テニス 守備

メンタル

「団体戦が2-2で自分の勝敗にかかったとき」に勝ち切る為のメンタルとは?

団体戦、高校生の選抜予選などではシングルスとダブルスを合せて5本の勝負。

2-2で回ってくるシングルス、アナタ自身が闘うことがあるかも知れません。

「やってみたい!」と思って待つか、「できればやりたくないな・・・」と考えるか。

経験のある人も、無い人も、一度自分が出場していると考えて、どう準備するかを考えてみて下さい。

 

「団体戦が2-2で自分の勝敗にかかったとき」に勝ち切る為のメンタルとは?

 


 

■こんな場面を経験できるのは、10人に1人

まず、団体戦で自分に勝敗がかかるような経験は、誰しもが出来るものではありません。

アナタ自身がテニスにしっかり取り組み、団体戦で試合に出場できるチャンスを掴み、仲間が繋いでくれた。

その環境に感謝する気持ちが大切です。

そうやって俯瞰して物事を観ることができれば、冷静に良いメンタルで試合に入っていけることでしょう。

■普段の生活、練習の中で「2-2の場面」をイメージできているか?

2―2で試合が自分に回ってくるような場面では、1ポイント、1球ずつが本当に大切になってきます。

これは練習で意識しようと思っても、なかなか難しいでしょう。

それくらい、実際の試合の緊張感は度を超えて高まっていることが想定されます。

それでも普段の練習から、自分にいかにプレッシャーをかけられるか、が大事な試合で活きてきます。

諦めないで、最後までボールを追えているか。

自分に課したトレーニングは計画通り進んでいるか。

最後の最後で、頼れるのは自分の積み重ねだけなのです。

 

■アナタが積み重ねてきた練習を「可視化」して準備しておきましょう

その為にも、試合前にアナタの積み重ねてきた練習・トレーニングを「可視化」できるような準備をしておきましょう。

テニスノートは最適です。

スマートフォンの動画で記録しておくのも良いでしょう。

こういうルーティーンは、団体戦の試合以外でも実践して、なるべくいつもの状態でチームの勝敗のかかった大切な試合に臨めるように、しっかり準備しましょう。

 

私の経嬢、自分の為だけに頑張る、のには限界があります。

周りの為に、支えてくれているチームの為にと考える人は、最後の最後で試合に強い。

自分の為なら、諦めも早いのですが、自分以外の誰かの為に頑張れる人は最後までプッシュできるのです。

アナタは、誰かの為にテニスの試合をやり遂げたことは、ありますか?

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    今から始めても遅くない「客観的に自分のテニスを見つめる」為の手段5つ

    もうすぐ4月。何か新しいことを始めたり、自分自身を変えてみたい…

  2. テニス 睡眠

    メンタル

    大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4つのこと

    試合の前の日、緊張しますよね・・・。夜が明けたらもう試合、明日…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    アナタは一人で走っている?だったらここまで辿り着いていますか?

    3月は節目の時期。それは、学生さんだけじゃない、私たち大人にな…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい

    テニスは突き詰めたところで遊びですし、好きにやれば良いと思います。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

    試合の序盤に、自分の調子が悪いと感じる。問題は、そこからです。…

  6. テニス 気付き

    メンタル

    勝つために自分のテニスが制約される、その葛藤と生きていくしかない

    試合に出ていると、常に葛藤の連続。みなさんも、勝ちたいと思った…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合では、「ダブルス用サーブ」を考えると、必要な要素が見えてきませんか?…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの基本となる、「膝を曲げてトロフィーポーズ」は鏡を見ながらチェックしよう
  3. テニス メンタル

    その他

    「またあいつ、呼ばれてるよ・・・」テニスの試合、大会本部からいつも呼び出される恥…
  4. スマッシュ

    ロブが怖いんじゃなくて、スマッシュミスが怖いだけ
  5. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている
PAGE TOP