テニス スマッシュ

ボレー

「ハイボレー、からのドロップボレー」は試合で効果大

皆さんは「ドロップボレー」と聞くと、どんなイメージですか?

どちらかと言えば、ネットより低い位置からフワッとした感じで浅く打つ、非常に難しいショットの一つだという感じじゃないでしょうか?

確かにそういうドロップボレーもありますが、実はそれだけじゃない。

実戦的に使えるのは、むしろその逆で高い打点からのドロップボレーだったりします。

あくまで私の発想ですが、きっと皆さんの試合でも使える技術のヒントになると思いますよ。

 

「ハイボレー、からのドロップボレー」は試合で効果大

 


 

1.高い打点から落としたら、高く弾むんじゃない・・・?

と、皆さん思いますよね。

はい、もちろんこの法則には抗えません。

ですので、私自身もハードコートではこのショットはあまり使わない、そもそもドロップ系のショットが高くバウンドしがちなので、怖いサーフェスです。

ですが皆さんの試合は、結構オムニコートやクレーコートが多いはず。

こういったコートでは、バウンド後に弾まない、コートが吸収してくれる幅の方が大きいと私は思っています。

ですので、高い場所から落とすショットも、相手が追い付いてもそんなに怖くは無い。

触られる、くらいは折り込み済ですからね。

大事なポイントは、高い打点から打つことで「打ち込む」ような素振り、を見せることで相手を威圧することなんです。

 

2.「打ち込まれる」と思うから、人は下がってしまう

ドロップショットのポイントは、その精度じゃない。

いや、もちろん精度も大事なんですが、それ以上に相手をいかに下げるのか、後ろ足体重にさせたタイミングで繰り出すのかが大事。

打ち込まれる!と思うと、人は下がりたくなるし、意識が守備に向く。

ハイボレーって、まさにそういうショットじゃないですか。

だからこそ、アナタ自身相手を惑わす為にハイボレーの構えをしっかり見せて、そこからドロップ系のショットにもっていくことが大事なんです。

いかにも、という態勢からドロップボレーを打っても、相手は早く走り出す。

そうなると、どんなに良い精度で打っても、拾われてカウンターを喰らうのがテニスです。

いかに、相手を惑わすのか。

これには、ハイボレーのような構えで相手を脅すような意識が欠かせません。

 

3.ハイボレーで普通に決める、ポイントも大事

ですが、これもメリハリ。

相手にとってみれば、「この選手は、ドロップ好きだな・・・」となる訳です。

そうなると、普通にハイボレでパン!と打っていくようなポイントも大事になってくる。

脅しが脅し、とバレてしまうと意味が無いですからね。

だからこそ、しっかり打っていくポイントも作る、ドロップボレーの後には、意識して同じ構えからしっかり打っていく。

相手が何を考えて待っているのか、を考えれば、一つのショットだと危険・・・ということが分かりますよね。

最初に決めるショットから、ドロップ、でももちろんOK。

自分の中で、両方打てる選手を演じて相手を惑わしていきましょう!

 

ハイボレーは簡単そうで、難しい。

そして決まりそうで、なかなか決まらない。

決定力に乏しいと感じている方は、ぜひ今回のようなハイボレーからのドロップボレーも磨いてみて下さい。

意外と簡単に、ポイントが獲れる可能性も高いと思いますよ。

ただし、ネットから遠い場所から繰り出すのは・・・さすがにリスクが大きいでしょう。

まずはネット近くで、ぜひ試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

    男性のプロテニス選手の試合を観ていると、特に一般プレイヤーとの差で目立…

  2. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいのイメージで充分

    ハイボレー、頭より高い位置のボレーは皆さんどうでしょうか?結構…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合で、「前衛の足元にぶつけるポーチボレー」だけだと、試合後半は通用しなくなる

    テニスは人がするスポーツ。人の習性や構造を考えると、実は想定さ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボールの軌道に先回り、がボレーの基本中の基本

    ボレーはシンプルに、出来るだけラケットを動かさないこと。この基…

  5. ボレー

    バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

    試合をしていて、気が付けば自分のポジションがおかしい・・・という人。…

  6. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大
  2. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術
  3. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ま…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで遅いボールの返球が苦手な人は、「テイクバックしてからのフットワーク」…
  5. テニス 環境

    メンタル

    「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくこと…
PAGE TOP