ボレー

自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?

ダブルスの試合で、リターンを前衛が誘う。

昨日のミーティングでも話題になったこのテーマですが、大事なのはやはりポジショニングです。

ストレートに誘ったら、やはり前衛はしっかり攻撃したい。

ただ返すだけなら・・・誘った意味、あまり無いですよね。

 

自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?

 


 

1.まず、相手に気付かれてる?気にされてる?

アナタ自身が、前衛でフェイントを入れる。

そこで、大事なのは相手の後衛、リターンの選手です。

しっかり、気付いてますか?アナタ自身が誘っていることに。

これが気付かれていないと、非常に寂しいですし、意味が無い。

ハッキリとセンターストラップ近く、まで動いて良いと思います。

「そこまで動くと、戻れないかも・・・」と思えるくらい、の場所まで行って、誘わないと。

ノーリスクでは、何も得られません。

2.フェイントを入れたら、前に詰める!

相手のリターンを、ストレートに打ってもらう。

これが目的ですから、その時のポジションは?当然前ですよね。

相手を誘っているので、そこで決めないと意味が無い。

しっかり前に詰めて、相手のいないところを狙いましょう。

前に落としても良いし、アングルボレーでも良い。

安易に相手の前衛の足下、は狙わないこと。

しっかり詰めていれば、相手が触れない場所を突くくらいの意識でいきましょう!

 

3.詰めたなら、コンパクトなボレーで

私はいつも、しっかりボールを下に打つ、コンパクトなボレーを意識しています。

詰めているので、相手が打ってから自分が触るまでの時間も少ない。

前にセットしているラケットが、そのまま前で終わるようなイメージですね。

テイクバックは必要無いし、ボールにも力があるのでその向きを変えるだけ。

という感じ、楽に構えておきましょう。

打つ前の動作、がその分大変ですから。

フェイントをかけて、前に詰めて・・・の部分、これをしっかりやりましょう!

 

4.上手くいっても、「当たり前」

せっかく誘って、相手が乗ってきた。

その時に、気持ちが高ぶり過ぎないことです。

相手がせっかくはまってくれたのに、アナタ自身が慌てているともったいない。

予測が当たる、相手をはめるのは、当たり前のように出来るんだと。

自分で言い聞かせながら、慌てずにいつも通り決める。

「いや、そんな上手くいかないよ・・・」と思っている方ほど、自分に暗示をかけましょう!

上手くいくのが、当たり前。

これ前衛のキーワード、ですね。

 

誘って決めると、気持ち良いですよ。

相手よりも精神的に優位に立てますし、相手は「やられた・・・」となりますから。

誘って前に詰めて、決める。

前に詰めれないと、いつまで経っても「ストレートケア」のままの前衛ですよ。

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. ボレー

    ハイボレーカットの処理、返球が甘くなってない?

    ダブルスの試合で、レベルアップが出来る技術。アナタ自身、まさに…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

    「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。皆さん…

  3. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本

    ダブルスの試合で、なかなかポイントが取れない方はこの基本を再度確認して…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    「上半身から反応するボレー」だと、軽いスライスしかかけられない・・・変えるには、下半身から!

    人は無意識のうちに、上半身中心の生活になっています。元々、人間…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    「深いボレーとドロップボレーを簡単に打ち分ける」テニスのネットプレーで役立つグリップワークとは?

    ネットプレーが上手いプレイヤーは、前後の駆け引きと打ち分ける技術がしっ…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ

    足下のボレーを、まずは相手のコートに返す。この技術があるだけで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. シングルス

    ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に
  2. テニス トレーニング

    戦術

    テニスの試合、戦い方を変えることを恐れては前に進めない
  3. サーブ

    ポイントをリードした時には、サーブを苦手コースにも打って散らしておくこと
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善でき…
  5. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち
PAGE TOP