テニス ダブルス

ダブルス

テニスのダブルスの試合で、「お互い合わせてつなぐボレー戦」になったとき足が止まる人は、勝ち切れない!

ダブルスの試合では、ネットに4人がついて4アップと呼ばれる陣形になるケースも多く、ボレーのスキルが問われる展開になることが多い。

ボレーは打つ技術も大事ですが、いかに良いポジションで打てるか、構え直しが速いか、なども重要な要素になります。

練習でしっかり「動きのあるダブルス」を身に付けていないと、いざ試合で大事な場面のときにどうなるか・・・。

経験したことがある方なら分かると思いますが、実際「動けなく」なってしまうのです。

 

テニスのダブルスの試合で、「お互い合わせてつなぐボレー戦」になったとき足が止まる人は、勝ち切れない!

 

■ボレーボレーは必死になればなるほど、足が止まってしまう?

ボレー対ボレーの打ち合いになると、皆さんどんなことが起きますか?

しっかり返球しつつ、浮いたボールは決めたい!と思っていても、ネットとの距離を縮めていく、パートナーとの距離感を調整が出来る人は少ない。

ボールだけを見て、返球のみに必死になってしまうケースが多く見受けられます。

実力で勝っていて相手が先にミスをしてくれるレベルではこれでもOKですが、格上ペアを倒すにはもっとプレッシャーをかけないと勝つのは難しい。

ボレー戦の中でも、積極的に足を動かして攻撃していく姿勢が大事です

 

■ボールを打った方向に詰める、のがまず基本

自分が打ったボールの方向に詰める、これはネットプレーの基本です。

当然、次はその方向からボールが飛んでくる訳ですから、しっかり詰めておけばそれだけ攻撃的なプレーが出来ます。

ボールを打った後に、どういう動きができるのか・・・を考えると、ボレー同士の戦いになったときも、スピードに頼ることがいかに恐ろしいか分かると思います。

カウンターを喰らいやすい人は、そもそも自分のボールスピードについていけていないのです。

ゆっくりしたボールのボレーも混ぜながら、打った方向にポジションを詰めてプレッシャーをかけてみることをお勧めします。

 

■ダブルスの鉄則、センターをしっかりケアして守るペアは強い

自分が打ったボールが相手のチャンスになる、または攻撃されそうになったときに、まずはセンターをケアしておくことが大事。

ダブルスは2人の間が弱点であり、相手も狙いやすいのです。

コートの両サイド、アレーに入ったようなナイスショットは捨てることも大事。

センターを抜かれさえしなければ、両サイドで決められ分には怖くありません。

両サイドのボールは、一旦自分の目の前を通過していくボールが多いので触れることも多い。

とにかくボレーした後に、自分がパートナーと距離が離れ過ぎていないか、意識するだけでもきっと違います。

ボールを打っていないペアの動きも、とても重要なのです。

 

ボレーは打った後、どんな動きをするのかが大事。

ストローク以上に、そこで出る差がポイントの有無に直接つながっていくのが怖いところ。

しっかり、自分が打った後にポジションを意識できているか、ペアで穴が無いような陣形になっているかを確認してみましょう。

まずは、2対2のボレーボレーのラリーの中で、ポジションを動いて練習してみましょう。

上手くポジションをペアで調整できるようになると、ダブルスは楽しいし勝てるようになります。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

    普通に考えると、ピンチな状況。こういう場面にこそ、実はテニスで…

  2. ダブルス

    速いボールでは、なかなか前衛を活かせない

    ダブルスの試合で、一見上手そうなのに勝てないペア。きっと、なか…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

    ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。硬式テニスでは前衛…

  4. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    2回連続動いて、初めて相手は意識する

    テニスの試合で、相手に自分を印象付けること。これは、ただ動けば…

  6. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ

    雁行陣主体のダブルスで、有効な「前衛の頭上を抜く」ストレートロブ。…

特集記事

  1. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニス選手として、「目標を口にするだけで満足してはいないか?」という問いかけを自…
  3. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!…
  4. テニス 指導

    テニス知識

    「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習、必要なマナー5つ
  5. テニス グリップテープ

    その他

    「ここだけの話、グリップテープが上手く巻けない・・・」と悩んでいる方に、ちょっと…
PAGE TOP