テニス ガット

スマッシュ

サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

サーブやスマッシュ、上のボールをしっかり振り切って打つ時。

この時の、ラケットを持たない腕、反対の腕の使い方について、改めて確認しておきましょう。

その理由は、少ない力で切れ味鋭いサーブやスマッシュ、を打つ為に必要だから。

つい、私たちはラケットを持っている腕だけに、意識が集まりがちですからね。

シンプルに考えると、すごく身体の使い方が楽になりますよ。

 

サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

 

1.右利きの方なら、主役は左腕!

左腕を、どう動かすのか。

なかなか、試合ではここまで意識出来ないですよね。

ラケットを動かす動作、に意識がいってしまいますから・・・でも、それだと安定しないでしょう。

出来るだけ、意識はラケットを持っていない腕に置く。

そして、その腕を「自分の胸の前」に引き寄せるような動き、にして打ってみて下さい。

身体の開きも抑えられるし、高い打点で打てるようになるはずです。

リラックスして、打った後に左腕を自分の胸の前に引き寄せて、コンパクトに打ち終わる。

この意識だけで、かなりスマッシュが楽になるはずです。

 

2.ほとんどの人が、そのまま回転してしまうのがスマッシュ

左腕の制御が効かないと、どんどん回転してしまう。

これがミスが多いスマッシュの典型例でしょう。

左腕、利き腕で無い腕で開きを止めることで、コンパクトに打てるようになる。

コンパクトに打てるようになると、しっかりスマッシュを下方向にパチン!と弾けるようになるはず。

ロブが上がったら、右利きのか方なら左腕を上げて準備するはず。

と同時に、その後胸に引き寄せるところまで、しっかりイメージして準備しておきましょう。

 

3.上に向けてガッツポーズ、のようなイメージで

よく、「エイエイ、オー!」という掛け声と同時に、上方向に拳を突き上げる。

あれ、をイメージすると良いと思います。

上に拳を突き上げるには、反対の腕をグッと引き寄せますよね、自分の身体に。

この反対の腕の使い方、がスマッシュやサーブでも活用出来ると思います。

実際には、この腕を胸の前に持って来るだけ。

エイエイ、オー!とスマッシュ、打ってみるのも有りですね。

前向きな掛け声と合わせると、苦手意識も払しょく出来ると思いますよ。

 

4.「スマッシュの素振り」を忘れないこと!

試合前、私は意識して素振りをします。

ラケットを持っていなくても良い、と思います。

身体の使い方、腕、足をどう運んでいくのかを、試合前に素振りしておく。

なかなか、スマッシュの素振りなんてしないじゃないですか。

でも、実は試合の序盤にいきなりスマッシュ、を打つような機会も多いはず。

そしてその1ポイントが、試合の流れを大きく決める。

素振りしておくだけで、この腕の使い方も自然に出来るようになるはず。

コートに入ってからも、ポイント間にやっておくことをオススメします!

 

スマッシュやサーブ、ラケットを持っていない腕の使い方を意識しましょう。

家でも、ラケットを持たないで素振りしてみる。

最初は窮屈に感じると思いますが、それは安定感をアップさせる為に必要なこと。

ぜひ、意識して練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、断然試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュするときには、「待たないで自分からジャンプ!」していこう

    スライスロブ、試合の中で打たれるケースが多いはず。特に女子ダブ…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう…

    スマッシュと聞くと後ろに下がりながら打つ機会が、圧倒的に多いイメージが…

  4. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  6. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    右利きの方のスマッシュは、ラケット右上で打ち終わるから安定感が出てパンチも生まれる

    イメージは、バドミントンです!テニスのスマッシュって、結構力が…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合でのボレー戦の中では、「ドライブボレーを混ぜる勇気」が必要なときもあ…
  2. ロブ

    ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「リードしたら大胆に動く」ことが大前提
  4. テニス ミス

    スマッシュ

    スマッシュがスロート部分に当たる人は、準備のラケット位置を高くスタート!
  5. テニス 練習

    その他

    身体能力が高い人が、必ずしもテニスが上手くなるとは限らない
PAGE TOP