テニス 準備

ダブルス

ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」ことが大事

私自身、最近はミックスダブルスに出る機会が多く、色々と研究する毎日です。

結構意識して効果的だったのが、「相手男性プレイヤーの自信を、いかに削いでいくか」です。

これは試してみると本当に効果的で、ぜひ皆さんにも試して欲しい。

そう思って今回は、書いてみたいと思います。

 

ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」ことが大事

 


 

■「アナタのこと、全然怖く無いですよ」というメッセージを試合の序盤に送る

男性が引っ張る、女性がそれに付いていくようなダブルスが、実際のミックスダブルスには多い。

そうなると、「男性頼み」な部分が崩れていくと、女性としては精神的にも不安定になり、普段出来ているようなプレーもおぼつかなくなる。

相手に揺さぶりをかける意味でも、あえて男性をしっかり狙って「アナタを怖がってはいません」というメッセージを相手に送りましょう。

てっきり自分は避けられて、女性ばかり狙われるだろう・・・と思っていた男性プレイヤーからすると、いきなりの奇襲に慌てるはず。

そう、しっかり男性にもボールを配球していくには序盤がベストです!

 

■男性プレイヤーを足止めしておけば、女性の側を狙うのも楽になる

男性側に配球しておけば、そう簡単に男性プレイヤーも女性側を助けにいけない。

これこそ、まさにこの作戦の狙いです。

試合の中盤では、しっかり女性を狙ってポイントを獲りたいので、その伏線として序盤の男性狙いがあるのです。

足止めさえしっかり出来ていれば、男性プレイヤーがどんなに上手くても楽。

ミックスダブルスの戦い方が、相当楽になるはずです。

 

■相手プレイヤーがどんなに上手くても、ミックスダブルスなら勝機はある!

不思議なもので、ミックスダブルスは「上手い男女」が組んでも強いとは限らない。

下手にプライドが高い選手同士だと、お互いを活かしきれないようなペアも多い。

大事なのは、事前の準備と役割分担。

特に準備の部分では、相手をどう攻めていくかをしっかりペアで確認しておきましょう。

間違っても、安易な女性狙いや、上手い男性を避けようとはしないこと。

ベテランで熟練したミックスペアにとっては、そんな作戦は10年前からお見通しでしょう。

 

これはミックスダブルスだけでなく、実力差があるようなダブルスペアでも応用可能な作戦です。

自分たちが守る立場になったときにも、参考になりますよね。

強い選手、ペアの主導権を握っている選手の出鼻をくじいて試合になるべく参加させないような攻撃、出来ていますか?

精神的に優位を保つためにも、試合の序盤の配球は大事です!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ

    ダブルスの試合で、ポーチに出て決める。カッコ良いですよね、ダブ…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分のパートナーがミスしたとき」に、アナタの対応はどうですか?

    ダブルスの試合、ペアの関係性は失点したときの雰囲気で分かる。ど…

  3. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集

    先輩とダブルスを組んで、試合に出る。学生ならよくあるシチュエー…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ケアー!」と叫ぶ後衛って・・・どうでしょう?

    ダブルスの試合で、雁行陣で後衛のボールが甘くなる。思わずパート…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない

    ダブルスの試合では、いかに前衛が積極的にポーチに出て絡むかが大事なポイ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を意識している

    「上手い!」とうなるようなダブルスの名手、あこがれますよね。試…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修…
  2. その他

    自分で工夫や努力が出来ないのに、「周りに助けだけを求める人」は絶対にテニスも成長…
  3. テニス サーブ

    メンタル

    「テニスコートは楽しい場所?」現役選手なら、その考えは甘いかも知れません
  4. ボレー

    「ボレー、多方向へ打てるかい?」テニスの試合では、人のいないコースを狙おう!
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で勝つ「つなぐボレー」を身に付ける為に、必要な技術4つ
PAGE TOP