テニス ガット

スマッシュ

サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

サーブやスマッシュ、上のボールをしっかり振り切って打つ時。

この時の、ラケットを持たない腕、反対の腕の使い方について、改めて確認しておきましょう。

その理由は、少ない力で切れ味鋭いサーブやスマッシュ、を打つ為に必要だから。

つい、私たちはラケットを持っている腕だけに、意識が集まりがちですからね。

シンプルに考えると、すごく身体の使い方が楽になりますよ。

 

サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

 

1.右利きの方なら、主役は左腕!

左腕を、どう動かすのか。

なかなか、試合ではここまで意識出来ないですよね。

ラケットを動かす動作、に意識がいってしまいますから・・・でも、それだと安定しないでしょう。

出来るだけ、意識はラケットを持っていない腕に置く。

そして、その腕を「自分の胸の前」に引き寄せるような動き、にして打ってみて下さい。

身体の開きも抑えられるし、高い打点で打てるようになるはずです。

リラックスして、打った後に左腕を自分の胸の前に引き寄せて、コンパクトに打ち終わる。

この意識だけで、かなりスマッシュが楽になるはずです。

 

2.ほとんどの人が、そのまま回転してしまうのがスマッシュ

左腕の制御が効かないと、どんどん回転してしまう。

これがミスが多いスマッシュの典型例でしょう。

左腕、利き腕で無い腕で開きを止めることで、コンパクトに打てるようになる。

コンパクトに打てるようになると、しっかりスマッシュを下方向にパチン!と弾けるようになるはず。

ロブが上がったら、右利きのか方なら左腕を上げて準備するはず。

と同時に、その後胸に引き寄せるところまで、しっかりイメージして準備しておきましょう。

 

3.上に向けてガッツポーズ、のようなイメージで

よく、「エイエイ、オー!」という掛け声と同時に、上方向に拳を突き上げる。

あれ、をイメージすると良いと思います。

上に拳を突き上げるには、反対の腕をグッと引き寄せますよね、自分の身体に。

この反対の腕の使い方、がスマッシュやサーブでも活用出来ると思います。

実際には、この腕を胸の前に持って来るだけ。

エイエイ、オー!とスマッシュ、打ってみるのも有りですね。

前向きな掛け声と合わせると、苦手意識も払しょく出来ると思いますよ。

 

4.「スマッシュの素振り」を忘れないこと!

試合前、私は意識して素振りをします。

ラケットを持っていなくても良い、と思います。

身体の使い方、腕、足をどう運んでいくのかを、試合前に素振りしておく。

なかなか、スマッシュの素振りなんてしないじゃないですか。

でも、実は試合の序盤にいきなりスマッシュ、を打つような機会も多いはず。

そしてその1ポイントが、試合の流れを大きく決める。

素振りしておくだけで、この腕の使い方も自然に出来るようになるはず。

コートに入ってからも、ポイント間にやっておくことをオススメします!

 

スマッシュやサーブ、ラケットを持っていない腕の使い方を意識しましょう。

家でも、ラケットを持たないで素振りしてみる。

最初は窮屈に感じると思いますが、それは安定感をアップさせる為に必要なこと。

ぜひ、意識して練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス 準備

    スマッシュ

    テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?

    スマッシュは特に、パワフルなショット、というイメージが皆さんの中にはあ…

  2. スマッシュ

    相手のスマッシュは、実は自分自身のチャンス

    試合の中で、相手がスマッシュを打つ瞬間。みなさんは、何を考えま…

  3. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  4. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスのスマッシュは、手打ちで全然良い

    「ストロークが手打ちになってるよ!」と、いつも怒られているみなさん。…

特集記事

  1. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう
  2. テニス リターン

    ボレー

    ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイント…
  3. テニス トレーニング

    メンタル

    テニス界でも、「実力が無いのに知ったかぶりな人」は自分を苦しめるだけ
  4. テニス 練習

    ストローク

    力んでネットミスのストローク、を減らす6つの方法
  5. テニス フェデラー

    メンタル

    錦織選手とフェデラー選手の試合、「勝敗を分けたポイント」を考えてみる
PAGE TOP