テニス ボレー

ボレー

テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

テニスの試合、いかに「予測」が大事かは何度も書いてきました。

その予測には、根拠が必要。

たくさんの経験を積んでいくことが効果的ですが、しっかりした知識があれば、経験を多く積まなくても的確な予測は出来るのです。

今回は、ドロップボレーを見切る裏技、教えます!

 

テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

 


 

■まずは結論から・・・

ズバリ、「相手の足が打つ前、先に止まってるとき」です。

ドロップボレーは、打つ前に独特の間があり、先に足が止まって自由に考えるような時間=間が出来ると、人はドロップボレーを打ちたくなるのです。

ネットプレーは激しく動くプレーが特徴ですが、どこかでフッと「先回り出来た」ような場面、アナタもありますよね。

そんなときには、前に落としたくなったりしませんか?

ドロップボレーを打ちたくなる間、はテニスの試合の中で何度も存在するのです。

それに気付けないと、ただやられてばっかり・・・になりますよ。

 

■試合では、ドロップ好きな選手とそうでない選手、しかいない

実際の試合の現場では、この2パターンで考えて欲しい。

この選手は、そもそもドロップが好きなのか、どうなのか?

一度はやられてみても良いと思います。

あとは、チャンスボールであえて少し後ろで待っておいて、ドロップを誘ってみる。

そこで序盤に打ってくれば、間違いなく「好き」な選手と言えるでしょう。

警戒度を上げて、対応出来ますね。

 

■ドロップを拾ってのポイント奪取は、最高に流れを呼び寄せる!

イメージしてみて下さい。

相手のドロップボレーを、先読みして拾って反撃する、そのポイントを奪う。

最高にテニスの試合の流れが動く、瞬間です。

その流れは、作戦の準備と観察眼だけで必ず持って来れる。

自分自身で、流れを呼び込んでいかないとテニスの試合では勝てない。

ましてや格上相手なんて、無理な話なのです。

 

上手い選手でも、必ず癖はある。

今回紹介したドロップボレーを先読みする裏技も、大げさに書きましたが「癖」を読むということ。

もちろん、これに当てはまらない選手もいます。

ですがそういった選手も、必ず別な癖はある。

「読めた!」と思ったら、思い切ってダッシュしていきましょう!

ドロップボレーのように変化を付けるショットは、その人の個性が出やすいのがテニス。

しっかり観察して、アナタ自身観察の経験値を積んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ラケット

    ボレー

    しっかりと重たいボレー、に変えていくための7つのコツ

    試合の中で使えるボレーは、相手をしっかり攻撃していくボレー。で…

  2. テニス ボレー
  3. テニス サーブ

    ボレー

    今一度、基本から見直したい、「ファートボレーがグダグダになってしまう人」の改善策5つ

    ボレーが上手い人・・・は、ファーストボレーのタッチが上手い。そ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟

    ダブルスの並行陣、または少しロブで下げられた場面。テニスでは、…

  5. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!

    ソフトテニス、軟式テニスを経験している方が硬式に移行した際に、難しい技…

  6. テニス 大学

    ボレー

    「ソフトテニス経験者の強みを活かす!」為に必要な、硬式テニスでのネットプレーの意識とは?

    中学でソフトテニスを経験して、高校から硬式を始める・・・という方も、多…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる
  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    誰もが出来ることを、誰も出来ないくらい続けるということ
  3. テニス 指導

    メンタル

    自分の失敗を本気で活かせる人は、実はすごく少ない
  4. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと
  5. テニス知識

    何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
PAGE TOP