テニス ダブルス

ストローク

いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう

「ストロークの打点は高い方が良いって、どれくらい高くないとダメですか?」

というご質問を、よく頂きます。

この打点の高さ、を考える前に、今回は「打点の低さ」も考えてみましょう。

なぜ、私が声高に「ストロークの打点の高さ」の必要性を訴えるのか。

それは、いわゆる「テニスの基本」自体が怪しいからです。

そう、みなさんが普通と感じているストローク、これは「低い打点」であると。

私は今日、ハッキリ申し上げたいと思います。

 

いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう

 

1.何気ないストローク、全て打点は低い

みなさんが普段打つストローク、「普通の打点」ってどれくらいの高さでしょうか?

恐らく、地面から30~50cmくらい、自分の膝くらいの高さだと思います。

この高さが、打ちやすいしテニスの基本、と習うことも多いですよね。

確かに、一番最初はこれで良いと思います。

でも、試合に出るようになる、初中級くらいのレベルになってくると、話は別です。

膝の高さって、打点としては「低い」と私は思います。

今回はその理由、ハッキリさせておきたいと思います。

 

2.膝の高さまで、「ボールが落下しているところを打つ」機会が多くない?

みなさんも、きっと何気なく打ち返しているボールの中に、こういう機会は多い。

ボールがバウンドして、落下してくるところを打つ、ことが多いと思います。

膝くらいの高さで打つストロークって、そうじゃないですか?

高いバウンドだと、尚更ですよね。

こういうボールって、重力の力を受けて下方向への力が結構強いんですよ。

だから、持ち上げるだけで力を使う。

みなさんが知らず知らずのうちに、手首や肘を痛めるのは、この重力に抗うようなストロークの打点、になっているから。

だから低い打点だと、疲れるし身体を痛める、しかもネットがあるテニスというスポーツではミスも増える。

良いこと無し、なんですよね。

 

3.基本を疑うからこそ、テニスは強くなれる

まずは、しっかり基本を学ぶ。

膝の高さのストロークも、通る必要のある道です。

でも、その道をずっと歩いている打だけじゃダメなんです。

自分の歩いている道、テニスの基本をも、疑ってみる。

そこにテニスの成長のヒントがあるはず、なんです。

膝の高さの打点のストロークは、一見キレイに見えますが実はもっと高い打点の方が試合向き。

ライジングショットは相手に時間も与えないし、ボールが上方向にバウンドしている力を使うから、重力とは逆の上方向に伸びていく力を使える。

もちろん、タイミングを取るのは難しいですよ。

だからこそ、得るものが大きい。

高い打点とライジングショット、は相性ピッタリで車の両輪のようなもの。

アナタ自身がこれから目指すストローク、テニスのスタイルなはずです。

 

4.ボールを待って打つ癖、を止めよう

ストロークは特に、そうですね。

相手のボールを、待ち過ぎない。

しっかり自分からコートの中に入って、打ち込んでいく。

これは、何も男性の上級者だけのスタイル、ではないですよ。

女性のベテラン、シニアのプレイヤーの方だって全然出来るし、むしろここにしか活路を見出すことが出来ません。

相手のボールの力を利用する、その為に打点の高さは膝、ではなくて腰から胸の高さに上げていく。

結構大変ですが、強い意志があれば大丈夫。

しっかり自分のストローク、の考え方から変えていく意志を持ちましょう。

 

もしかしたら、こういうテニスは基本を重視するテニススクールでは注意されるかも知れませんね。

でも、私は必要だと思いますよ。

決断力があれば、身体が自然に動く。

膝の高さまで落として打つストロークは、言い方は悪いですが、逃げているだけ。

ミスしないように、何となくみんなと同じような打ち方で・・・という感じ、じゃないですか?

攻撃的なストローク、高い打点のストローク、で試合に勝てる選手になっていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう

    ストロークのスウィングスピード、しっかり上げて攻撃的にしていく。…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    インサイドアウトのストロークで、ストレートへの展開力を高めよう

    ストロークで相手を動かす、攻撃する。こういう時に必要なのは・・…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェンジと打点をしっかり…

    学生の皆さんの中で、片手バックハンドストロークを得意にしている人、どれ…

  4. テニス テイクバック

    ストローク

    「相手ボールのアウトを期待」していると、一生ストロークのテイクバックは改善されません

    この人、ストローク安定しているな・・・上手いな・・・と感じる人の共通点…

  5. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない

    試合で使える、「ショートクロス」のショットを打ちたい!と考えて…

  6. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めてみよう

    「テニスを始めてみたけど、全然上達しない・・・」と、悩んでいる方も多い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる…
  2. テニス 準備

    その他

    カウントに疑問を持ったら、必ずクリアしてから入ること
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違い
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーのトスアップは、もっとリターンの選手に向かって上げて良い…
  5. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処…
PAGE TOP