テニス スマッシュ

ボレー

ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレーは簡単に打てます

ダブルスの試合、レベルが高くなってくるとセンターはしっかり2人で守っている。

アングルボレーを相手コートのアレー打てると、その2人の間を空けさせることが出来ますし、プレーの幅が拡がります。

でも、コートの隅に打つのは技術的にも難しい・・・と考えている方、多いんじゃないでしょうか。

アングルボレーは、確かに難しい技術ですが、ポイントを押さえれば誰でも打てるようになります。

難しそうに見える技術こそ、考え方はシンプルに。

まずはラケットヘッドをしっかり立てて、ボールに入るようにしましょう。

 

ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレーは簡単に打てます

 


 

■ラケットヘッドを立てると、なぜボールに角度が付けやすいのか

テニスでボールを打つ方向を決めるのは、腕の振り・・・と勘違いしている人が多いようです。

確かにストロークでは少し、その傾向はありますが、一番大事なのはラケット面。

ラケット面がどうボールに当たるか、どこに当たるかによって、ボールの飛ぶコースが決まるのです。

アングルボレーでは、特にこの角度が大事になりますので、意識を高く持つ必要があります。

 

■ボールの横を触れば、自然に反対側に飛んでいく

シンプルに、こう考えてみましょう。

ボールを外側から、右側を触れば左側に飛ぶ、左側を触れば右側のコースに飛んでいきます。

当たり前のようですが、テニスではなぜか「ボールの後ろ」を打ち続けるスポーツという意識があるらしく、ボールの横を打つという感覚が難しい方が多いようです。

打点を前にとって、ラケットヘッド、ラケットの先が上向きの形を作れば、左右に飛ばすことは簡単です。

 

■ボレーでも横向きを意識すれば、より安定します

横向きを作って、打つ方向を見ない。

この基本、アングルボレーでも意識することが大事です。

自分の背中のほうに向かって飛ばすようなショットも、ネット近くでは必要になってきます。

まずはゆっくりしたボールから、このアングルボレーを練習してみて下さい。

コツさえ掴めば、試合で使える自信も付くはずです!

 

アングルボレーは、打つ技術がなくても打ってみる。

相手からすると、「失敗したのか、まだ技術が未熟なのか」は、分かり辛い。

もし「たまたま失敗した」という印象を与えることが出来れば、「サイドも守らないとな・・・」と思わせることが出来る。

こういう心理戦、試合で意識することが大切です。

出来るようになるまで、試合で使わない・・・なんて、もったいない。

そう思いませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット

    最近大活躍の、マクラクラン勉選手。まだ私自身、何度かテレビで観ただ…

  2. ボレー

    バックボレーをクロスに打つ、のは簡単なようで難しい

    バックボレーのコントロール、みなさんどうでしょうか。何となく、…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが大き過ぎるので試合で…

    「ボレーはラケットを引かない!振らない!」という感じのアドバイス、よく…

  4. テニス 打点

    ボレー

    テニスの試合では「ボールを打っていないときの動き」でネットプレーのレベルが決まる!

    「試合に強いか弱いか」は、ボールを打っていないときの動きで決まる。…

  5. テニス シングルス
  6. テニス リターン

    ボレー

    ボレーで身体が回転しない、だけで安定感は見違える

    ボレーのコントロールが安定しない人は、今一度この基本を。しっか…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう
  2. ダブルス

    並行陣で粘ってミスを誘うイメージ動画
  3. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由
  4. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合、ここぞの場面で強い選手になるには「プレッシャーの中での自分のプレー…
  5. テニス 攻撃

    フットワーク

    ライジングショットで攻撃してくる相手には、「速いタイミングのスプリットステップ」…
PAGE TOP