ダブルス

ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセットの結果を左右する。

シングルス以上に、手堅いサービスキープが求められるのがダブルスの試合。

特にレベルが高い試合になれば、その傾向は顕著になります。

今回は、サービスキープ率をいかに上げていくか、その為に意識したいポイントについて考えてみます。

意外と前衛の果たす役割が多いことに着目すると、新しいダブルスへの道が見えてくるかも知れません。

 

ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

 


 

1.動ける「前衛」を序盤でアピールしておく

安定してサービスゲームをキープできるペアは、まず前衛が積極的。

それも、試合の序盤でしっかりポーチに出ておくことが大切です。

「このペアは、動いてくるな・・・」と思わせて、リターンをミスさせるように誘導すると試合はすごく楽になります。

逆にキープ出来ないペアは、とにかくストレートばかり守ってリターン側は思い切り踏み込んで攻撃してくる。

これではサーバーがしんどくなってしまうだけです。

リターンを踏み込ませない、守備的にさせるのが試合の中で前衛の最初の仕事です

 

2.基本中の基本、ファーストサーブを高確率で入れる

ファーストサーブが入っていれば、それだけでかなりキープの確率が上がる。

ペアとして良いリズムが生まれやすいので、ラリー戦になっても良い雰囲気が保てるので大崩れしない。

ダブルスでは、サービスエースはほとんど必要ありません。

自分たちの優位な態勢でいかに、キープを安定して出来るかどうか。

初中級のペアの皆さんは、まずこれを意識してみましょう。

 

3.相手ペアのリターンの傾向を研究出来ている

サービスキープ率アップには、リターンの癖を見抜くことも大事。

これは、前衛の仕事でもあります。

「どんなグリップで、相手はどのコースを待っているのか?」

「バック側にサーブ入れたら、いつもロブしか来ないな・・・」

といった情報は、常に2人でシェアしてサーブのコース選定に活かしましょう。

自分のサーブ力だけで相手を崩そうとするのではなく、情報戦で崩していくような感覚が大事です。

 

4.並行陣、雁行陣の両方で戦える

必ず並行陣、とこだわるのではなく、あくまで相手に合わせて戦術を変更できる。

そういった柔軟性があると、対戦相手は非常に戦いにくくなります。

サーブ&ボレーに来たかと思ったら、次はステイして雁行陣、のように変化を付けられると、リターンは迷います。

沈めるようなリターンが良いのか、それとも深くか・・・と考えているうちに、前衛がポーチで決めてしまう、なんて最高の形ですね。

 

サービスゲームのキープ率アップは、サーバーの責任ではありません。

むしろ、前衛の仕事のほうが大きいと考えるようになれれば、もうアナタは立派なダブルス巧者。

学生の皆さん、自分のサービスゲームのキープばかり気にしていませんか?

「ペアをキープさせてあげる」そんな素敵な前衛になれると、きっとダブルスの誘いがどんどんくるはず。

そんなモテモテプレイヤー、目指しませんか?

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. + POWER CUP について
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣が難しいと感じる人は、ミニ雁行陣だと思えば良い

    どうしても、「並行陣」というのが難しいと感じる方へ。テニススク…

  2. ダブルス

    後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう

    ダブルスの試合、後衛でプレーしている時に、味方の前衛がよく目に入ります…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

  4. テニス ダブルス
  5. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです

    ここの部分、もう一度ハッキリさせておきましょう。ダブルスの試合…

  6. ダブルス

    動きが少ないペアは、なぜ勝てないのか?

    ダブルスの試合で、「勝てないんです…」と悩んでいるペアの方から相談を…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?…
  2. 戦術

    打たれたくないコース、に打たせない為には?
  3. 戦術

    試合のリズムは、「デュースサイドは堅実に、アドサイドで冒険」を
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「発想の整理」だけで、人は自信が持てるようになるはず
  5. テニス 不器用

    フットワーク

    接戦の試合は勝って良し、の後にどうすれば楽に勝てたかを考える癖を
PAGE TOP