テニス サーブ

サーブ

サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い

サーブの安定感に悩んでいる方、多いと思います。

何を隠そう、私自身もそうです・・・。

特に試合で、緊張感のある場面のサーブなんかは、もうどんな打ち方をして良いのか分からなくなる。

だからこそ、こういうフォームに変えていく方がオススメです。

楽に打てるサーブ、が大前提ですが、自由に打て過ぎるのも問題ですね。

 

サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い

 

1.サーブに力を使わない、のが第一だけど

何度か書いて来ましたが、サーブは試合の最初のショット。

あくまで号砲、ですので、これに力を使い過ぎてしまっては、試合にならない。

でも、楽に打とうとして「自分が自由気ままに打てる」ようなサーブも、怖いと思いませんか?

緊張していない場面、なら良いですけど、緊張感があるような場面でのサーブは、ある程度身体の動きに制約があった方が良い。

ちょっと、窮屈だな・・・と思えるサーブにしておいた方が、試合では安定感がアップするでしょう。

 

2.自分の可動域を確認しよう

自分のラケット、どの高さまで振れるのか。

身体を開かないようにすれば、打点はどこが打ちやすいのか。

ボールをトスアップしないで、素振りしてみて下さい。

自然に動かしてみて、「ここまでは動くな」というところに、打点を持って来る。

そうすると、試合でも「ここまではしっかり動かす!」と、分かりやすくなりますよね。

これを、出来るだけシンプルな動作で、身体を開かないで打ってみる癖を付けておくことが大事です。

試合で、毎回調整しようと思うから、しんどくなる。

いつも通り、それこそ同じ距離の助走を付けてジャンプ、するみたいな感じで。

打ち終わるところ、をハッキリさせておくと良いと思いますよ!

 

3.サーブは本来、窮屈な動作で良い

少し窮屈、に感じる方が良いんです、サーブは。

自分の感覚的に、「苦しいな・・・」と感じるくらいで良い。

苦しい、とは、可動域の端っこまで動いている、ということですから。

どうしても、人の身体は何も考えないと「楽な動作」になりがち。

楽な動作って、安定しないんですよね・・・可動域が毎回変わって、グラグラしますから。

サーブを安定させたければ、それこそ毎回自分が同じ動作、にしないといけない。

その為には、自分で身体の動きを制限しないといけないですよね。

どうでしょう、イメージ湧いてきましたか・・・?

 

4.サーブの基本、打点に顔を残してみよう

つい、私たちはこの基本を忘れてしまいます。

サーブを打ったら、早く結果を見たい、前に走りたい。

こういう焦りを生んでいる時点で、もう厳しい。

打点を見続ける、くらいの感覚で、丁寧に打ってみるサーブに変えてみませんか?

心配しなくても、大丈夫。

慌てて前を確認しなくても、まずは良いサーブを安定して入れる事、が最優先ですから。

少し苦しい、窮屈なサーブと、打点を見続ける目線。

これだけまずは、意識してみて下さい。

 

特に男性の方は、もっともっとブンブン振りたいと思います。

気持ちは分かりますが、実際の試合では、毎回どこかで変な調整、をしてませんか?

その調整が当たる時、って実際は少ないはずなんです。

ぜひ、あえて自分の動きを制限させるサーブ、を練習してみて下さい。

苦しいくらいの感覚、がオススメです!

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう

    試合慣れしていない人、勝ち慣れていない人は、すぐ分かります。試…

  2. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です

    「サーブは入れるだけ」「サービスエースなんて、試合で出来る訳な…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのコースの打ち分けは、厳し過ぎないで全然OK

    サーブを簡単にリターンされて、苦しいという方。きっと、サーブの…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    男性でサーブが安定しない人は、「無意識のうちに上半身が前に突っ込んでいる」人がほとんどです

    サーブでトスアップはしっかり前に上げる。この重要性は何度かお伝…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブこそ、ダイナミックさが必要

    これは、私自身が最近意識していること、でもあります。どうしても…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます

    サーブに回転がかけられない、と悩んでいる方。難しいことは抜きに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう
  2. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しな…
  3. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的…
  4. テニス ダブルス

    リターン

    攻撃的な並行陣、に対抗するために必要なリターン5種
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「序盤でIフォーメーション」を入れるとすごく効果的で…
PAGE TOP