ボレー

叩くふりしてドロップ、が試合で最高に使えるボレー

実戦的で、試合で使えるボレー。

私は、このドロップボレーを凄く試合で使います。

特に、初めて対戦するような相手では、効果が出やすい。

ぜひ、みなさんも試合で使って欲しい。

必要なのは、細かい技術ではないです。

 

叩くふりしてドロップ、が試合で最高に使えるボレー

 


 

1.必要なのは、演技力

どんなスポーツにも、相手を欺く行為、というのはあります。

フェイント、をかけて相手をある動きに誘う、想定させる。

そこから、真逆のショットを繰り出すことで、決まりやすくなる。

これに必要なのって、演技力なんですよね。

ボレーを叩く、強く打つぞ!と見せかけて、フワッと弱く、前に落とす。

これが出来るかどうかって、試合で勝敗に直結しますよ。

 

2.姑息な手段、と思っている人は損しているだけ

こういう技術の紹介をすると、必ずこういう声を頂きます。

「そんな姑息に相手を騙すようなことをしなくても、試合には勝てるよ」と。

確かに、そういう実力者の方もいるでしょう。

でも、私はそこまで力も無いし、決定力が低いと自覚しているので。

強く叩くような素振りを見せて、相手を後ろに下げたい。

後ろ足体重にしたい、そう考えています。

だって、その方が実際にポイントを楽に取れますから。

 

3.ドロップ系のショットが決まる法則、に気付こう!

まず、ショットの精度よりもタイミング。

しっかりと、相手が後ろに下がっている、意識も重心も、後ろに向いている時、がベストです。

どんなにネット際に落としても、相手に先にスタートを切られたら、拾われてしまう。

このショットの精度は、どんなに磨いても、ミスする時にはミスしますから。

だったら、磨くのは「演技力」であって欲しい。

私は、その方がより実戦的で、使えるドロップボレーになると思いますよ。

 

4.何回も対戦していたら、バレてしまう

でも、これもさすがに何回もやれば、バレます。

長く試合を戦ってきた人同士なら、「あいつの構え、フェイントだ!」と気付かれてしまいますからね。

そうなったら、普通にそのまま強く叩けば良い。

ドロップだと思って前に走って来るような相手なら、決まりやすいでしょう。

大事なのは、「強く打つぞ!」という構えから、本当に強く叩いたり、ドロップに切り替えたり、ということが出来るかどうか、ということ。

このプレーの幅、を意識して練習していけば、必ず試合に強くなるはずです。

 

どうしても、反射的に下がってしまう。

そんな威圧的な構え、を相手に見せつけましょう。

ハイボレー、叩くだけが能じゃないですからね。

同じ構えのドロップ、だから効果がある。

本当に、ちょっとの演技力で良いんです。

是非、普段から磨いてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

    ネットプレーに安定感がある人は、動き自体がシンプル。特に注意し…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばOK

    ボディに近い位置でのボレー、難しいですよね。「正面のボレーは、…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    自分のボレーがいつも浅くなる人は、「ボールの下側を触って」前に押し出していく基本を見直そう

    テニスでは、ボレーでも深さが重要。なぜならバウンドしたと同時に…

  4. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシャーの第一歩!

    大阪にある府立北かわち皐ヶ丘高校で、2カ月に一回くらい授業をしている。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りま…

  6. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステップです

    部活やテニススクールで頑張っている皆さんの中で、ハイボレーに自信がある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    「動く練習と緊張する練習」テニスの試合で活きる緊張感が練習では大切!
  2. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ
  3. テニス ボール

    戦術

    試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュがなぜ難しいのか、一番はコレです
  5. テニス 暑さ対策

    テニス知識

    水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
PAGE TOP