テニス ストローク

ストローク

ストロークでネットにかかるミスが多い人は、「地面にアゴを付けて下からネット」をじっくり見てみよう

私はテニスをやる前に、バレーボールをやっていました。

小学生時代で身長も低かった私は、スパイクを打つことはもちろんブロックも出来ない。

何と言っても本気でジャンプしても、少し指が出るくらい。

それくらい「ネット」は高く、険しい存在でした。

さて・・・テニスでは、どうでしょうか?

皆さんはネットに対して、どんな印象を持っていますか?

 

ストロークでネットにかかるミスが多い人は、「地面にアゴを付けて下からネット」をじっくり見てみよう

 


 

■ネットミスが多いのに、ネットの高さは「低い」と思っている?

テニスにおいては、ネットは障害物。

ポール回しという技術があるように、その上を必ず通過しなければいけないというものではありませんが、ほとんどのボールはネットの上を通過していきますよね。

アナタ自身、試合でネットミスの割合はどうですか?

「あんまり意識したことが無い・・・」という方は、非常に危険。

ネットは低い、簡単に越えられるものという意識がいつの間にか根付いているかも知れません。

 

■コートにアゴを付けて、下からネットを観てみよう

テニスの試合に勝ちたいなら、眼に焼き付けておいて欲しい景色がある。

それは、コートにアゴを付けて、一番低い場所から見上げるようにネットを観てみて下さい。

一番低い真ん中で、0.914メートル、決して低い高さでは無いのです。

この意識がなぜ大事か。

それはテニスは常に、「下から上に」ボールを捕えて回転をかけることが、ストロークの基本だからです。

ボレーであれば、ラケット面は上を向けて下にだけはボールを飛ばないようにする。

この意識は、ネットに対する考え方を変えないと絶対に身に付きません。

 

■ネットミスはなぜ起きるのか、を根本的に解決しよう!

意識を変えたら、あとは練習です!

ストロークは今まで以上に、「下から上」へのスィングを心がけましょう。

ボールは必ず、一度上方向に飛んでいくのが良いストロークです。

ボレーでは、ネット近くの例外を除いてしっかり「ボールの下側」を触ってあげることでスライス回転をかける。

ラケット面が上を向いているからこそ、ボールがネットを超えてくれる感覚が大事です。

 

テニスの試合で勝てない人は、とにかくネットのミスが多い。

アウトのミスと同じに考えるのは、とても危険です。

アウトボールは相手が触るかも知れないし、どの程度アウトしていたかを自分で確認できるので調整も出来ます。

ですが軌道の途中で終わるネットミスは、もうどうしようもない。

メンタル的にも、ダメージが大きいですよね。

今度テニスコートに、一番に行ってみませんか?

下からじっくり、ネットを見上げてみましょう。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスの上達の鍵は、「小指」の使い方に有り

    ストローク、ボレー、サーブにスマッシュ・・・。皆さんは、ラケッ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が定まらない人は、「ラケットを振り出すタイミング」を少し早くしてみよう

    ストロークの打点が毎回違う人は、試合で安定感が無い。打点が変わ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになっている!

    ロブの重要性は、何度か書かせて頂きました。「よし、練習しよう!…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットをしっかり決めるコツは、〇〇に有り!

    試合の中で、浅い場所を狙うドロップショット。ちょっとしたコツで…

  5. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに…

    試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。…

  6. テニス テイクバック

    ストローク

    エッグボールを相手の肩の高さで打たせるには?

    ストロークのラリーの中で、返球し辛いボールってどんな球種でしょう?…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる
  2. テニス メンタル

    その他

    「テニスと俺」アナタは自分とテニスの関係、どんな感じですか?
  3. その他

    「この程度で良いかな」と思った時点で、テニスの成長は止まる
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプ…
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で出来るだけリラックスする為には「スロートに手を添えてラケットヘッド…
PAGE TOP