テニス メンタル

戦術

見えないものを見る力、を養おう

試合の中で、落ち着いてプレー出来る人は強い。

経験もあるでしょうが、こういう強い人は常に敏感に、何かを感じようとしている。

試合中もアンテナを張って、見逃さない。

そう、表には見えてこないような部分、を見えるようになると、試合では強くなる。

アナタ自身、自分のことで必死な次、の状況にいかないと試合ではなかなか勝てないですよ。

 

見えないものを見る力、を養おう

 


 

1.今のスコアの裏側にあるもの

例えば、スコアもそうですよね。

3-2 15-15 のようなスコアは、みんな理解している。

セルフジャッジでもカウントコールしますからね。

でも、その裏側、はどうでしょうか?

勝っていても危ない、と感じるのか。

負けていても、チャンスがあると感じるのか。

こういう、スコアの裏側の部分を、いかに感じることが出来るのか。

目に見えない部分、を感じる力、というのがテニスには大事になって来ます。

 

2.目に見える部分は、相手も意識している

当然、相手も目に見える、形になっている部分は理解している。

警戒している、のは当然ですよね。

でも、目に見えない部分をどこまで感じているのか、はアナタ自身が相手を見て気付かないとダメ。

前衛にいたら、どこまでフェイントや誘いに乗ってくれるのか。

ストレートに展開しそうな素振り、雰囲気、は何か感じられないのか。

強い相手ほど、簡単には見せてくれません。

でも、そこを感じ取ることこそ、アナタにとって必要なこと、なんです。

 

3.弱点を出してくれない相手、をどう見抜いていくのか

どうしようもなく強い相手、は確かにいます。

でも、全く弱点が無い相手なんていない。

必ず、どこかに苦手なプレー、ポジション、特徴があるはずなんです。

それをどうやって、見抜いていくのか。

目に見えない、と言いつつも、実際は表に出ているようなこと、も多いのがテニスです。

ドロップショットへの反応、ロブへの反応、陣形が変わった時の雰囲気。

ちょっとした変化に対して、どう対応しているのかを見れば、アナタ自身も分かるはず。

こういうのって、待っていても素性を明かしてくれないですからね。

弱点は、しっかり相手を動かすことであぶり出されて来る。

このことだけは、覚えておいて損は無いです。

 

4.それでも、見えないものを掴んでいかないといけない

でも、やっぱり試合では、見えてこないことも多い。

最後まで相手が掴めない、ような試合もありますよね。

必死で見えないもの、を見るように頑張ってみる。

意外と、これが出来ない人が多いのがテニスの試合です。

目に見えるもの、サーブが凄いとかストロークでミスが無いとか、そういうところだけ見ても試合では勝てない、絶望するだけ。

もっとその裏側にあるところ、を見ていくように意識してみましょう。

 

鈍感な人は、いつまで経っても試合では勝てない。

何かを見ないと分からない人、と同じですからね。

見えているところ、は既に結果論。

見えていないところ、をしっかり感じられる選手、にぜひみなさんもなってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. 戦術

    攻撃力を上げることについて、本気で考えよう

    年齢を重ねていくに従い、私自身感じていること。「もう、攻撃的…

  2. テニス スライス

    戦術

    テニスが上達する、ということは、狙った場所に繰り返し打てるようになるということ

    皆さんはテニスの上達、どこで測るのが適切だと思いますか?試合に…

  3. テニス リターン

    戦術

    テニスの試合で、「相手が打つボールを予測する」ときに必要な4つのポイント

    試合の中で、相手が打つコースを予測する。簡単なようで、テニスは…

  4. テニス コート

    戦術

    負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる

    私がテニスの大会のレフェリーをしていた頃、に感じたこと。一般の…

  5. テニス フットワーク

    戦術

    ドロップショットの合格点軌道、を決めておけば試合で楽に使える

    浅いボールを打って、相手を動かす。ドロップショットも、本来これ…

  6. 戦術

    大事な試合に、どう臨むのか?

    ウィンブルドンも佳境に入って来ましたね。今夜は、男子シングル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    右利きの方は、スマッシュも右側で打ち終わりで良い
  2. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイン…
  3. テニス リターン

    戦術

    テニス選手の中で、「武器を活かせる選手とそうでない選手」の違いはどこにあるのか?…
  4. テニス 練習

    戦術

    相手に向かって打つ、のは2往復までで良い
  5. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる…
PAGE TOP