テニス リターン

ボレー

打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ

ボレーは、踏み込んでいく方向があります。

みなさんは、こんなアドバイスをもらったことはありませんか?

「打ちたい方向に、踏み込んでいきましょう!」

確かに、そういうボレーもあります。

でもそればっかり、じゃないですよね。

踏み込む方向と打つコースが同じ、って、どんなケースでしょう?

 

打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ

 

1.逆クロス方向は、同じになる

踏み込む方向と、ボールを飛ばす方向。

みなさん、イメージしてみましょう。

ボレーでは、逆クロス方向、に流すようなボレーになるときには、この考え方でOK。

前足で踏み込んで、力を伝えていけると良いですよね。

右利きの方のフォアハンドボレーなら、逆クロス方向に打つなら左足をしっかり、逆クロスの方向に踏み込んでいく。

この意識は、大事です。

でも、純クロス方向だと・・・どうでしょうか?

 

2.クロス方向へのボレー、踏み込む足は・・・?

これは、打つ方向と異なります。

純クロスの方向に打つときには、打つ方向と踏み込む方向は異なる。

先ほどの右利きのフォアハンドボレーであれば、左足はネットと垂直、くらいに出していく。

そして、ボールはクロス方向、左前に飛んでいく。

イメージ、出来るでしょうか?

ボールが飛んでいく方向に足を出すと、身体が開いてしまって良いボレーが打てない。

身体を閉じるようなボレー、がクロス方向へのボレーでは基本になります。

この動き、はちょっと「窮屈」に感じるかも知れませんね。

これが難しいんです、テニスは。

 

3.逆クロス方向へのボレーは簡単

私は、そう思います。

逆クロス方向へのボレーは、打つ方向が見えますからね。

純クロス方向は、踏み込む足とボールが飛んでいく方向が違いますから、窮屈になるんです。

でもこの窮屈さ、が、安定の元。

ほとんどの方が、身体が開いてしまいますからね。

踏み込み足を、しっかり意識すれば安定感が増す。

逆クロスは、打ちたい方向に。

純クロスは、それが異なる。

この意識だけだいぶ違いますよ。

 

4.ネットプレー、逆クロス方向に力強くボレーを!

今回、私が伝えたかったのはこれです。

逆クロス方向、なら足を踏み込んでいく、その方向がボールの軌道と一緒で良い。

だからこそ、足で運ぶ。

足で運ぶボレーは、逆クロス方向に力強く打ちやすい。

この意識、希薄な人が多いんですよね。

踏み込み足を使うことで、逆クロス方向のボレーはグッと安定する。

なかなか、力を伝え辛いじゃないですか、逆クロス方向へのボレーって。

足で伝える、踏み込んで伝える。

これが一番ですよ。

 

力んでも、良いボレーは打てません。

しっかりリラックスして、上半身ではなく下半身で伝える。

これが大事。

逆クロス方向、純クロス方向、踏み込み足はみなさん、どうですか?

意識を向けるだけで、安定感もパワーも向上出来るはず。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

    相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「軸足セットで、踏み込みながらボレー」の基本を確認しよう

    ネットプレーでなかなかポイントが獲れない人は、この基本から見直したい。…

  3. テニス スライス

    ボレー

    速い展開では、意外と相手のフォアハンドボレーは狙い目

    ボレー戦になったときの、相手の狙い目。意外と、フォアハンドボレ…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレー、「ラケットが加速した状態」で打っていこう

    私が皆さんに、今すぐ身に付けて欲しい技術。それは、「ドライブボ…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ネットから遠いから、ドライブボレーが効果的

    試合で使える、実戦的なショット。私は、このドライブボレーはぜひ…

  6. ボレー

    試合で相手にボレーされるの、全然怖くない!

    試合で、相手がネットに出て来る。パッと見、プレッシャーは凄いよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 凌駕

    テニス知識

    あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安…
  3. テニス 部活

    その他

    関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える
PAGE TOP