テニス ストローク

ストローク

ストロークでネットにかかるミスが多い人は、「地面にアゴを付けて下からネット」をじっくり見てみよう

私はテニスをやる前に、バレーボールをやっていました。

小学生時代で身長も低かった私は、スパイクを打つことはもちろんブロックも出来ない。

何と言っても本気でジャンプしても、少し指が出るくらい。

それくらい「ネット」は高く、険しい存在でした。

さて・・・テニスでは、どうでしょうか?

皆さんはネットに対して、どんな印象を持っていますか?

 

ストロークでネットにかかるミスが多い人は、「地面にアゴを付けて下からネット」をじっくり見てみよう

 


 

■ネットミスが多いのに、ネットの高さは「低い」と思っている?

テニスにおいては、ネットは障害物。

ポール回しという技術があるように、その上を必ず通過しなければいけないというものではありませんが、ほとんどのボールはネットの上を通過していきますよね。

アナタ自身、試合でネットミスの割合はどうですか?

「あんまり意識したことが無い・・・」という方は、非常に危険。

ネットは低い、簡単に越えられるものという意識がいつの間にか根付いているかも知れません。

 

■コートにアゴを付けて、下からネットを観てみよう

テニスの試合に勝ちたいなら、眼に焼き付けておいて欲しい景色がある。

それは、コートにアゴを付けて、一番低い場所から見上げるようにネットを観てみて下さい。

一番低い真ん中で、0.914メートル、決して低い高さでは無いのです。

この意識がなぜ大事か。

それはテニスは常に、「下から上に」ボールを捕えて回転をかけることが、ストロークの基本だからです。

ボレーであれば、ラケット面は上を向けて下にだけはボールを飛ばないようにする。

この意識は、ネットに対する考え方を変えないと絶対に身に付きません。

 

■ネットミスはなぜ起きるのか、を根本的に解決しよう!

意識を変えたら、あとは練習です!

ストロークは今まで以上に、「下から上」へのスィングを心がけましょう。

ボールは必ず、一度上方向に飛んでいくのが良いストロークです。

ボレーでは、ネット近くの例外を除いてしっかり「ボールの下側」を触ってあげることでスライス回転をかける。

ラケット面が上を向いているからこそ、ボールがネットを超えてくれる感覚が大事です。

 

テニスの試合で勝てない人は、とにかくネットのミスが多い。

アウトのミスと同じに考えるのは、とても危険です。

アウトボールは相手が触るかも知れないし、どの程度アウトしていたかを自分で確認できるので調整も出来ます。

ですが軌道の途中で終わるネットミスは、もうどうしようもない。

メンタル的にも、ダメージが大きいですよね。

今度テニスコートに、一番に行ってみませんか?

下からじっくり、ネットを見上げてみましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる

    ストロークの強化を意識する人は、部活の中でどういった練習をしていますか…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ハードヒッターは、相手の打点をしっかり見れば反応出来る!

    相手のハードヒットに、押されて手も足も出ない・・・ようなとき、まずは冷…

  3. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう

    テニスで「手打ち」と呼ばれる現象。そのほとんどは、肘から先の腕…

  4. ストローク

    「ビビった時は・・・」テニスの試合で緊張する場面のストロークで意識することとは?

    ドリル練習を行う時、ディフェンスで繋ぐストロークと、チャンスボールを打…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合で力が入ってミスばかり・・・の人は、ポイント奪取の考え方を変えましょう

    練習のときには気持ちよくポイントが獲れても、本番の試合ではガチガチにな…

  6. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのK

    何度も繰り返し、で書いてきたのでもう聞き飽きたか方も多いと思いますが、…

特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    1セットマッチの試合では、「プレーしながら常に2ゲーム先」も考える癖を付けよう
  2. スマッシュ

    ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実
  3. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに近付けば近付くだけ、動作がシンプルでコンパクトになる
  5. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント
PAGE TOP