サーブ

右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます

サーブに回転がかけられない、と悩んでいる方。

難しいことは抜きにして、まずは「ボールを触る箇所」を少し意識してみて、楽チンなスライスサーブから身に付けてみませんか?

グリップやトスの上げ方、はもちろん大事ですが、まずは自分が打ってボールが曲がる、という感覚を覚えて欲しい。

最初のステップとして、スライスサーブは簡単ですしオススメです。

 

右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます

 

■スライスサーブは、誰でも打てる!

スライスサーブは、ボールに横回転をかけてボールを曲げていくサーブ。

横に曲がりながら、少し縦方向にも変化して落ちていくので、入る確率が高くなり試合で有効なサーブです。

「難しそう・・・」と思った方は、ちょっと損してます。

ボールのどこを打つか?でまずはチャレンジしてみましょう。

 

■「ボールの横半分」を触って打つようなイメージで

ほとんどの方、特にテニスを始めて間もない方は、ボールの真後ろを打っている。

間違いではないのですが、ボールの真後ろを捕らえるとボールは縦に回転して、伸び過ぎてサービスエリアに入らない、安定感に欠けるサーブになってしまいます。

その回転の形を変えてあげたいので、ラケットで触るボールの箇所は、「右半分」にしてみて下さい。

左利きの方であれば、「左半分」を触るようにして前にラケットを振っていく。

すると・・・きっと、ボールの回転の質は変わっていくはずです。

 

■振り切るからこそ、サーブは安定する!

試合でサーブが入らない、緊張した場面で打つのが苦手な人は、ラケットを振り切るのが怖い人。

気持ちは分かりますが、ビビッても誰も助けてくれないのがテニス。

自分の中で、「振り切っても安定するサーブ」に変えていくしかないのです。

その点で、スライスサーブは振り切ればしっかり回転がかかってボールが変化してくれる。

ボールの真後ろを打っているようなサーブは、力の加減でしかセカンドサーブを調整出来ないので、試合では使えない。

ぜひ、シンプルなスライスサーブから練習してみて下さい!

 

もちろん、この後のステップはコンチネンタルグリップで握ること、身体の向きを作って開かないように打つこと・・・など、クリアすべき課題はたくさんあります。

でも、まずはサーブを好きになって欲しい。

好きになるには、「自分の思い通りにボールを飛ばせる」という感覚、大事ですよね。

最初は、「曲がった!」だけでも大きな進歩。

ぜひ、トライする気持ちで練習してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しましょう

    試合に強い選手は、数字に強い。試合内容で自分が把握している数字…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで打つコースに悩んだら、「困ったときの○○」でラケットを振り切ろう!

    試合の中で、サーブがなかなか入らない。または相手のリターンが強…

  3. サーブ

    自分のセカンドサーブに悩んでいる人は、「セカンドサーブの合格点」を試合前に決めておこう!

    セカンドサーブ、に悩んでいる人は多い。私なんかも、今でもそうです。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデメリットを考えてみる…

    サーブには色々なフォームがありますが、今回はラケットとトスアップの腕を…

  5. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります

    ダブルスの試合で、険悪なムードになる。まぁ、サーブが入らないと…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう

    サーブのレベルアップをしたい、しかも安定感もそのままに。こう考…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. サーブ

    「高~いトスアップ」を直すことで、アナタのテニスのサーブはもっと良くなる!
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう
  3. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク
  4. ストローク

    ストロークのラリー戦で、「どのエリアにバウンドしたボールから攻撃していくか?」は…
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう
PAGE TOP