テニス スマッシュ

スマッシュ

テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ

目次

この春から、新しくテニスを始める方も多いはず。

テニスのショットの中でも、難しいな・・・と感じる方が多いのがスマッシュ。

改めて、基本となるポイントを見直してみましょう。

 

テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ

 


 

1.まずは下がることから

スマッシュは、アナタの上、後ろ側のスペースを狙って相手はロブを打ってきます。

まず、しっかり下がる。

最初の立っている場所にいては、スマッシュは打てません。

サッと横向きを作って、2~3歩後ろに下がるだけで、スマッシュの打てる範囲はグッと広がります。

 

2.下がりながら、ラケットを顔の横にセット

1.で下がりながら、ラケットを素早く準備する。

この準備は、サーブのようにラケットを一度下げて上に上げて・・・と、やっている時間がありません。

パッとすぐに、顔の横にラケットを準備する、ラケットを持っていない側の手は上に掲げてボールを指さしてみる。

この「弓を引く」ようなポーズ、を作りながら下がっていく練習を繰り返しましょう。

 

3.ボールが落ちて来るのを待たない

どうしても、スマッシュを打つ前に初心者の方は不安になってしまう。

そうなると、どうしてもボールを待ってしまう・・・んですよね。

自分の近くに落ちて来るのを待っていると、最終的には打点が低くなって良いスマッシュが打てない。

コツは、「まだだいぶ、上にあるな・・・」という段階から、上方向にラケットを振り出していくということ。

自分から打ちにいくことを、しっかり実践していきましょう。

 

4.相手コートのどこを狙うか、ロブが上がるに決める

相手のロブが上がる前、つまりアナタがスマッシュを打つ場面じゃないときから・・・打つ場所、決めてしまいましょう!

ダブルスなら2人の中心、ロブが厳しかったら、深く山なりでも良い。

ロブが上がったら、頭が真っ白になってしまう方が多い。

それならしっかり、事前に準備しておくこと。

コースを決めておけば、それだけできっと楽に打てるはずです。

 

スマッシュが得意になるか、苦手になるか。

これは、初心者の頃からどいう姿勢で練習するかが大事。

センスや経験、なんて関係無いです。

スマッシュは、工夫と自分の考え次第で、絶対に上手くなる。

そしてスマッシュが好きになれば、試合に勝てるテニスが身に付いていくのです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. Note はじめました
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう…

    スマッシュと聞くと後ろに下がりながら打つ機会が、圧倒的に多いイメージが…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、スライスサーブの延長で打てば大丈夫

    スマッシュは、「逆クロスが打ちやすい」というのを、何度か書いてきました…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず対処する技術4つ

    相手をラリーで追い込んで、ロブが来た!打ち込んでポイントゲット、と…

  4. スマッシュ

    ロブが怖いんじゃなくて、スマッシュミスが怖いだけ

    試合の中で、並行陣が苦手な方。並行陣、とまで言わなくても前に…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折れてしまう

    スマッシュが得意な人は、試合で強い。そりゃそうですよね、チャン…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

特集記事

  1. 練習メニュー

    毎回変わらない練習、何が起きるか分からない試合
  2. 戦術

    雨の後のオムニ、男性は注意!
  3. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで肘をたたむような打ち方は、意外と本人は気付かない
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、フォアハンドの切り返しクロスショットのコツとは?
  5. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
PAGE TOP