戦術

考えた時点で、もう遅い

テニスの試合の現場は、スピード勝負。

ラリーが始まったら、もう止まるまではノンストップですよね。

何か作戦が上手くいかない時、それは自分が考えている時。

そう気付ければ、きっと練習から意識は変わるでしょう。

試合と練習の、大きな違い。

それは、つい「考えてしまう」ところだと思います。

 

考えた時点で、もう遅い

 


 

1.練習って、無心

でも出来る、じゃないですか。

気付かないだけで、アナタ自身きっと練習は無心でやっていることが多い。

「いや、ちゃんと考えてやってるよ!」という方もいるでしょう。

でも、考えないでも大丈夫な環境、が多いはずです。

いつもの場所、いつものメニュー、いつもの仲間で、試合のプレッシャーは無い。

これが試合になると、全てが覆される。

「どうしよう、どうしよう・・・」とずっと考えているから、何も出来ないで終わってしまう。

練習は無心、で出来てしまうところから意識を変えていく必要があるでしょう。

 

2.自分にはどんな「型」があるんだろう

プレーの組み合わせ、そんなに多くは無いはず。

つい、試合になると何でも出来そうに思えて、それを選んでいる感覚で考えてしまう。

もっと、シンプルに型を意識して良いと思いますよ。

例えば私なら、ダブルスでサーブを打つならサーブ&ボレー。

ファーストボレーは基本はクロス、浮いてきたらストレート、次のセカンドボレーではドロップボレーを狙う。

この基本の型、を準備して相手によって少し変えたりするくらい。

基本の型があるから、そんなに考えないんですよね。

みなさんも、こういう基本を準備しておくとすごく楽だと思いますよ。

 

3.基本から外れる時には、身体が反応出来るように

基本の型から外れる場合、それも考える時間はありません。

想定外に相手のショットが良い、時にどうするのか。

これは、身体で反応出来るように練習しておくしかない。

「いつもと違う!」と、無意識で身体が反応してくれて、何とかなるんですよね。

これも、基本の型を自分の中で用意しているからこそ。

型が無い人は、何でも出来ると思って、考えて結果が出ないで何も出来ない。

この違いって、大きいですよ。



4.「結論が出ない」ミスは、減らせる

これを減らせば、試合で勝てます。

自分が何がしたかったのか分からないようなポイントを、減らす。

なかなか0には出来ないと思いますが、型を作っていくことで減らすことは出来ます。

常に相手の空いているポイントを探し、自分の型で狙っていく。

やることは、すごくシンプルですよ。

シンプルだから考えなくて良い。

みなさんにも、きっと出来るはずです。

 

5.お勧めの練習法

今回も、必要なのはペンとノートです。

今まで、自分が試合をしてきた中で、ポイントが多く取れたパターンを書き出してみましょう。

そこから、相手と3往復ラリーするくらいで、どうポイントを取るのかを決めてみる。

当然、その通りにいかなくても大丈夫。

まずは型を作ってみて、考えないでもプレー出来るように自信を付けてみましょう。

そして練習の中で、型から外れた時にどういうプレーがあるのか、出来るのか、を確認する。

試合で考え過ぎてしまう人は、整理して結論を出しておきましょう。

 

悪いことじゃないんですけどね、考えて試合をする。

でも、何かしらの結論は出してショットを振り切らないと、試合ではなかなか勝てない。

自信を持ってプレーしている強い人は、ただ決めているだけ、型があるだけ。

そう思えたら、結構自分も出来そうに思えませんか?

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. 戦術

    テニスは練習から「混ぜる」のを癖にしよう

    スピンの中に、スライスを混ぜる。センターセオリーの中に、ショ…

  2. テニス 準備

    戦術

    自分が打ったボールを、その感触で判断出来るようになろう

    例えばみなさん、相手がすごく素早い、粘り強い。こういう選手って…

  3. 戦術

    強い人は、ただ〇〇なだけ

    この〇〇に、みなさんはどんな言葉をイメージしますか?もちろん…

  4. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

    ダブルスの試合、相手をチェックしていると見えて来るものがある。…

  5. 戦術

    大事な試合に、どう臨むのか?

    ウィンブルドンも佳境に入って来ましたね。今夜は、男子シングル…

  6. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス タオル

    テニス知識

    テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. ロブ

    女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう
  3. テニス ロブ

    メンタル

    「もっと厳しくテニスを指導して欲しい!」と言う人ほど、きっと実際の厳しい指導には…
  4. テニス 評価

    日々の雑記

    部長やキャプテンの代が交代する・・・時期ですね
  5. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな…
PAGE TOP