テニス ボレー

ボレー

ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る

ポーチボレーの基本、それはシンプルに打つこと。

相手のリターン、も結構力がある場合が多いですからね。

相手の打つコースに先回りして、コントロール勝負。

ここで意識したいのが、今回のテーマでもあるラケット面です。

これを意識するだけで、確実にアナタのポーチは変わります。

安定感も出て攻撃力も上がる、しっかりダブルスでポイントが取れる前衛になる。

ぜひ、意識して欲しい簡単なコツです。

 

ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る

 

1.決まる雰囲気が無い、飛びつき型のポーチボレー

みなさんの周りにも、いませんか?

前衛のポーチボレー、で相手のリターンに飛びつく人。

両足は浮いてるし、触るのがやっとなボレー・・・決まる雰囲気、ありますか?

相手のリターンの側、の方が強気になるだけですよ。

この飛びつき型のボレー、が普通のポーチボレーだと思っている方、多いんですよね・・・。

何度も書いてきましたが、これではボレーでポイントが取れない。

相手が打つコース、に先に動いて待つ、くらいの感覚が大事。

プラスで今回は、動く前に終えておくこと、を考えてみましょう。

 

2.先にラケット面を作っておく

前衛で、味方がサーブを打つ。

そこで、もう私はラケット面を作ってしまいます。

自分が動き出す前に、手首を固めてある程度ボレーをイメージしておく。

もちろん、フォアボレーかバックボレーか、ポーチに出てみないと分からないのですが・・・例えば、右利きの方がデュースサイドの前衛、であればほぼフォアボレーでしょう。

7:3くらいの意識、で良いと思います。

手首の形を決めてしまって、動いて待ち構えて打つ。

もし「3」の側、つまりバックボレーに来たらどうするのか・・・と言えば、もうその手首のまま、で打つ感じでOK。

手首の形はある程度決めておいて、狙うコースは一緒。

ポーチボレーで大事なのは、予めある程度打つコースを決めておくこと、そして手首の形を作って動いて打つ、ことです。

 

3.相手が打ってからバタバタ決めても、遅い

昔は私も、こうでした。

相手が打って、それからボレーの打点を考えて手首を決めて、コースを狙う・・・。

やっぱり難しいんです、これ。

すごく忙しいし、バタバタする。

みなさんの周りでポーチボレーが上手い人って、もう「決まったコース」で毎回ポイントを取ると思いませんか?

これは、もうその人の「型」なんです。

動き出す前から、イメージして形を作っておく。

後は味方のサーブに合わせて、いつも通りボールの向きを変えるだけ。

シンプルなので、ミスが少ないんですよね。

 

4.ボレーに大事なのは、先に決める決断力

ポーチボレー、だけじゃないんですけどね。

ボレーって本当に、先に決めておく、その後にボールが飛んで来る。

このリズム、ぜひ練習から意識してみて下さい。

苦手意識がある人って、技術が足りないんじゃない。

優柔不断で、準備不足なだけ、なんです。

テニスは、ある程度攻撃のコースは決まっている。

ポーチボレーなら、相手の2人の間のセンター、または角度を付けたアングルボレーの2カ所、の3カ所くらいでしょう。

狙いところは、スパッと決める。

後は思い切って、動くだけですね。

先に形を、ラケット面を作ってから、です。

 

ポーチボレーって、本来簡単なはず。

味方のサーバーのパートナーと、打ち合わせをして出る、と決めたら出るだけですからね。

動きは激しいけど、だからこそ手先の動きはシンプルに。

自分で難しくすること、だけは避けましょう。

それだけで、ダブルスの試合でのポーチボレー、絶対に上手くなるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減するはず

    ウィンブルドンの試合を観ていると、改めてシングルスのネットプレーの重要…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「ネットプレー、最大の武器とは?」テニスでは回転量でプレーの手堅さをアピールできる

    ネットプレーヤーの一番の武器は何だろう?キレのあるショット?…

  3. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

    テニスの試合で、ミスして落ち込むのがハイボレー。ダブルスでもシ…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

    特にネットプレー、ボレーのときに、ですね。皆さんも経験があるん…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲が狭いからポイントを…

    シングルスの試合で、ストロークの戦いだけになってしまうこと、多くないで…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーでミス、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないだけ

    「ダブルスの試合、ポーチに出ても決まらなくて・・・」というお悩み、たく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる
  2. テニス 戦術

    ボレー

    「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる
  3. サーブ

    ダブルスの試合で、「前衛がポーチに出てくれない・・・」と思っている人は、自分のフ…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    安定して深く入れる、にはラケットを振り切るに限る
  5. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブ、実際の試合では「どの程度の威力」を求めるべきだろう?
PAGE TOP