■なぜみんなの興味関心は、ボールのバウンド地点に?

テニスの上手い、下手、皆さんはどんな基準で観る機会が多いですか?

コートの端、ライン際にしっかりコントロールされたショットを観ると、「上手いなぁ!」と思うことが多いはず。

ですが、このボールのバウンド地点にばかり興味関心がいってしまって、肝心のボールの「伸び」について議論される機会は少ない。

実際に相手と打ち合わなければ、この感覚は分かりませんからね。

まずは意識を変えて、自分のボールのバウンド後の伸びについて確認してみましょう。

■バウンド後の伸びにこそ、その選手の一番の実力が現れる

実力は、このバウンド後の伸びにこそ隠されている。

実際に私は以前、トッププロ選手のラインジャッジをしていたので、よく分かります。

錦織選手のボールもそうですが、アウトするだろう・・・という軌道から、カクッと落ちてベースライン内側に入る。

その後は、バウンド後むしろ加速していくんじゃないかというくらい、しっかり伸びていく。

もちろんこれは理想ですが、まずは軌道のイメージを持ってみましょう。

バウンド後に失速しないボールからは、多くのチャンスを引き出せます!

 

■軌道の頂点を調整して、エッグボールを目指そう!

テニスではエッグボールと呼ばれる、バウンド後に激しく弾んでいくボールがプロでも主流。

「そりゃ、プロ選手だからでしょ・・・」と思ったアナタも、少しの工夫でストロークの伸びは出せます。

私がオススメするコツは、ストローク軌道の頂点、一番高く上がる場所を、相手コート側にもっていくこと。

なぜかテニスでは、ネットを通過するときが「一番ボールが高い位置にある」ということが、通説のように思われています。

これでは、失速も速いし深いボールにならない。

ボールの軌道の頂点は、ネットよりも数メートル相手コート側にあるように、イメージして打ってみましょう。

これだけで、だいぶストロークに深さと伸びが出るはずです。

 

最初はアウトするくらいでOK。

そこからどう回転をかけて、コートに入れていくかを考えましょう。

最初からコートに入れることを考えると、ストロークは絶対に小さくなって未来が無い。

アウトしながら調整していく、くらいの気持ちに余裕を持って、伸びのあるストローク、打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ

    試合で男女が打ち合う、ミックスダブルスのような試合。ここで女性…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に

    シングルスの試合、私はもしかしたらこんなタイプの選手だったかも知れない…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、〇〇が多いことに気付こう!

    試合中に、まず皆さん経験したことがあるでしょう。ストロークが、…

  4. テニス コート

    ストローク

    「ラリーをつなぐことが楽しい!」レベルを卒業したら、テニスはもっと楽しくなる!

    テニスを始めて半年、くらいの方はまず、ラリーがつながることから楽しさを…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴

    対戦相手のストローク、皆さん色々なタイプを経験してきたと思います。…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです

    最近スライスショットをよく使うようになった。理由は簡単。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにい…
  2. その他

    勉強でも仕事でも、テニスでも強い人は〇〇
  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!
  4. テニス 試合

    戦術

    決断の精度は、回数に比例する
  5. 食事

    テニス知識

    テニスの試合前に、「飲まない・食べない方が良いモノ」5つ
PAGE TOP