テニス スマッシュ

ボレー

「ハイボレー、からのドロップボレー」は試合で効果大

皆さんは「ドロップボレー」と聞くと、どんなイメージですか?

どちらかと言えば、ネットより低い位置からフワッとした感じで浅く打つ、非常に難しいショットの一つだという感じじゃないでしょうか?

確かにそういうドロップボレーもありますが、実はそれだけじゃない。

実戦的に使えるのは、むしろその逆で高い打点からのドロップボレーだったりします。

あくまで私の発想ですが、きっと皆さんの試合でも使える技術のヒントになると思いますよ。

 

「ハイボレー、からのドロップボレー」は試合で効果大

 


 

1.高い打点から落としたら、高く弾むんじゃない・・・?

と、皆さん思いますよね。

はい、もちろんこの法則には抗えません。

ですので、私自身もハードコートではこのショットはあまり使わない、そもそもドロップ系のショットが高くバウンドしがちなので、怖いサーフェスです。

ですが皆さんの試合は、結構オムニコートやクレーコートが多いはず。

こういったコートでは、バウンド後に弾まない、コートが吸収してくれる幅の方が大きいと私は思っています。

ですので、高い場所から落とすショットも、相手が追い付いてもそんなに怖くは無い。

触られる、くらいは折り込み済ですからね。

大事なポイントは、高い打点から打つことで「打ち込む」ような素振り、を見せることで相手を威圧することなんです。

 

2.「打ち込まれる」と思うから、人は下がってしまう

ドロップショットのポイントは、その精度じゃない。

いや、もちろん精度も大事なんですが、それ以上に相手をいかに下げるのか、後ろ足体重にさせたタイミングで繰り出すのかが大事。

打ち込まれる!と思うと、人は下がりたくなるし、意識が守備に向く。

ハイボレーって、まさにそういうショットじゃないですか。

だからこそ、アナタ自身相手を惑わす為にハイボレーの構えをしっかり見せて、そこからドロップ系のショットにもっていくことが大事なんです。

いかにも、という態勢からドロップボレーを打っても、相手は早く走り出す。

そうなると、どんなに良い精度で打っても、拾われてカウンターを喰らうのがテニスです。

いかに、相手を惑わすのか。

これには、ハイボレーのような構えで相手を脅すような意識が欠かせません。

 

3.ハイボレーで普通に決める、ポイントも大事

ですが、これもメリハリ。

相手にとってみれば、「この選手は、ドロップ好きだな・・・」となる訳です。

そうなると、普通にハイボレでパン!と打っていくようなポイントも大事になってくる。

脅しが脅し、とバレてしまうと意味が無いですからね。

だからこそ、しっかり打っていくポイントも作る、ドロップボレーの後には、意識して同じ構えからしっかり打っていく。

相手が何を考えて待っているのか、を考えれば、一つのショットだと危険・・・ということが分かりますよね。

最初に決めるショットから、ドロップ、でももちろんOK。

自分の中で、両方打てる選手を演じて相手を惑わしていきましょう!

 

ハイボレーは簡単そうで、難しい。

そして決まりそうで、なかなか決まらない。

決定力に乏しいと感じている方は、ぜひ今回のようなハイボレーからのドロップボレーも磨いてみて下さい。

意外と簡単に、ポイントが獲れる可能性も高いと思いますよ。

ただし、ネットから遠い場所から繰り出すのは・・・さすがにリスクが大きいでしょう。

まずはネット近くで、ぜひ試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、相手ネットプレイヤーに足元を攻撃されても、「面だけ作るロブボレー」が打てれば反撃できる…

    ダブルスでの試合、前衛にいるときには相手の前衛に攻撃されるケースも多い…

  2. テニス ガット

    ボレー

    バックハンドボレーがいつも「ガシャ!」な人は、どうすれば良い?

    「バキッ!」「ガシャ!」今日もどこかで、バックハンドボ…

  3. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある

    ネットに出ることに、イマイチ踏み切れない人。そういう人は、この…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?

    俺の中でボレーというのは特別である。テニスを始めた高校生の頃、…

  5. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?

    自分が打ってるボレー、長さを上手く調整したい。ドロップボレーも…

  6. ボレー

    バックボレーのメリットは、ポジションがずれないこと

    試合をしていて、気が付けば自分のポジションがおかしい・・・という人。…

特集記事

  1. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試…
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく
  4. サーブ

    サーブ&ボレー、常識を変えていこう
  5. リターン

    リターンロブから相手を崩して、シンプルに決める方法
PAGE TOP