テニス メンタル

ダブルス

ミックスダブルス必勝法は、男女でのラリーをどう戦うか

ミックスダブルスで、勝率が悪いペアの原因は何なのか。

きっと、勝率が違うペアは男女の戦い方で意識が違うんだと思います。

ただ、漠然と戦いを挑んだり避けたり・・・というの、止めてみませんか?

ヒントは味方ペアとのコミュニケーション、に隠されているはずです。

 

ミックスダブルス必勝法は、男女でのラリーをどう戦うか

 


 

1.ミックスダブルスの主役、女性に聞いてみよう!

まず、男性の方は女性のペアに聞いてみましょう。

「この相手、サーブとストローク、打ち合えそう?」と。

そして、「いけるなら、何球までならいけそう?」とも聞いておく。

そこでの答えが、「3往復くらいなら、いけるかな・・・」と返って来たら、その3球以内に男性側が動く。

またサーブのリターンが「ファーストサーブが入ったら、ロブしか無理」と言われたら、ファーストサーブのときには前衛も下がって2バック、も有りかも知れませんね。

実はこうやって女性の心理状態を整理させてあげる、こともミックスダブルスでは大事な要素になります。

 

2.自分の口で言うことで、そこに責任が生まれる

そもそも、ミックスダブルスに挑む女性選手は「不安」と戦っている。

自分がどこまで出来るのか、相手男性選手に攻撃されて、迷惑かけるんじゃないのか・・・と。

この不安を、自分の口で話すことで整理させてあげれば、「しっかり出来ること」に徹することが出来ますよね。

実は、気持ちの問題で女性のプレーが変わる、というのはテニスの試合でよくある話。

試合前、試合の序盤でのコミュニケーションで、絶対に試合は変わります。

 

3.男女でのラリーは避ける、のではなく「現実的に」戦う

男女のラリー、避けることはできません。

ミックスダブルスの試合で、男女でのラリーはルール上絶対に発生します。

サーブやリターン、をどちらかの選手だけで行うことは出来ませんからね。

現実的に戦うには、実際の実力差を両者で把握して、共通認識を持って挑むこと。

そうやって試合を繰り返していけば、実力を把握出来る力も養っていけるでしょう。

 

ミックスダブルスが勝てないのは、実力以上の何かが足りない。

男女でしっかり、ダブルスの試合に勝つために相手の実力を把握すること。

そして現実的に戦うこと。

そこから新しいミックスダブルス、がスタートです。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!

    ダブルスの試合、強い選手はストレートアタックが上手い。相手がポ…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    サインプレー、はリズムを作る為に必要

    サインプレーって、ハードルが高い。ダブルスの試合で試してみたい…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る

    ダブルスの前衛、皆さんは得意ですか?硬式テニスでは前衛、後衛に…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

    普通に考えると、ピンチな状況。こういう場面にこそ、実はテニスで…

  5. テニス ドロップショット

    ダブルス

    ダブルスの試合では、積極的に自分が「オトリになる」意識を持ってパートナーを活かそう!

    他の競技を観ていると、「オトリ」になるような作戦は結構ありますよね。…

  6. ダブルス

    パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?

    「もう…何だよ!」と、心の中で怒っているだけ?ですか?こうい…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ
  2. その他

    2019年 YouTubeテニス動画 視聴回数トップ10は…?
  3. テニス フットワーク

    ストローク

    「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない
  5. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく
PAGE TOP