テニス ボレー

ボレー

テニスの試合で、「下がりながらの守備的なハイボレー」は、後ろ足をしっかり止めると安定する

テニスの試合では、ストロークで粘るのが得意な選手は多い。

そしてネットプレーでも、特にベテランの選手の方や女性のダブルスプレイヤーには、守備が堅い選手が多いのが特徴です。

ネットプレーの守備で特に重要なのが、下がりながらのハイボレーカット。

この処理が上手く出来ると、相手のロブも凌げてチャンスを拡げやすい。

逆に打てないと、そこから延々と攻めてこられるので前にも詰められない。

 

テニスの試合で、「下がりながらの守備的なハイボレー」は、後ろ足をしっかり止めると安定する

 


 

■ロブの処理がグダグダになっていると、試合で勝てない

アナタ自身、厳しいロブに対してどう処理していますか?

苦手意識があると、まずフットワークが重くなる。

だからこそ、しっかり足元からハイボレーの処理の対応を、練習しておきましょう。

横向きからしっかり足を止めて、ボレーを打つ、というのが基本になります。

後ろ足で壁を作って、まず山なりな返球を心がけましょう。

 

■打点が高くなり過ぎると、力が入らない

意識したいのは、打点。

これが高くなり過ぎると、ボールに力が伝わらないことが多い。

むしろ少し意図的に低くして、顔に近い場所のほうが力が入りやすい。

スライス回転をかけることも出来るので、ゆっくりしたボールを返球出来て態勢も立て直しやすい。

その為にもしっかり後ろ足を止めないと、打点がぶれて安定しない。

ボレーは踏み込みながらが基本ですが、下がりながらのときはしっかり止まれるときは止まりましょう。

 

■当てるだけ、のボレーではなく少しラケットを動かすこと

カットボレーでは、ほとんど当てるだけのボレーになってしまう人がいます。

これだと返球は出来ても、また次に攻撃されて終わってしまう。

深さをだすこと、そしてスライス回転をかけてあまりバウンドさせないことが、返球において大事なポイントです。

手堅いプレーをアピールすれば、相手はプレッシャーを感じて無理してくれる。

これを目指して、ハイボレーカットは磨いていきましょう。

 

並行陣で、すぐにボールを下に落とす、ロブに弱いペアは試合で勝てません。

ある程度厳しいボールでも、自分の上は自分で獲る。

特に前衛の選手がこのハイボレーカットが出来ると、並行陣がより強力になりますね。

しっかり足を止める場所まで下がる、ラケットを上げて手堅い返球をする。

学生の皆さんにも、身に付けてもらいたい技術です。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. ボレー

    遅く緩いボールをドロップボレー、出来る?

    ドロップボレーを打つ!時に、相手のボールが緩い、遅い。こうい…

  2. テニス 言葉

    ボレー

    自分の感覚が鋭いエリアは、どこだと思う?

    ボレーのタッチ感覚、みなさんは自信ありますか?私は自信がある、…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「軸足セットで、踏み込みながらボレー」の基本を確認しよう

    ネットプレーでなかなかポイントが獲れない人は、この基本から見直したい。…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つのコツ

    相手の強烈なサーブも何とかリターンで返し、ストロークのラリーで徐々に追…

  5. テニス 言葉

    ボレー

    ローボレー、ハーフボレーを、返せない本当の理由

    テニスの技術の中で、これが苦手という方は多いでしょう。低い位…

  6. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌てず低い態勢に自分がな…

    テニスの試合で勝つのに必要な要素、たくさんありますが大事なのは想像力。…

特集記事

  1. テニス ラケット

    ストローク

    コースを打ち分ける時に、どこを変えるの?
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの基本「グリップエンドから前に出していく」基本を確認すれば、打点は自然…
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い
  5. メンタル

    綺麗に決めている相手、本当は…?
PAGE TOP