ボレー

少し前に出るだけで、前衛は効果大

ダブルスで前衛、ネット近くに立っているつもり。

それって、本当にネット近くですか?

アナタ自身、自分がどこに立って、どの程度相手に影響を与えているのか、を考えないと。

こういうのって、あまり深くは教えてくれないですよ。

アナタ自身が気付くかどうか、です。

 

少し前に出るだけで、前衛は効果大

 


 

1.50cmで、全然違う

実際、相手にしてみたら分かります。

自分が後衛で、相手の前衛が50cm前に来るだけで、かなり嫌。

圧迫感が、全然違うはずです。

立っている場所を、細かく自分で調整して相手にプレッシャーをかける。

50cmで良いので、前、後ろ、を調整してみて下さい。

相手の小さいミスを引き出す、その工夫はこの50cmにあります。

アナタ自身が変化を付けること、が大事なんです。

 

2.50cm前に出れば、相手は避けて来る

それが、ロブなのか、ショートクロスなのか。

強い相手ほど、前に出たアナタ自身を避けるようなショットを打って来ます。

「50cmで、そんなに変わる?」と思うかもしれませんが、変わります。

変わらないなら、もっと前に出て良い。

前衛の仕事について、もう一度確認しましょう。

前衛の仕事とは、相手の後衛にプレッシャーをかけること。

相手に影響を及ぼしてこそ、アナタ自身の前衛の存在感がある、という証拠になるんです。

 

3.避けられていない前衛、ほど悲しいものは無い

相手から、舐められている。

いてもいなくても気にしない、触られても怖く無い、と思われている。

こういう状態になってしまったら、もう勝つのは難しいでしょう。

アナタ自身、きちんと「避けられる」前衛になれてますか?

それになるには、技術じゃない。

そういう発想こそ、一番上達を遅くするんです。

必要なのは、50cmの出し入れ、です。

 



 

4.前に出て、次は下がっての繰り返し

前衛の仕事は、ポーチボレーを決めること。

それは、あくまで一部です。

ポーチに出ないまでも、前後のポジションを微妙に調整して、プレッシャーをかける。

前に出て、次は下がってロブを誘う。

この繰り返しをするから、クロスにも弱々しいショットが来る、ミスも誘える。

ポーチに出ないときはずっと動かない、ジッとしている前衛、多くないですか?

それでは、なかなか試合に勝てない。

これに気付けるかどうか、もアナタ次第です。

 

5.お勧めの練習法

縦半面のコートで、ボレー対ストローク。

これを、ボレー側がどんどんポジションを変えてやってみましょう。

基本ポジションは、サービスラインの一歩前、ネット寄り。

前に詰め過ぎないでスタートして、ここから前に詰めていく。

ストローク側の選手が気付いたら、ロブを上げる。

ロブを誘うようにして、先に前衛が下がってもOK。

この駆け引き、をお互いで観察しながらアグレッシブに動いてみましょう。

お互いに、決めたり抜かれたりしてOK。

大事なのは、相手を出し抜く、プレッシャーをかけるという意識です。

 

前衛のポジション、自分でどんどん変えましょう。

変えて相手が、どういう変化を起こすのか。

これに気付ければ、アナタ自身まだまだ強くなります。

少しの前衛の詰め、でプレーは変わります。

アナタ自身でまだまだ、工夫出来ることはありますよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「ロブじゃない!って思ったら・・・」ネットへのダッシュが求められるスポーツ

    ボレーは、攻撃としてかなり有効に使える。ストロークよりもポイン…

  2. テニス ガット

    ボレー

    バックハンドボレーがいつも「ガシャ!」な人は、どうすれば良い?

    「バキッ!」「ガシャ!」今日もどこかで、バックハンドボ…

  3. テニス ボレー
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでいつも「アウトボールを触ってしまう」のは、自分の膝が伸び切っているから

    自分が前に出て、ネットプレーでよしチャンス・・・!と思っても、…

  5. ボレー

    ボレーボレーで毎回スプリットステップ、は必要無し!

    これも、ちょっとした常識破り・・・なことかも知れませんが。もち…

  6. テニス メンタル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークでダウンザライン」に打てないと、シングルスの試合では相手…
  2. リターン

    リターンを低く、鋭く沈めるコツとは?
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が試合序盤に上がらない人は、「長めのフォルトから短く調整していく癖」…
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・…
  5. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている
PAGE TOP