テニス ダブルス

ダブルス

テニスのダブルスの試合で、「お互い合わせてつなぐボレー戦」になったとき足が止まる人は、勝ち切れない!

ダブルスの試合では、ネットに4人がついて4アップと呼ばれる陣形になるケースも多く、ボレーのスキルが問われる展開になることが多い。

ボレーは打つ技術も大事ですが、いかに良いポジションで打てるか、構え直しが速いか、なども重要な要素になります。

練習でしっかり「動きのあるダブルス」を身に付けていないと、いざ試合で大事な場面のときにどうなるか・・・。

経験したことがある方なら分かると思いますが、実際「動けなく」なってしまうのです。

 

テニスのダブルスの試合で、「お互い合わせてつなぐボレー戦」になったとき足が止まる人は、勝ち切れない!

 

■ボレーボレーは必死になればなるほど、足が止まってしまう?

ボレー対ボレーの打ち合いになると、皆さんどんなことが起きますか?

しっかり返球しつつ、浮いたボールは決めたい!と思っていても、ネットとの距離を縮めていく、パートナーとの距離感を調整が出来る人は少ない。

ボールだけを見て、返球のみに必死になってしまうケースが多く見受けられます。

実力で勝っていて相手が先にミスをしてくれるレベルではこれでもOKですが、格上ペアを倒すにはもっとプレッシャーをかけないと勝つのは難しい。

ボレー戦の中でも、積極的に足を動かして攻撃していく姿勢が大事です

 

■ボールを打った方向に詰める、のがまず基本

自分が打ったボールの方向に詰める、これはネットプレーの基本です。

当然、次はその方向からボールが飛んでくる訳ですから、しっかり詰めておけばそれだけ攻撃的なプレーが出来ます。

ボールを打った後に、どういう動きができるのか・・・を考えると、ボレー同士の戦いになったときも、スピードに頼ることがいかに恐ろしいか分かると思います。

カウンターを喰らいやすい人は、そもそも自分のボールスピードについていけていないのです。

ゆっくりしたボールのボレーも混ぜながら、打った方向にポジションを詰めてプレッシャーをかけてみることをお勧めします。

 

■ダブルスの鉄則、センターをしっかりケアして守るペアは強い

自分が打ったボールが相手のチャンスになる、または攻撃されそうになったときに、まずはセンターをケアしておくことが大事。

ダブルスは2人の間が弱点であり、相手も狙いやすいのです。

コートの両サイド、アレーに入ったようなナイスショットは捨てることも大事。

センターを抜かれさえしなければ、両サイドで決められ分には怖くありません。

両サイドのボールは、一旦自分の目の前を通過していくボールが多いので触れることも多い。

とにかくボレーした後に、自分がパートナーと距離が離れ過ぎていないか、意識するだけでもきっと違います。

ボールを打っていないペアの動きも、とても重要なのです。

 

ボレーは打った後、どんな動きをするのかが大事。

ストローク以上に、そこで出る差がポイントの有無に直接つながっていくのが怖いところ。

しっかり、自分が打った後にポジションを意識できているか、ペアで穴が無いような陣形になっているかを確認してみましょう。

まずは、2対2のボレーボレーのラリーの中で、ポジションを動いて練習してみましょう。

上手くポジションをペアで調整できるようになると、ダブルスは楽しいし勝てるようになります。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスのリターン側の前衛も、相手のファーストとセカンドに合わせてポジションを変えよう

    ダブルスのリターン側の前衛、この動きがしっかり出来ている選手は間違いな…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!

    この夏こそダブルスで並行陣にトライしたい、または並行陣の強いペアを倒し…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」を使ってみよう

    ダブルスの試合を雁行陣で戦っていて、大きく後衛が外に走らされる。…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点

    私自身、ダブルスの試合でロブはよく使います。でも、当然それは相…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう!

    ダブルスのストレートアタック、皆さん試合で実践出来てますか?「…

  6. テニス センス

    ダブルス

    ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

    ダブルスの試合で、自分より上手い選手と組む機会がある。こういう…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること
  2. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識
  3. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?
  4. 戦術

    「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ
  5. 戦術

    自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい
PAGE TOP