テニス ダブルス

スマッシュ

スマッシュで角度を付けてエースを狙うには、「打点を斜め前」に確保出来るように動こう!

スマッシュはコースで勝負。

特に余裕がある、しっかりフットワークを使えて攻撃的なポジションが確保できるときには「角度」を付けて打ちたいですよね。

ボールがしっかりコートの外側、相手が走っても届かない位置に打てるようになるには、打点の確保が大事です。

この斜め前、にボールをセットする感覚が身に付くと、チャンスボールを確実に仕留められます!

 

スマッシュで角度を付けてエースを狙うには、「打点を斜め前」に確保出来るように動こう!

 


 

■ボールの真下に入ると、角度を付けるのは難しい

スマッシュを打つときに、ボールの真下に入ると角度を付け辛い。

ラケットを動かすときに、自分の真上って操作し辛いはずです。

右利きの方であれば、右斜め前、くらいにボールがあるときに、コントロールがしやすいはず。

打点も少し低め、で良いと思います。

しっかり角度を付けるスマッシュでは、まず自分がどの位置でボールを捉え、打点をどこに設定するのかを意識しましょう。

 

■横向きを作ることで、しっかり「溜め」が出来る

スマッシュにも、良い「溜め」は必要です。

チャンスボールなのに身体が前を向いて、強引に手首で角度を付けようとしている人・・・ミスの確率、高くなります。

しっかり横向きは作って、打点は少し低めでもOK。

もちろん、下がらされているような厳しいロブであれば話は別。

あくまで余裕があって、前に踏み込んでいけるくらいのスマッシュ、のときに意識しましょう。

 

■スマッシュでも「前に踏み込む」という動作は大事!

角度を付けるようなスマッシュでは、最後に前に踏み込む、という動作も大事。

止まった状態で待って打つ・・・と、リズムも悪いですし、打点に幅が無いので調整が効かない。

最後の1歩は、しっかり踏み込んで打てると威力も出る。

踏み込んだ時に、自分の斜め前にボールがある状態、を作れるのが理想ですね。

 

意外とチャンス、これがテニスでは決め辛い。

周りも「決めて当然・・・」みたいな目で見ますし、緊張しますよね。

人がいない場所を狙う、打つのって、簡単そうで簡単じゃない。

メンタルの弱さが原因?

そうじゃないと思います。

ただ、技術が足りないだけ。

だからこそ、練習して具体的に自分が納得するまで、研究してみましょう!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ロブ

    スマッシュ

    試合1発目のスマッシュ、がその試合を決める

    これも、一つのあるある、だと思います。試合でのスマッシュ、打つ…

  2. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

    スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。何度も、「ロブは落…

  3. テニス 練習

    スマッシュ

    威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く

    威力のあるスマッシュ、試合で打ちたいですよね。最近思うんですが…

  4. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?

    試合上手は、相手の攻撃をいなすのが上手い。テニスのおいて、この…

  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!

    高いロブ・・・皆さん、どうですか?一回落とせば良い、ようなとき…

特集記事

  1. リターン

    試合の序盤のリターンは、確率重視でいこう!
  2. テニス メンタル

    その他

    どんな学校に所属していても、どんなギアを持っていても、重要なのはその人自身のテニ…
  3. テニス 感覚

    メンタル

    テニスの試合で負けたとき、それは対戦相手からのメッセージだと受け止めよう
  4. その他

    昔体育の授業が苦手だったらかと言って、テニスも苦手とは限らない
  5. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
PAGE TOP