サーブ

テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう!

サーブを強くして、キープ率を上げたい。

そう考える人は、多いはず。

ですが、急に速度やコントロールが向上する・・・のは、難しいですよね。

すぐに実践でサービス力を上げるには、私はこれしかないと思っています。

まずは球種を増やす、というのが大事です。

 

テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう!

 


 

■打てるサーブの種類が一つ、というのは危険な状態

アナタにこの危機感、あるでしょうか?

サーブの球種が一つしか無い、というのは、実戦的では無い。

試合の後半になれば相手も慣れ、踏み込んだ強力なリターンで応戦されるでしょう。

意識してサーブの球種は増やしていかないと、どんなにそれが良いサーブでも相手は慣れて来る。

結果的に大事な試合後半のゲームでブレイクされる、という末路になってしまうのです。

 

■スピンとスライス、は少しの差で打ち分けられる

「でも、球種を増やすのって難しそう・・・」と思った方、実はそうでもありません。

私の感覚では、スピンサーブとスライスサーブは兄弟のようなもの。

スピンサーブの打点を少し下げて、ボールの横を捕らえるのがスライスサーブ。

だからこそ、しっかりコンチネンタルグリップで持ってサーブを打てるようにしておきたい。

基本さえしっかり出来ていれば、いくらでも応用は効くのですから。

 

■回転の種類を変える、だけで相手リターンは乱れる

スピンサーブとスライスサーブ、が打てるだけで相手は嫌なもの。

バウンド後の変化が違う、ということは、リターン側にとってすごくプレッシャーになる。

考えてみて下さい。

どんなに速いサーブでも、それ単体であれば怖くない。

試合後半には慣れます。

でも2種類のサーブがあれば、相手はそれだけで迷う。

試合に強い選手ほど、警戒して迷ってくれるのでお勧めです。

 

サーブの強化は、変化を付けること。

速さ、強さって、求めていくと時間がかかるし、厳しいですよ。

その気になれば、球種を増やすことは明日からでも出来る。

もちろん練習は必要ですが、即効性があるのは2種類、のサーブを打てるようになること。

スピンとスライス、しっかり練習して試合に備えましょう!

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打った後の着地足は、「基本は前足着地」を意識してしっかりジャンプしてみよう

    サーブを打つとき・・・までは神経を使っていても、打ち終わったときにはも…

  3. テニス チャンス

    サーブ

    「何も準備無しで、40-0」ほど危険な状態は無い

    サービスゲーム、調子良く3ポイント連取。40-0になって・・・…

  4. サーブ

    30-0にしてから自分の「いつものファーストサーブ」、でいこう!

    試合で、サービスゲームをどう考えるのか。色々考えた結果、私は最…

  5. テニス 練習

    サーブ

    ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

    ファーストサーブを、パサッとネットする。何気ない光景のようです…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

    サーブが安定しない人、悩んでいる人は何かを変えないといけない。…

特集記事

  1. テニス ミス

    戦術

    午後のテニスの試合、は実は要注意な件
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ…
  5. メンタル

    メンタルが強い人は、大事なポイントこそ「どっちでも良い」のスタンス
PAGE TOP