テニス メンタル

サーブ

本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない」選手

サーブが上手い、キープ率が高い選手。

は、試合でもゲームが計算しやすいから強い。

皆さんの周りにいるサーブが強い選手って、どんな選手ですか?

きっと1発、があるだけの選手じゃないと思うんですよね。

 

本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない」選手

 

自己最高速度、を競争しても無意味

つい、こうなりがちです。

私も学生時代はスピードガンコンテストに参加しているように、サーブを追い求めてました。

でも、結局その1発が入っても、試合では勝てない。

大勢は変わらないし、入った1発の幻想に囚われて自分を見失って負けていく。

テニスの試合って、そういうものです。

自己最高速度のサーブ、なんて入ることが少ないのですから気にしないこと。

気にすべきは、いかにいつも「同じようなファーストサーブ」を打てるかです。

 

2.ファーストサーブが崩れない、とはどういうことか?

ファーストサーブが安定していて、崩れない。

でも、上のレベルでは入れにいくだけのサーブだと当然叩かれてしまって終わり。

これも一種の、崩れている部類に入ると思います。

崩れないとは、相手に攻撃されないサーブを70%以上の確率で入れること、だと思います。

「攻撃されない」というのがポイントで、強引に自分から攻撃していくようなサーブ、でなくてもOK。

まずは安定感を重視して、テンポ良くファーストサーブを入れていく。

こういうサービスゲームが出来る人は、試合でも強いんです。

 

3.「崩れない」為に、日ごろから出来ることは?

まず、練習で意識して欲しいのはサーブを「シンプル」にすること。

トスの位置を低くして安定感を高めて、腕の動き体重移動から、全てをシンプルにしていくこと。

試合の中で安定感を高めるのに、複雑な動作って障害にしかならない。

何より、そんなサーブ疲れますしね。

良い機会ですので、そぎ落としてみませんか?

自分のサーブを、より使える、崩れないサーブにしていく為に。

 

サーブを変えるのって、難しい。

だからこそ、チャンスなんです。

しっかりシンプルにして、崩れる要素を減らしていく。

アナタに何が出来るのか・・・を、ぜひ考えてみて下さい。

自分で考えて、出した答えが正解です。

間違えたと思ったら、また変えれば良いじゃないですか。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. サーブ

    良いリターンに、良いサーブで対抗する・・・のは、現実的じゃない

    最近の試合を見ていると、本当にリターンの強い選手が多い。ラケッ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブが落ち切らないでオーバーフォルトしてしまう」人は、しっかり上にラケットを抜くことで良い…

    スピンサーブを安定させるには、高い軌道でしっかりサービスライン手前で変…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由5つ

    テニスの技術の中で、試合に勝てる人が実はしっかり練習しているモノ・・…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる

    さぁ、これから試合!というときに、初対戦の相手であれば、まず相…

  5. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増します

    フラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブ。色々なサーブがあ…

  6. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう!

    この問題に関して、鈍感な人が多すぎる。それは私が審判の活動をし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    メンタル

    テニス部の偉大なリーダーが抜けたとき、こそ最大の成長のときである
  2. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント
  3. ストローク

    強度を上げたショートラリー、出来る?
  4. テニス ボレー

    その他

    試合でよく見る、「相手前衛がサーバーを妨害する行為」はどこまで許される?の問題に…
  5. その他

    いつでも試合の当事者は「自分」、が基本
PAGE TOP