テニス メンタル

練習メニュー

いつものテニスの練習で、「試合で使えるイメージが沸かない」のであれば、まだ工夫が足りない

「この練習、実際身になっているのか?」

「実際に上達につながるのか・・・」

という不安、皆さんの中にはありますか?

全く無い、という方は・・・2パターンだと思います。

最高の環境で最高の練習が出来ている、トップレベルの選手。

もしくは、すごく鈍感で何も考えていない選手。

後者になってしまうと・・・とてもまずいなと、思うわけです。

 

いつものテニスの練習で、「試合で使えるイメージが沸かない」のであれば、まだ工夫が足りない

 


 

1.鈍感な人がやれば、最高の練習もエクササイズでしかない

練習の意味と目的を理解する。

そしてしっかり、自分を顧みながら練習していくことがテニスでは大事。

つい、普段の練習が「反復作業」になってしまいがちな人は、自分なりに何度も意識するようにしましょう。

「本当に試合で使えるのか?」というキーワード、そして使っているイメージ。

これが無いようであれば、試合と練習はますますかけ離れた感じになっていきます。

 

2.試合に使うために、技術を磨いているか?

試合で使うため、ということはミスが限りなく許されない状況。

練習ではボールもたくさん使えるし、ミスしてもあまり深刻な雰囲気にならない。

これではいつまで経っても、試合で勝てない。

工夫次第で、アナタのチームの練習だって変えていけます。

勝敗を付けてポイント制度にする、練習の最後の試合形式を全部記録しておく、レギュラーチームとの入れ替え戦を行う・・・など、やり方は色々あると思います。

球出し練習でも、「一番ポイントを獲られやすいシチュエーション」をリカバリーするパターンをやってみる。

全ては具体性があるかどうか。

抽象的なテーマで練習しても、鈍感な人にはなかなか効果がありません。

 

3.「たくさん失敗する」ことが練習で大事な要素

テニスはつい、自分が出来る練習、気持ち良いショットの練習になりがち。

たくさん失敗する経験が出来ていないと、それを試合で使っていこうという気持ちにもならない。

失敗を繰り返していたことが、少しずつ出来る確率が上がってくる、と試合で使ってみようかなという気持ちになってきますよね。

出来ることだけやるのが練習じゃない。

自分の中で、出来ないことを出来るようにして、試合で使える武器を増やすことこそ、練習で大事なポイントです。

 

試合は文字通り、試し合い。

試し合うのであれば、練習から色々試しておかないと試合で何も出来ないですよね。

思った以上に、試合は緊張するし何も出来ないことが多い。

そこで使えるイメージを養う練習、が出来ているかしっかり考えてみましょう!

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス イベント

    練習メニュー

    練習していることは、試合で使わないと練習にも活かせない

    何度か書いてきたことですが、もう一度、大事なことですので。自分…

  2. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント

    明日、試合がある。そういう人は、明日の試合の事を想定して、今現…

  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    ボレーボレーの応用編、「両足固定」で何回続くかやってみよう!

    練習前のアップで、ボレーボレーをやる機会多いと思います。ここで…

  4. テニス 読書

    練習メニュー

    テニスノートは、とにかく鮮度が命

    テニス選手として、しっかり意識したい部分。「当たり前」だと思っ…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    ラリーの球出し改革、全てが良い方向に

    テニスの練習、みなさんだとラリー練習が基本だと思います。どち…

  6. テニス フットワーク

    練習メニュー

    「このままじゃ、勝てない」と、練習で気付けるようにならないと

    毎日の練習、皆さんはどんな環境で行っていますか?自分より上手い…

特集記事

  1. サーブ

    試合で有効な相手への「ボディサーブ」を極めたいなら、狙うコースは身体の正面じゃな…
  2. その他

    良いフォームが必要という、危険な発想
  3. 戦術

    「で、君のプレースタイルは何?」テニスの試合で必要な、攻撃とミスをもらうという攻…
  4. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入ら…
  5. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、自分で決めている場合がほとんど
PAGE TOP