テニス ストローク

ボレー

片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?

片手バックハンドボレー、特に男性は使う方が多いですよね。

でも、ちょっと待って下さい。

アナタのバックハンドボレー、何となく「両手打ち」に近い感じなってませんか?

その背景には、恐怖心があると私は思います。

 

片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?

 


 

1.力が入り辛いから、両手で打ちたくなる

そもそも、バックハンドは力が入り辛い。

普段の動作で、手の甲を使って押し出していく・・・みたいな動作は無いですからね。

押すなら手のひら、を使うから慣れない動作なんです。

だから力が入り辛い、ボールの重さに負けてしまうような恐怖心が勝ってしまって、「両手のような片手」バックハンドボレーになる人が多い。

両手なら両手、でしっかりグリップを両手で持たないといけないのに、両手が崩れていくような片手バックハンド、になっている方は直していきましょう。

 

2.片手バックハンドは、「途中から片手」の動きになる

まず、基本からおさらい。

右利きの方は、左手をしっかりラケットのスロート部分に添えることが出来てますか?

この時点で、自然にバックハンドボレーのラケット面が、相手方向に向いているように。

ボールがバックハンド側に飛んで来たら、左手手動でセット、そして少し横向きに肩を入れた構えた状態からラケットを出していく。

そう、出していくときに左手がスロートから離れて、片手の動きになる。

セットまで、添えた手は離さないようにしておくと安定します。

ラケットを前に出し始めたら、左手はそのまま、もしくは弓を引くように軽く後ろ上方向に上げていく。

これで身体の開きが抑えられて、パンチ力があるボレーになるはずです。

 

3.右利きの人は左手、左利きの人は右手に意識を手中

出来るだけリラックスしたいので、意識は利き腕にはおかない。

とにかく反対の手、スロートに添えた手に集中しておくと、安定感もアップします。

セットして、打ちだしたらそのまま残す。

ムダな動きを入れない、シンプルに。

ここで両方の手が前にいく、ラケットを追いかけるように添えた手まで前に出ていくと、おかしな感じになってしまう。

改めて自分のバックハンドボレー、動画に撮影してみて下さい。

 

きっと、少しの違和感があればそれは直すべきポイント。

自分のバックボレー、とにかくシンプルにしていきましょう。

腕の力で飛ばそうと思うと、両手でぐしゃっとしたボレーになってしまう。

練習でじっくり、確認してみましょう!

 

今回のまとめ

片手バックハンドボレーは、途中まで両手で前に出していくときに片手に出来ると、安定する!

 

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ます

    ボレーやネットプレーが苦手な相手は、ずっと後ろでストロークばかり。…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践すると打ちやすい!

    今回は、ドロップボレーを打つ際のコツ、アイデアを一つご紹介。腕…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーに必要なのは、センス?」では無く、むしろその逆です

    よく、ボレーに必要なのは「センスですね」と言われることが多い。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です

    「これは、基本だから・・・」と、何も考えないで打っているショット。…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!

    今回も、私が試合で実際によく使う手をご紹介します。ダブルスの試…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよ…

    ダブルスでストレートアタック、をされたときに、しっかり返球出来るかどう…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「カットボレー」はしっかりスライスをかけていこう
  2. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?
  3. その他

    テニスとクラウドファウンディングについて
  4. テニス メンタル

    ストローク

    試合でエースを欲しているときは、アナタの歯車が狂い始めている予兆
  5. テニス ストローク

    ストローク

    相手ボレーヤーのどこを狙うのか、を明確にしよう
PAGE TOP