テニス サーブ

サーブ

ダブルフォルトが癖になっている、みなさんへ

試合の中で、大事な場面でダブってしまう。

これは、何度も私も経験して来ました。

癖になっているような時期は、テニスの試合も楽しく無いし、自分のサービスゲームが不安でしょうがない。

何かを変える、技術的なポイントも大事ですが、まずはイメ―ジから。

セカンドサーブを打つ前、に一呼吸を置いて、これを実践していきましょう。

 

ダブルフォルトが癖になっている、みなさんへ

 


 

1.セカンドサーブが入るイメージ、を冷静に作ろう

まず、セカンドサーブを打つ前に。

慌てないで、しっかりと軌道のイメージを作る。

早く打ちたい、と思ってしまうともうダブルフォルトの序章が始まっていると思って良い。

それくらい、「早くこのポイントを、終わりたい!」と思っているはずですから。

焦っても、良いセカンドサーブは打てない。

しっかり、軌道をイメージしましょう。

この軌道のイメージも、コツが必要です。

 

2.白く太い線を、イメージして引いてみる

私はいつも、白い線をイメージします。

自分の頭上から、上方向に伸びてネットの1メートル上を通過して、相手のサービスエリアに入る。

その線を、ボールがたどるように打っていく。

この軌道のイメージ、をしっかり作りましょう。

本当に、線が見えるくらい、しっかりとイメージする。

ここで何となく、になってしまっては絶対に上手くいきません。

太い線、ネットの高い位置を通って、サービスエリアの内側50cmくらいの場所に入る。

これでいきましょう!

 

3.イメージ出来たら、後は振り切るだけ

ラケットは、しっかり振り切る。

振り切らないと、回転がかからずに結局良いサーブは入りません。

置きにいく、のは絶対にしないと心に決めましょう。

大事なのは、軌道に乗せる、というイメージを持って振り切るだけ。

スピンかスライス、どちらかのセカンドサーブを自分の中で用意しておく。

曖昧な感じにしないこと。

スピンかスライスか、よく分からないような人ほど、置きにいくサーブになって結局入らない、ダブルフォルトになっているはずです。

 

4.いつも通り、のルーティーンにしていこう!

セカンドサーブを打つ前に、毎回行うこと。

ボールを下に突いて、深呼吸、顔を上げて、軌道をイメージする。

そして、しっかりトスアップして打つ、振り切る。

これを、「癖」にしていきましょう。

やることをしっかりやって入らない、なら自分でも納得出来るはずです。

納得できるミスは、次に引きずらないはず。

やれているようで、やり切れていないミスに、人はダメージを受ける。

ダブルフォルトが癖になっている人は、結局このモヤモヤが晴れないだけ、でしょう。

 

このルーティーンの練習は、自宅でも出来ます。

テニスの動画を観ながら、自分で白い線を引いてみて下さい。

ボールを下に突いて、からのルーティーンを何度も繰り返してみる。

電車を待っている時にでも、出来ますよね。

セカンドサーブになる、その後も今まで通りの自分でルーティーンを行うだけ。

試合は、この感覚でいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【先着申込開始します】2月11日(金/祝) @東京都西葛西 現役男子プロ特別レ…
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…

関連記事

  1. サーブ

    ブレイクした後のサービスキープ、なぜ難しいのか?

    テニスの試合は、キープやブレイク、の繰り返し。必ずどちらかの…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ時に、「大きく胸を張って反る動き」は本当に必要か考えてみた

    私が最初にテニスをテニススクールで習ったときに、サーブはこう教わりまし…

  3. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、「ファーストとセカンドの差」が大き過ぎ

    テニスの試合でダブルフォルトが多い人の特徴として、「差」があり過ぎる人…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「スピンスライスサーブ」を使えると、相手のタイミングをずらせて効果的!

    サーブの種類は色々ありますが、組み合わせることも出来ることはあまり知ら…

  5. テニス サーブ
  6. テニス メンタル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がり…
  2. 戦術

    試合で出せる技、が全て
  3. テニス 大学

    メンタル

    オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することに…
  4. ダブルス

    テニスの試合で、「対戦相手のフェイト」に引っかかりやすい人、気にしない人の違いと…
  5. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
PAGE TOP