テニス メンタル

スマッシュ

スマッシュ練習で必要な奥に深く打つ意識は、まずは「アウトを怖がらない姿勢」から養おう

スマッシュのレベル、はどこで測るのか。

私は一つの基準として、しっかり深い位置にスマッシュが打てるかどうか、というポイントがある。

浅く打つスマッシュは、高くバウンドさせて触らせない、なら別ですが反撃もされやすい。

やっぱり良いスマッシュには、深さがあるのが基本です。

 

スマッシュ練習で必要な奥に深く打つ意識は、まずは「アウトを怖がらない姿勢」から養おう

 


 

■スマッシュアウトが怖くて、テニスは出来ない

スマッシュアウト、皆さんは怖いですか?

私は怖くありません。

むしろ、ネットのミスの方が怖い。

ネットミスの方が、相手に「ミスさせられた」感が強い。

アウトするくらい深く、しっかり高めの軌道でスマッシュを打つ意識は理屈じゃない。

その姿勢こそが、大事です。

 

■アウトするくらいのスマッシュ、だからこそ威力がある

アウトは確かに、アナタの失点になる。

ですが、アウトとナイススマッシュは本当に紙一重ということを覚えておいて欲しい。

そして、スマッシュを上達させたいと本気で思うなら、アウトを怖がっては絶対にいけない。

むしろアウトするくらい、しっかり大きく、ダイナミックなスマッシュをイメージしていきましょう。

 

■後ろに下げされたときのスマッシュは、しっかり深く打ちたい

学生でもトップレベルの選手は、上が強い。

ハイボレーじゃなく、しっかりフットワークを使ってスマッシュで打てる。

深いロブは、しっかりスマッシュで返球出来るし、そのスマッシュには深さがある。

深いスマッシュは、エースにはならなくても相手に優位性を渡さない。

しっかりネットプレーで勝ち切るには、深いロブからの深いスマッシュ、は絶対に習得が必要です。

 

スマッシュのイメージを、もしかしたらアナタは少し誤っているかも知れない。

叩き付けるスマッシュ?

確かにそれも必要ですが、もっと現実の試合で求められるスマッシュを考えてみましょう。

きっと、深くベースラインに刺さるようなスマッシュ、が実践的なはずです。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い

    スマッシュの基本、だけど試合では難しいこと。横向きを作ってしっ…

  2. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い

    スマッシュを打つ時の落とし穴。特に、厳しいロブよりも甘いロブ、…

  3. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう

    スマッシュをしっかり決め切る、そのために打つコースを隠したい。…

  4. テニス メンタル
  5. テニス ボレー
  6. テニス 練習

    スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

    試合の中で大事な場面、スマッシュを打てるチャンスが巡ってきた・・・。…

特集記事

  1. 練習メニュー

    いつものボレーボレーの練習を、格段に実戦向きにする方法
  2. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技
  3. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう…
  4. テニス トレーニング

    日々の雑記

    先頭を切るアナタの背中を、見ている人は必ずいる
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置…
PAGE TOP