テニス ボレー

ボレー

テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが大き過ぎるので試合で使えません

「ボレーはラケットを引かない!振らない!」という感じのアドバイス、よく聞きますよね。

とはいえ、これを実践すると全く飛ばないボレーになってしまい、パンチ力に欠けてしまうのも事実。

もちろん初心者の頃は「振らない」という意識でちょうど良いのですが、中級者以降はしっかりラケットを動かしてスライス回転、アナタ自身も自然に出来ているはずです。

ただ、注意したいのはテイクバックの大きさの問題。

これはかなり、シビアに試合で求められるポイントですので、意識してみて欲しいです。

 

テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが大き過ぎるので試合で使えません

 


 

■試合で使うネットプレーでは、ラケットを視界から消してはいけない

ネットプレーが安定している、上手い選手はテイクバックがコンパクト。

この「コンパクト」という言葉が難しいのですが、実際にはラケットを引いて動かしています。

その幅が、実に小さい。

どれくらい小さいかというと、自分の視界からラケットは消えないくらい。

肘からガッツリ後ろに引いてしまうと、視界からラケットが消えているはずです。

「そんなの意識したことない・・・」という方は、テニスに必要な「周辺視力」を鍛えていきましょう。

どこか1点を集中して観つつ、周りの視界に入って来る部分も把握できるように。

打った後も、ラケット面は上向きをしっかりキープ

常に練習の中から意識してみて下さい。

 

■斜め前、少し上にラケットセットするだけ、で準備は完了!

「適格な準備と、コンパクトなボレー」と一言で表現しても、なかなかイメージが難しいですよね。

ボレーが来ると分かったら、まずはラケットを上にセットしましょう。

アナタの顔の位置より、少し上にセット。

ラケットを引くのでは無く、セットするくらいの意識を持ちましょう。

これからボレーを練習するときには、ぜひ「セット!」と声に出してみて下さい。

声に出すことで、身体が反応して適格な準備に近付けるはずです。

 

■パンチ力は下半身から、上半身はシンプルな動きに終始することで安定する

この身体の前にセットする形からのボレー、ポイントは下半身です。

パンチ力やボールの伸びは、しっかりとした足の踏込みで加えていくことが出来ます。

右利きの方のフォアボレーであれば、右足でコートを蹴って、左足を前に出しながらボレーする。

ボールがインパクトする瞬間には、まだ左足は浮いている状態を保てると、きっと伸びのある良いボレーになるはずです。

まずは素振り、シャドースィングからイメージ付けを行っていきましょう!

 

もう一つ、大事なネットプレーの要素を忘れていました。

それは、しっかり打ったらポジションを戻すこと。

足を大きく踏み込めば、その分打った後の位置はずれています。

前に動くのを計算して戻らない、のであればOKですが、基本は前に出した分後ろにしっかり戻る。

このスピードも、テニスではものすごく大事になってきます。

普段の練習から、コンパクトな準備、それから足を戻す速い動きを意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 技術

    ボレー

    バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう

    バックハンドボレーのコントロール、悩んでいる方も多いでしょう。…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい

    ボレーは少しだけ、スライス回転をかける。確かに、これは硬式テニ…

  5. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる

    テニスの試合の中で、攻めているのに決まらない。毎回相手に返球さ…

  6. ボレー

    テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4つ

    ネットプレーの中で難しい技術の一つに、「身体の正面にきたボールをボレー…

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、「フォアハンド狙い」を大事なポイントに取っておこう
  3. 戦術

    攻撃力を上げることについて、本気で考えよう
  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来…
  5. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?
PAGE TOP