テニス サーブ

サーブ

ダブルフォルトが癖になっている、みなさんへ

試合の中で、大事な場面でダブってしまう。

これは、何度も私も経験して来ました。

癖になっているような時期は、テニスの試合も楽しく無いし、自分のサービスゲームが不安でしょうがない。

何かを変える、技術的なポイントも大事ですが、まずはイメ―ジから。

セカンドサーブを打つ前、に一呼吸を置いて、これを実践していきましょう。

 

ダブルフォルトが癖になっている、みなさんへ

 


 

1.セカンドサーブが入るイメージ、を冷静に作ろう

まず、セカンドサーブを打つ前に。

慌てないで、しっかりと軌道のイメージを作る。

早く打ちたい、と思ってしまうともうダブルフォルトの序章が始まっていると思って良い。

それくらい、「早くこのポイントを、終わりたい!」と思っているはずですから。

焦っても、良いセカンドサーブは打てない。

しっかり、軌道をイメージしましょう。

この軌道のイメージも、コツが必要です。

 

2.白く太い線を、イメージして引いてみる

私はいつも、白い線をイメージします。

自分の頭上から、上方向に伸びてネットの1メートル上を通過して、相手のサービスエリアに入る。

その線を、ボールがたどるように打っていく。

この軌道のイメージ、をしっかり作りましょう。

本当に、線が見えるくらい、しっかりとイメージする。

ここで何となく、になってしまっては絶対に上手くいきません。

太い線、ネットの高い位置を通って、サービスエリアの内側50cmくらいの場所に入る。

これでいきましょう!

 

3.イメージ出来たら、後は振り切るだけ

ラケットは、しっかり振り切る。

振り切らないと、回転がかからずに結局良いサーブは入りません。

置きにいく、のは絶対にしないと心に決めましょう。

大事なのは、軌道に乗せる、というイメージを持って振り切るだけ。

スピンかスライス、どちらかのセカンドサーブを自分の中で用意しておく。

曖昧な感じにしないこと。

スピンかスライスか、よく分からないような人ほど、置きにいくサーブになって結局入らない、ダブルフォルトになっているはずです。

 

4.いつも通り、のルーティーンにしていこう!

セカンドサーブを打つ前に、毎回行うこと。

ボールを下に突いて、深呼吸、顔を上げて、軌道をイメージする。

そして、しっかりトスアップして打つ、振り切る。

これを、「癖」にしていきましょう。

やることをしっかりやって入らない、なら自分でも納得出来るはずです。

納得できるミスは、次に引きずらないはず。

やれているようで、やり切れていないミスに、人はダメージを受ける。

ダブルフォルトが癖になっている人は、結局このモヤモヤが晴れないだけ、でしょう。

 

このルーティーンの練習は、自宅でも出来ます。

テニスの動画を観ながら、自分で白い線を引いてみて下さい。

ボールを下に突いて、からのルーティーンを何度も繰り返してみる。

電車を待っている時にでも、出来ますよね。

セカンドサーブになる、その後も今まで通りの自分でルーティーンを行うだけ。

試合は、この感覚でいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!

    サーブについての考え方は、人それぞれ。一発で決めたいと思う人、…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?

    サーブのトスアップについて、実は大きな誤解が生じている、ケースは多い。…

  3. サーブ

    ボディサーブが無いと、リターンは楽

    試合の中で、相手のボディにサーブを打つ。これ、上を目指す選手…

  4. テニス 前衛

    サーブ

    ダブルスの試合で「セカンドサーブの方が実はポーチに出やすい」4つの理由

    ダブルスの試合、シングルスの試合とココが違う。私は、そう思いま…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

    フラットサーブ、をしっかりファーストサーブで打っていくこと。こ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット

    サーブ練習、みなさんすごく熱心に考えている方が多い。個人でも練…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    ラケットが一番加速するところで打つのが、ストロークの基本
  2. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「スコアを追いつくこと目標」だと、逆転なんて夢のまた夢
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で、「グッドショット・リアクション」を無くしていこう
  5. メンタル

    「いつも、何と無く」で、テニスの試合に入るのを止めてみよう
PAGE TOP