テニス メンタル

その他

テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って実行している

スポーツの試合には、「作戦勝ち」という言葉があるように、事前の準備は大切。

ですが実際の試合では、準備していること全てが上手くいくことなんてない。

そしてもし上手くいっていたとしても、途中から相手に対応されて逆転される・・・なんてことも、多々ありますよね。

試合に強い人が実践しているのは、「上手くいっている段階」から次の手を打っておくこと。

テニスの試合でも、大事なことです。

 

テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って実行している

 


 

■序盤に成功した作戦が、後半に通用するとは限らない

テニスの試合は、長いようで短い。

特に一般の試合のほとんどは1セットマッチ。

短い試合では、30分程度で終わってしまいます。

事前に準備した作戦、例えばネットプレー、リターンダッシュ、ダブルスであればポーチやチェンジプレー、上手くいっているからと言って安心は出来ない。

当然相手も対抗してくるわけですから、そこの準備もしっかりしておきましょう。

 

■対応策、への対応策は実はシンプルで良い

相手が自分たちの作戦に対応してくる、ということは作戦が「効いている」ということ。

何も焦る必要はありません。

大事なのは、相手が何かを変えてきたときに、どう自分がテニスで対抗するか。

ダブルスでチェンジプレーが効いているのであれば、ポーチを嫌がってストレートへ来るのは目に見えていますよね。

早めに「フェイント」を前衛が入れて、ストレートで待ち構えるポイントも作りましょう。

つまりは「またあの作戦だろ・・・」と相手に思わせておいて、実はその逆で待っておく、というのが一番有効。

これは作戦が上手くいっている、と思っている段階で実行しておきましょう。

 

■後手に回ってしまうから、テニスの試合で逆転される

相手が息を吹き返してきてから対応するのでは、遅い。

こうなると相手にも勢いがあり、試合の流れが動いて一気に数ゲームを獲られてしまいがち。

そうなる前に、しっかりリードしている段階で、「逆の作戦」も実行しておきましょう。

バックハンド狙いで先行できれば、ときにはフォア側にもしっかり打っておく。

こうすることで、相手に的を絞らせない。

試合巧者の選手は、こういった作戦の出し入れ、駆け引きが上手いのです。

 

難しい話になったかも知れませんが、シンプルに考えましょう。

まずは自分が得意なパターン、作戦を一つ考えておく。

そして相手がそれに対抗してきたときに、有効な攻撃方法、パターンも考えておく。

この2つ目の作戦を早めに実行しておくことで、相手を惑わせる。

今アナタが持っている武器で、きっともっと、試合は勝てます。

今回の記事もその参考になれば、嬉しいです!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. その他

    最近考えていることを、お伝えします

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います。また、…

  2. テニス 戦術

    その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは?

    「教えてくれる先生や、コーチがいない」「練習メニューが決まらな…

  3. テニス ダブルス

    その他

    「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長の度合いは段違いにな…

    テニスの試合は、草トー大会から市民大会、腕に覚えがある人は国体予選や全…

  4. その他

    今の状況になって、気付いたこと

    しばらく更新が滞っておりまして、すみません。みなさんは、いか…

  5. テニス サイト

    その他

    テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ

    皆さんが普段使っているスマートフォン。せっかく多機能ですので、…

  6. テニス メンタル

    その他

    なぜテニスプレイヤーのみなさんは、最初から完璧を求めてハードルを上げるんだろう?

    真面目なのか・・・どうも、こういう考えの人は多い。気付かないう…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ダブルスの練習で「2バック対2アップの練習をシングルスコート」で実践すると効果的…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう
  4. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事
  5. 日々の雑記

    メルマガ配信、登録を開始します!
PAGE TOP