テニス サーブ

サーブ

リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由

相手のリターンが強力で、サービスゲームがキープ出来ないとき。

つい、力で対抗したくもなりますが・・・対抗したいのは、球種の豊富さ。

スライスサーブ、が打てればリターンで強打してくる相手も怖く無い。

意識したいのは、打点の高さです。

 

リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由

 

1.高い打点でのリターン、さえ避ければ怖く無い

男性でも女性でも、リターンで高い打点で打たれると辛い。

高い打点で強打したボールは、直線的でもコートに入ってくるんで厄介なんですよね。

特に男性のフォアハンド、は強力。

これに対抗するには、まず相手リターンの打点を下げさせること。

出来るだけネットより低い位置、でリターンさせたい。

相手もそれが嫌だから、前に入って叩こうとしてくる。

必要なのは、スライスサーブです。

 

2.特にアドバンテージサイドからセンター、が有効!

右利き同士だと、アドバンテージサイドのセンターへのサーブ。

これをしっかり、スライスサーブで打てると効果的。

速さは要りません、欲しいのはコントロールと回転量。

打った後に曲がるのも予測して、ネットの上のどこを通すのかを考えておく。

少し浅い、くらいで良いと思いますよ。

ボールの横を打って、横回転をしっかり与えてバウンド後に滑るようなサーブ。

これをイメージしてみましょう。

 

3.リターンが強力な相手を、恐れてはいけない

注意したいのが、相手に「触られたくない」と思って際どいところを狙い過ぎること。

そうじゃなくて、低い位置でしっかり「リターンさせる」ことが大事、なんです。

相手を恐れていては、自分のミスにしかならない。

スライスサーブで低い打点で触らせる、ことが出来れば何も怖く無い。

相手も、プレッシャーをかけてアナタのサーブを崩そうとするのが狙いですからね。

しっかり策を持って、試合に臨めば大丈夫です。

 

低い打点のリターンって、全然怖く無いんですよ。

ポーチにも出やすいし、サーブ&ボレーも良い。

だって一度、ネットを超える為に上方向にボールが浮きますからね。

まずはアドバンテージサイドのセンターへのサーブ、から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 構え
  2. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い

    サーブを武器に、試合を戦いたい。特に男性なら、一度はそう考えま…

  3. サーブ

    正射必中、サーブも同じ

    ふと、高校時代を思い出して…。私の高校は、テニスコートの隣に…

  4. テニス サーブ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?

    皆さんに、提案があります。今年こそ、「サーブ改革元年」に一緒に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    試合でチャンスボールこそ、ミスしないコツとは?
  2. テニス ハードコート

    練習メニュー

    テニスで結果を出したければ、周りよりも一つ上の目線を
  3. テニス メンタル

    メンタル

    周りに同調を求めても、良いことは無い
  4. テニス 前衛

    ダブルス

    粋な前衛は、ファインプレーをファインプレーに見せない
  5. テニス メンタル

    戦術

    自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう
PAGE TOP