ボレー

自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?

ダブルスの試合で、リターンを前衛が誘う。

昨日のミーティングでも話題になったこのテーマですが、大事なのはやはりポジショニングです。

ストレートに誘ったら、やはり前衛はしっかり攻撃したい。

ただ返すだけなら・・・誘った意味、あまり無いですよね。

 

自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?

 


 

1.まず、相手に気付かれてる?気にされてる?

アナタ自身が、前衛でフェイントを入れる。

そこで、大事なのは相手の後衛、リターンの選手です。

しっかり、気付いてますか?アナタ自身が誘っていることに。

これが気付かれていないと、非常に寂しいですし、意味が無い。

ハッキリとセンターストラップ近く、まで動いて良いと思います。

「そこまで動くと、戻れないかも・・・」と思えるくらい、の場所まで行って、誘わないと。

ノーリスクでは、何も得られません。

2.フェイントを入れたら、前に詰める!

相手のリターンを、ストレートに打ってもらう。

これが目的ですから、その時のポジションは?当然前ですよね。

相手を誘っているので、そこで決めないと意味が無い。

しっかり前に詰めて、相手のいないところを狙いましょう。

前に落としても良いし、アングルボレーでも良い。

安易に相手の前衛の足下、は狙わないこと。

しっかり詰めていれば、相手が触れない場所を突くくらいの意識でいきましょう!

 

3.詰めたなら、コンパクトなボレーで

私はいつも、しっかりボールを下に打つ、コンパクトなボレーを意識しています。

詰めているので、相手が打ってから自分が触るまでの時間も少ない。

前にセットしているラケットが、そのまま前で終わるようなイメージですね。

テイクバックは必要無いし、ボールにも力があるのでその向きを変えるだけ。

という感じ、楽に構えておきましょう。

打つ前の動作、がその分大変ですから。

フェイントをかけて、前に詰めて・・・の部分、これをしっかりやりましょう!

 

4.上手くいっても、「当たり前」

せっかく誘って、相手が乗ってきた。

その時に、気持ちが高ぶり過ぎないことです。

相手がせっかくはまってくれたのに、アナタ自身が慌てているともったいない。

予測が当たる、相手をはめるのは、当たり前のように出来るんだと。

自分で言い聞かせながら、慌てずにいつも通り決める。

「いや、そんな上手くいかないよ・・・」と思っている方ほど、自分に暗示をかけましょう!

上手くいくのが、当たり前。

これ前衛のキーワード、ですね。

 

誘って決めると、気持ち良いですよ。

相手よりも精神的に優位に立てますし、相手は「やられた・・・」となりますから。

誘って前に詰めて、決める。

前に詰めれないと、いつまで経っても「ストレートケア」のままの前衛ですよ。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. ボレー

    ボレーをふかし気味にアウトばかりしてしまう人は、「準備でラケットを上げる高さ」が足りない

    ボレーがどうしても、アウトしてしまうことが多い方は、準備に問題がある。…

  2. ボレー

    ダブルスの試合で、力が入るとつい「コースが空いているのに相手にぶつける」ボレーになってはいませんか?…

    テニスにおいて、「視野が広い人、狭い人」の差が出る場面が試合では多くあ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ

    「そんなの当たり前じゃないか」と思う方がほとんどでしょう。…

  4. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?

    相手がネットプレーに出てきたらどうする?パッシングで抜いてしま…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です

    より、実戦的に考えるなら、ボレーはどうあるのが望ましいでしょうか?…

  6. テニス コントロール

    ボレー

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目安にして、自分に厳し…

    テニスの試合で「コントロールが良い」とは、どの程度を指すんでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 戦術

    その他

    テニスを通じて、「誰とどこで戦うか?」を考えていけば、マーケティング力だって養え…
  2. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でチャンスを引き出す力」が、実力の拮抗した相手を倒す原動力に
  4. メンタル

    悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない
  5. サーブ

    「より良いサーブ練習」にする為に、テニスの試合の要素を加えてみる
PAGE TOP