テニス ボレー

ボレー

テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが大き過ぎるので試合で使えません

「ボレーはラケットを引かない!振らない!」という感じのアドバイス、よく聞きますよね。

とはいえ、これを実践すると全く飛ばないボレーになってしまい、パンチ力に欠けてしまうのも事実。

もちろん初心者の頃は「振らない」という意識でちょうど良いのですが、中級者以降はしっかりラケットを動かしてスライス回転、アナタ自身も自然に出来ているはずです。

ただ、注意したいのはテイクバックの大きさの問題。

これはかなり、シビアに試合で求められるポイントですので、意識してみて欲しいです。

 

テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが大き過ぎるので試合で使えません

 


 

■試合で使うネットプレーでは、ラケットを視界から消してはいけない

ネットプレーが安定している、上手い選手はテイクバックがコンパクト。

この「コンパクト」という言葉が難しいのですが、実際にはラケットを引いて動かしています。

その幅が、実に小さい。

どれくらい小さいかというと、自分の視界からラケットは消えないくらい。

肘からガッツリ後ろに引いてしまうと、視界からラケットが消えているはずです。

「そんなの意識したことない・・・」という方は、テニスに必要な「周辺視力」を鍛えていきましょう。

どこか1点を集中して観つつ、周りの視界に入って来る部分も把握できるように。

打った後も、ラケット面は上向きをしっかりキープ

常に練習の中から意識してみて下さい。

 

■斜め前、少し上にラケットセットするだけ、で準備は完了!

「適格な準備と、コンパクトなボレー」と一言で表現しても、なかなかイメージが難しいですよね。

ボレーが来ると分かったら、まずはラケットを上にセットしましょう。

アナタの顔の位置より、少し上にセット。

ラケットを引くのでは無く、セットするくらいの意識を持ちましょう。

これからボレーを練習するときには、ぜひ「セット!」と声に出してみて下さい。

声に出すことで、身体が反応して適格な準備に近付けるはずです。

 

■パンチ力は下半身から、上半身はシンプルな動きに終始することで安定する

この身体の前にセットする形からのボレー、ポイントは下半身です。

パンチ力やボールの伸びは、しっかりとした足の踏込みで加えていくことが出来ます。

右利きの方のフォアボレーであれば、右足でコートを蹴って、左足を前に出しながらボレーする。

ボールがインパクトする瞬間には、まだ左足は浮いている状態を保てると、きっと伸びのある良いボレーになるはずです。

まずは素振り、シャドースィングからイメージ付けを行っていきましょう!

 

もう一つ、大事なネットプレーの要素を忘れていました。

それは、しっかり打ったらポジションを戻すこと。

足を大きく踏み込めば、その分打った後の位置はずれています。

前に動くのを計算して戻らない、のであればOKですが、基本は前に出した分後ろにしっかり戻る。

このスピードも、テニスではものすごく大事になってきます。

普段の練習から、コンパクトな準備、それから足を戻す速い動きを意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めることです

    先週末の練習で、一つ気になることがあったので書いてみます。「ポ…

  3. ボレー

    ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

    ダブルスの試合で、サーブ&ボレーで前に出る。並行陣には必須のス…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること

    「どうしても、ボレーが出来ません!」というご相談を、よく学生の…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーの一番のコツは、思い切ってラケット面を下に向けること!

    相手から足元を狙われる、ネットプレーではよくありますよね。そん…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    コントロールの良いネットプレーは、「ボールを飛ばす方向を見ない」ことから

    私がこのコツを掴んだのは高校一年生のとき。それまでは、打つ方向…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう
  2. テニス ストローク

    その他

    アナタのテニスは、「たくさんの人に支えられている」ということだけは、覚えておいて…
  3. サーブ

    リターナーを外に追い出す、スライスサーブを身に付けるには?
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?
  5. ストローク

    テニスの試合でバックハンドを振りきれない、「スライス依存症候群」に陥ってはいない…
PAGE TOP