ダブルス

ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセットの結果を左右する。

シングルス以上に、手堅いサービスキープが求められるのがダブルスの試合。

特にレベルが高い試合になれば、その傾向は顕著になります。

今回は、サービスキープ率をいかに上げていくか、その為に意識したいポイントについて考えてみます。

意外と前衛の果たす役割が多いことに着目すると、新しいダブルスへの道が見えてくるかも知れません。

 

ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

 


 

1.動ける「前衛」を序盤でアピールしておく

安定してサービスゲームをキープできるペアは、まず前衛が積極的。

それも、試合の序盤でしっかりポーチに出ておくことが大切です。

「このペアは、動いてくるな・・・」と思わせて、リターンをミスさせるように誘導すると試合はすごく楽になります。

逆にキープ出来ないペアは、とにかくストレートばかり守ってリターン側は思い切り踏み込んで攻撃してくる。

これではサーバーがしんどくなってしまうだけです。

リターンを踏み込ませない、守備的にさせるのが試合の中で前衛の最初の仕事です

 

2.基本中の基本、ファーストサーブを高確率で入れる

ファーストサーブが入っていれば、それだけでかなりキープの確率が上がる。

ペアとして良いリズムが生まれやすいので、ラリー戦になっても良い雰囲気が保てるので大崩れしない。

ダブルスでは、サービスエースはほとんど必要ありません。

自分たちの優位な態勢でいかに、キープを安定して出来るかどうか。

初中級のペアの皆さんは、まずこれを意識してみましょう。

 

3.相手ペアのリターンの傾向を研究出来ている

サービスキープ率アップには、リターンの癖を見抜くことも大事。

これは、前衛の仕事でもあります。

「どんなグリップで、相手はどのコースを待っているのか?」

「バック側にサーブ入れたら、いつもロブしか来ないな・・・」

といった情報は、常に2人でシェアしてサーブのコース選定に活かしましょう。

自分のサーブ力だけで相手を崩そうとするのではなく、情報戦で崩していくような感覚が大事です。

 

4.並行陣、雁行陣の両方で戦える

必ず並行陣、とこだわるのではなく、あくまで相手に合わせて戦術を変更できる。

そういった柔軟性があると、対戦相手は非常に戦いにくくなります。

サーブ&ボレーに来たかと思ったら、次はステイして雁行陣、のように変化を付けられると、リターンは迷います。

沈めるようなリターンが良いのか、それとも深くか・・・と考えているうちに、前衛がポーチで決めてしまう、なんて最高の形ですね。

 

サービスゲームのキープ率アップは、サーバーの責任ではありません。

むしろ、前衛の仕事のほうが大きいと考えるようになれれば、もうアナタは立派なダブルス巧者。

学生の皆さん、自分のサービスゲームのキープばかり気にしていませんか?

「ペアをキープさせてあげる」そんな素敵な前衛になれると、きっとダブルスの誘いがどんどんくるはず。

そんなモテモテプレイヤー、目指しませんか?

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. ダブルス

    簡単に失点しない、ペアが意識していることは?

    今回の女子ダブルスの動画は、「いかにセンターを封じるか?」をテーマに…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス サーブ
  4. ダブルス

    後衛に任せる前衛、はどんどん利用させてもらおう

    試合になかなか参加出来ない前衛、を見つけた時。もし相手なら、こ…

  5. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    細か過ぎるけど、絶対に試合で使えるダブルスのセットプレー7選

    ダブルスの試合で、使える「セットプレー」を準備して欲しい。これ…

特集記事

  1. 戦術

    「ネットを挟めば敵なんだよ」テニスの試合は技で相手をねじ伏せる競技です
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良く…
  4. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう
  5. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークと…
PAGE TOP